スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「相棒」をお持ちですか? 

おはようございます。まどろみ姉さんです。


「ねぇ 分からないままにしていいの?」

彼女の純粋で素直でまっすぐな心が、わたしの胸に突き刺さる。



私は、12月に掲載する広告内容が、決められず いっぱいいっぱいに煮詰まっていた。
毎日かわる広告の趣旨目的に、ついにこの日、頭真っ白になり、何もかも分からなくなってしまった。

『分からなくなってしまった自分』を、見破られないように精一杯平静を装い

「じゃ 1枠多くして、わたしはこの部分だけ考えればいいんだね!」

すぐ 広告会社に電話し、枠を増やしてもらい
わたしは、その場から立ち去った。


今までの仕事は、先輩にしてもらったことを、次の人へと伝え教えていけばよかった が、
これからは特に、必要とされる「自分で判断・決断・自分の意見を発信する」という部分がわたしには欠けている。

それ以上に一番よくないのは、
経験から学ばず、分からないことを、わからないままにしてしまうこと。』
逃げて、自分の殻に閉じこもってしまう。安全だから…。
そうやって、生きてきた。
傷つかないように…。


夕方遅く、
彼女から連絡を受けていたアロマ姉さんが八幡店まで来てくれた。

「何か話すことはある?」

「…。プレゼンのこと?広告内容のこと?」

何のことか分かっていたけれど、ここでもわたしは逃げようとした。いや逃げた。

「だいぶ前からあなたの様子がおかしいこと。彼女は気づいていたよ。
 どうしたの?何かあった?と問いかけても、あなたは何も話してくれないと、私では駄目なのかと、彼女はがっかりしていたよ。」
「わからなかったら、みんなに聞いてごらん。
 アイディアだしてもらえばいいじゃない。
 いつもいつも一人の世界に入っちゃって、目の前の小さなとこしか見えなくなって…これで3度目だよ。これじゃ仕事にならないよ。どうする?」

「……。」

「どうしたらいいですか?って聞くんだよ!」

「どうしたらいいですか?バッチも何を飲めばいいんでしょうか?」

アロマ姉さんは、いくつかの注意点とあるレメディ(フラワーエッセンス)を教えてくれた。

いつも周りから、たくさんの愛情を注いでもらっていたことへの、
『感謝の気持ち』と、『もう一つ成長するために、力を貸して欲しい。』と、彼女にメールしました。

『何回 殻に閉じこもろうと引っ張りだすから!!』
と返ってきた。

頼もしく愛情あふれる相棒を、手に入れたまどろみです

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

 
スポンサーサイト

世帯主 

こぐまさん、おめでとう

自分の足で立ち上ったのですね。
一つ前のブログに、前の香り庵の写真を載せてみました。

あの階段をあなたはあの日、上がってきたのですよね。

いじめられてきた自分、
醜い自分、かわいそうな自分、
生きている価値の無い自分、

この顔を消してしまいたいと、嗚咽したあの日から、
何年が過ぎたのでしょう。

それからの日々も、あなたは、のた打ち回りながら、
自分に一人エールを送り続けたのですね。

kaorian1



「がんばれ、がんばれ・・・」

私がはじめて自分自身にこうエールを送った日の光景は
今でも忘れることが出来ません。

もう20年近く前、
たぶん、今のこぐまさんと同じ年齢くらいのころかな?

末期がんの義母の付き添いで、
大きな病院の母のベッドの下に寝ることになりました。

人一倍怖がりな私。
でも、死に向かう母にとって嫁の私は命綱だったのです。

寝静まった大きな病院の廊下を、
熱が下がらない母のために一人で氷を取りに行く怖さ。

隣の病室では、どんどん人が亡くなり、

頼んでおいた個室は、
たった今、亡くなった方の処置を終えたばかりの部屋。

その部屋で、つかの間の睡眠をとる時、
目をつむりながら、自分にこうささやいた。
「がんばれ、がんばれ・・・」

像のようにむくんだ義母の足をさすり続けた
主婦だった私を、

亡くなった義母がアロマセラピストという
天職に導いてくれたのに気づけたのは

それから10年以上たってからかな。

人生に無駄なし。
すべてはあなたの行く道へとつながっているよ。

家を出て、自立すること、
大賛成です。

暮らしてゆくこと、食べてゆくこと、
どれだけお金と手間がかかるのか、

自分の目でしっかりと見つめてみてください。
まったく関係の無いように思える仕事をして、
もがいてみてください。

食べて行くために、
暮らしてゆくために・・・

十分にもがき続けたなら、
きっと、きっといい絵がかける日が来る。

すべては夢につながっているから。

おめでとう、独り立ちへの第一歩、
おめでとう。

世帯主のこぐまさんへ

おめでとう

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif




現在と未来・選んでいますか? 

