スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるこ私事⑨ 

そんな訳で、当時をきちんと思い出すと、
逃げ出したくなります、本当に。

たとえば、私は実家で過ごすのが苦痛で苦痛で、
心の病気の状態で、両親と一緒にいるのが嫌だったのです。
私を心配して、あれこれ配慮する両親に対し、
「ここはお父さんとお母さんの家だけど、私の家ではない。
私の居場所はない。だから1人暮らしがしたい」とか何とか、
ひどいことを言って、両親にショックを与えたり。

当時結婚まで考えていた彼がいたのですが、
変な形で私の病気が介在してしまい、共依存のような関係になって、
結局、こっぴどい別れ方をしたり。
別れ方が良くなかったので、彼はもちろんのこと、
彼と共通の友人の何人かには、もう会えなくなってしまいました。
あの人達は元気かなー?

友人に頻繁に、死んでしまいたい気分がとれないとか、
過食嘔吐をやめられないとか、困った相談をしたり。
そりゃあ、相談されても困るよねえ。

なぜかセクハラにあったり、不倫に誘われたりもしました。
それにしてもなぜ!?私がぼんやりしてるから!?
弱ってると利用されやすいってことですか?
幸い、何事もありませんでしたが。

そんな状態が2年以上あったので、
細かいことをあげたら、きりがないのです。
消せるなら消してしまいたい気もするのですが

自分がいろいろ、みっともないことをしたので、
人がする間違いも、少しだけ、受容出来る様になった気もします。
それは良かったかもしれないなあと、思います。
スポンサーサイト

まるこ私事⑧ 

お久しぶりです、まるこです。

⑦を書いてから、3ヶ月も放置・・・
何と言うか、
『ウツになっちゃって困ったな~そして克服してきたよ~の出来事』は、
都合の良いところだけ集めてみれば、
「頑張ったね、当時のまるこ!」という、
私の人生の中では、感動的な出来事なのですが。

でも実際のところ、
ウツでエネルギーゼロの状態って、現状維持が精一杯。

当時の私は、
自分の面倒もろくに見られないので、当然人どころじゃなく、
視野が狭くて超自己中だったし、
被害者意識の塊だし、
精神的な不調を、すべての言い訳に使うし、
家族にも職場にも友人にも、相当の迷惑をかけました。
 ↑
念のため、
ウツの方が、皆こうだと言っているんじゃないですよ。
私の場合は、こんなんだったので・・・。
しかも、頭がきちんと働かない上に、薬も飲んでいるので、
細かいところも、都合の悪いところも、
大して覚えていないのです。

そもそも、私の場合は、
仕事のストレスは、ただのきっかけで、
自分が原因でウツになったようなものだし。
回避しようと思えばいくらでも回避できたのに、
しなかっただけなので。

酒を飲みすぎて失態をさらしたけど、
私は酔っ払いなので、記憶がございませんが、
周りはしっかり!覚えてますって感じに近いのです~~~。


・・・まあ、考えようによっては、
当時以上の恥をかくのは難しいということで、
今後何か失敗しても、「当時と比べたらどうってことないな~」と思えると思えば、良いのかもしれないので、良いです・・・。

ではまた、続きます

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


「私がここに居ない」まるこ私事⑦ 

canvas.gif




私はうつ状態で、うつは治る病気だから、
薬を飲んでいれば、そのうち治ると、思っていました。

いつになったら、治るんでしょうか?

続きを読む

「私がここに居ない」まるこ私事⑥ 

canvas.gif



まるこですー。こんにちは。
秋晴れなので、布団干してます。ベランダに蜂がいて、びっくりしました。

⑤の続きです。

3ヶ月の療養休暇で実家に戻ったのですが、
3ヶ月で、症状はずいぶん、落ち着きました。

主治医の許可も出て、職場復帰したのですが、
復帰したとたん、症状は元通りに戻ってしまいました。

3ヶ月働いた時点で、再び療養休暇を頂いて、
症状も落ち着いたのですが、

職場復帰したとたん、またまた、症状が出てしまうのです。

職場の人達も、私自身も、こりゃダメだろうということで、
3ヶ月仕事をしたところで、退職して実家に戻ることにしました。

続きを読む

「私がここに居ない」まるこ私事⑤ 

canvas.gif



まるこです。おはようございますー。

①~④を読み返してみたのですが、
私こんな事、してたんですね・・・してたのですが。

④の続きです。

そんなわけで、3ヶ月間の療養休暇に入ることになりました。

主治医であるメンタルクリニックのドクターは、実家の親のもとで、
安心してゆっくり休むようにと言うのですが、
私は実家に、帰るのが嫌で嫌で、仕方ありませんでした。

仕事をしていたのは隣の県だったので、もちろん1人暮らしだったのですが、
普段は、長期の休みに実家に帰るのがとても楽しみだったのに、
どうにもこうにもこの時は、帰りたくありませんでした。

主治医に、実家に戻りたくないので、どこかに入院させて欲しいと頼んではみたものの、
入院は簡単に勧められるものではないということで、
実家に帰ることになりました。

どうしてそんなに実家が嫌だったのか、よく分からないのですが、
これが身体の病気だったら、何の抵抗もなかったと思うのですが、
精神的におかしい状態で、実家に帰るなんて。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。