アロマ姉さん、こんばんは。
以前に、姉さんからもらった言葉、
「現在と、未来、選んでいますか?」

これがずっとひっかかってて、
でもあの時返す言葉がなくて
ずっと、悩んで探してました。

kaorian1.jpg



そして今日就職が決まりました。

来月から東京に引っ越して、妹と暮らします。
(一人暮らしじゃないけど。。)

ここまでくるのに、本当に辛かった。
毎日バッチを飲んだけど、泣けて泣けて仕方がなか
った。

自分で選んで決定する事の怖さ。

そしてそれができない自分の弱さ。

これからどうなっちゃうんだろう。

絵はちゃんとかけるのかなあ、
自信がないを通り越して、
もう何が何だかわからなくなってパニックでした。

家を出る必要があるのか、絵以外の仕事を探したところで
したいことなどないし、

でも選べないと生活は出来ないし。
生きていくとはこういうことだ、

痛すぎて辛い、と毎日泣いてた。
でもただ前に進みたかったから、とりあえず動いた。

なにがなんだか全然わからなかったけど。。

そして何かに導かれてるんだかといった具合に、
希望どうりの物件が現れた。

大家さんに無職の私じゃ貸せないと言われ、
妹と必死に就職活動しました。

それでも審査に通るのは厳しいと言われたけど、
何故だか、全て思った物が手に入った。。

就職も希望のとこに無事決まり、
部屋も借りることができたのです。

この間2週間。私にしてはマッハの速度です!

今日は私の就職を友達に祝ってもらいました。
決まってもなお不安のあった私ですが、
友達が喜んでくれてそれが嬉しくて、
頑張ろうと思えました。

自分にとって良い事か悪い事か解りません。
でもとりあえず進んでみようと思います。

       (絵描きのたまご・こぐまより)

楽天BBSへのかきこみより

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



びっくり激安オークション 

こんばんは。るみネエです

ここ数日、香り庵はてんやわんや
何かって・・・

二度とないはずの・・・
激安のオークションですよ。激安


o-ku.gif



この時期人気の
ティトリー&レモンとはなすっきりブレンド
なんと12mlの2本セット。


通常なら5000円近くします。

それがなんと!
1円からのオークションで
ただ今、5円から入札出来ます。


sub.jpg



100セットも大盤振る舞いしちゃったから
もう大変~~
みんな目を回しながら行方を見守っています。

でも、香り庵の2周年と楽天のモバイルから
オークションが出来るようになったお祝いです。

いつもなかなか 言い値では落札できないオークション。
それでもいつも入札してくれるお客様に、
いつもメルマガを読んで下さるお客様に、
こうして、ブログを読んで下さるお客様に、
いつも香り庵を応援して下さる、すべてのお客様に、


どどど~んと
香り庵からのプレゼントです。
落札して頂いた方には

さらに

特別商品ページへのご招待も予定してます。

入札お待ちしてますね。

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


いいな~ 

「私がなぜ、あの人たちを両親に選び、
あの家に産まれて来る事を選んだのか、
その意味がわかったような気がします。」

泣き虫のなないろはそう話し始めた。

私は、生まれ育った町を捨ててきました。
もう二度と帰らないと、
大切にしていた友達との連絡も、一切たって生きてきました。

私だけがかわいそうで、
私だけが不幸だと思ってきました。

病弱で、両親の心配をいつも独り占めしている弟が
うらやましかった。
弟だけが、ずるいと思ってきた。

両親の身勝手さが自分を苦しめ、
かわいそうで、寂しい、
ききわけのいい長女としての
子供時代をすごさざるを得なかった。

子供時代を語るとき、涙があふれてしまうなないろに
こう問いかけてみた。

「あなたは、何を学ぶために
あの人たちを両親に選んで生まれてきたの?」

「え?」

「あなたの苦しみが終わるときは、苦しみの意味に気づけたときだよ。
気づきたい?自分がその苦しみから何を学ぼうとしているのか」

わずか二日後、なないろはこう切り出した。

「わかったんです。なんとなくわかった気がします。」

小さな町で、母親がいなくなり、
父が再婚し、
二人目の母もいなくなり・・・

そんなかわいそうな、異常な我が家のうわさは
誰もが耳にしていたはずです。

それでも、友達は、誰一人として私をさげすんだり
哀れんだり、からかったりしなかった。
いつも、友達といるときは楽しかった。

その後ろには、友人たちの親や祖父母がついていたはずです。
その大人たちが、特殊な我が家を温かく見守っていてくれたから、
だれも友たちが我が家を非難することは無かった。

私は、かわいそうで、一人ぼっちだと思い続けていた私は、
実はたくさんの人たちに愛され、見守られて大人になったのだということにハッと気づくことができたんです。

私は、周りのたくさんの人たちに見守られて存在してること、
そのことに気づくために、私はさみしいあの家を選んで
生まれてきたのだと、気づいたんです。



こんな風になないろが話してくれたよと、
25才のスタッフに聞かせると、そのスタッフは寂しそうな顔をしてこういった。

「いいな~、すごいな~

私は、

私は、まだ気づくことができないんです。

なぜ、自分があの家を、あの両親を選んで産まれて来たのか。
なぜ、我が家は母子家庭だったのか・・・

すごいな~
そんなにすぐに気づけるなんて、すごいな~」



いつか、あなたにも気づける日が来るよ。
きっとくるよ。

その日が、楽しみだね


こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


健気に笑顔で頑張ってるのに・・・ 

こんばんは。るみネエです

oku.jpg

↑(冬を乗り切る精油・1円オークションが始まります♪)


ずっと気になり続けていたアグリモニー
今夜はその事を書きたいと思います。

アグリモニー「一見社交的、問題があっても
        ないように明るく振舞ってしまう」


もしかして私?
いつも元気なのが私のキャラでした。
嫌なことがあっても元気に笑ってる。
悲しい事があっても元気に振舞ってる。

でも、それがどうしてマイナス感情なの?

健気に笑顔で頑張ってる・・・えらいじゃん

だから私はアグリモニーは飲んだ事がありませんでした。
でも・・・なぜか気になるアグリモニー
何かが違う気がするアグリモニー

実は、最近ようやくわかった気がするんです。

明るく健気に頑張る私は、
決して問題を乗り越えた私ではなかったのです。


つらい事、悲しい事から目をそらし
ごまかし・・・
何も無かったかのように
明るく、元気に振舞っていただけだったんです。

小さい頃、家の中のゴタゴタ
怒鳴り声に怯え、泣きながら母を呼び続ける私。
でも、次の日は元気に
何事もなかったのように笑って学校へ行く。

決してそれが悪かったとは思ってません。
私に出来る精一杯だったんですから。


でも・・・乗り越える事をしないで
目を背け続けてきた私には、
結果・・トラウマとなってしまった。


けんかが怖い。異常に怖い。足がすくむ。
自分が結婚する時、旦那に頼んだのは
「同居する旦那の親と、
 何があってもけんかをしない事」だった。

大人になってもアグリモニーな私が時々いた気がする。
本当はしっかり考えなくちゃいけない問題に
無意識にフタをしてしまう。


夜、寝る時は特に・・・
あれこれ考えたくないから
現実ではない事ばかりを考えながら眠りにつくのが
いつも間にか習慣になっていた。

それでも時は流れていく
それなりに問題は変化し、なんとなく過ぎてしまう。

それではいけないんだ。

最近、初めてアグリモニーを飲んだ。

不思議なくらい
フタをしないで問題に向き合ってる自分がいる。
ひとつひとつ、自分の中でしっかり考えてる。

アグリモニー
しばらく飲み続けてみようと思っています。

世の中にたくさんいるはずのアグリモニー

健気に笑顔で頑張ってる自分から
もうひとつ・・進んでみませんか。

そんな自分を責めるのではなく。
「頑張ってきたね。」
そう認めてあげて・・・
だからこそ、次の一歩へ。


一歩踏み出しても、
大丈夫!ちゃんと頑張れる自分がいます。
笑顔を取り戻せる自分がいます。
自分を信じて・・・・

だから私はアグリモニーと一緒に
ラーチを飲んでます。


こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


くやしがっていますか? 

ずいぶん昔からクヤシイという感情を見ないふりをして、
ま・いっか~で過ごしてきた自分。

oo.jpg

↑マタニティアロマ・どうやるの?は上記よりご覧ください。


クヤシイという感情を出すとまわりの人に嫌われてしまうのではないかという恐怖。
私はちっともくやしくなんかない!と余裕(?)を見せたい自分。

感じないふりをしていた自分。その他。
今まで、香り庵のみんなの「クヤシイー!」の声が聞こえても、
私の心にはヒットせず。

でもなぜか今日はクヤシイという感情の素晴らしさ、
クヤシイ!と感情を出し合える香り庵のみんなの素晴らしさ。
すべてがまとまって私の心に入ってきました。

クヤシイ!そう素直に感じた時の自分はどうなるんだろう!と
想像してワクワク自分の直感を信じて判断や行動、
それに伴う結果に責任を取れる(どうやって?)自分になりたいんだ!

セラトー飲みたい!

ワクワク
香り庵のみんな一人一人きちんと個人の色を持っていながら、
混ざり合って素晴らしい色になってるなぁ

香り庵の全体の色がピカピカ光ってみえて、
そしてみんなが色んな経験しながら大きく成長している映像?
がグワッと入ってきて楽しみでワクワク

今日はこころワクワクさせてくれた講習会でした


もうすぐ赤ちゃんが生まれるので、栃木に里帰りするベリーより


こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


十歳のきみへ 

おはようございますアロマ姉さんです。
晴天の南房総、開いた新聞には今日も”いじめ”の記事がたくさん。

先日、ベビーアロマ塾でママたちに読んであげる絵本がないものかと
探した幼児書籍コーナーで素敵な本と出会いました。

”十歳のきみへ・九十五歳のわたしから”(日野原重明・著)

yawata2.jpg

↑(八幡店のアロマルームです。)


からっぽのうつわのなかに、命を注ぐこと。
それが、生きるということです。

時間に命をふきこめば、
その時間が生きてきます。

そして、できることなら、寿命というわたしたちに与えられた時間を、
自分のためだけに使うのではなく、
すこしでもほかの人のためにつかう人間になれるようにと、
私は努力しています。

なぜなら、ほかの人のために時間を使えたとき、
時間は一番生きてくるからです。

時間のつかいばえがあったといえるからです。

ほかの人のために
きみはどれだけの時間をつかっていますか。

わたしはとても欲張りです。
さて、なんの欲張りだかわかりますか。

ほかの人のために自分の時間を使うということは、
自分の時間がうばわれて、損をすることではないのです。

それどころか、ほかの事では味わえない特別な喜びで
心がいっぱいに満たされるのです。

こんな大きなお返しをもらえることなんて、
めったにありません。

私はとびきり大きな喜びをもらうことに、
とても欲張りだというわけなのです。



そして、

きみが今日流したなみだは、
だれかの涙をわかるためのレッスンかもしれません。

<十歳のきみへより抜粋>

からっぽのうつわのままで、
ほかのひとのために自分の時間を使うこともないまま、
涙のレッスンの最中に

エンドレスを選んでしまうのは
あまりにももったいなさ過ぎる・・・

私たち大人は、このことを子供たちに教えてあげる
役割がある。

おしえてあげてください。
周りの子供たちに。


自分の人生を通して・・・


こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


デスノート 

こんばんはアロマ姉さんです。

デスノート、後編ごらんになりましたか?
前編は、何だかTVドラマのようと感じたのですが、
後編にはぐっとひきつけられました。

P1000026.jpg

↑(松戸・オーガニックレストラン”カムーン”にお友達のサロンがオープンしました。)

それにしても、あの、永遠とエルが食べ続けるお菓子の意味は何なのでしょうか?
しかも、今回は”和菓子”が多かったですよね。

「あなたは立派な父親でしたよ。
僕には親がいませんが・・・」

このエルの言葉が、とても印象に残りました。
ごく普通の、温かく穏やかな家庭で育ったライト

それなのに、彼は人の子にはなれなかった。
人の子としての、人としての心が成熟しなかった。

恋人も、父さえも、「正義のためにはしかたがない・・・」
という言葉で殺してしまうことを選ぼうとした。

愛されて育ったのに、彼の人を愛する心は、育たなかった。

そして、エルが最後の時に握っていた写真には
どんな意味が隠されていたの???

エルとお菓子
ライトとお父さん

んん???

そんな事を考えながら出た映画館の外は
おやこ連れであふれかえっていた。

四人連れのおやこ。
お兄ちゃんらしい幼い男の子にママの怒鳴り声。

「そんなに汚い隙間を通って、
洋服が汚れる事くらいわからないの~

うつむきながら歩くお兄ちゃん。
かばうように、自分の風船をさしだす妹。

だまって子供の手を引く、パパ。
怒りの収まらない、ママ


自分も、あんなふうに幼いわが子を怒鳴りつけ、
傷つけてきたのだろうかと、胸が痛んだ。


ショッピングセンターで、中学生くらいの女の子を
怒鳴りつけるお父さん。

「おまえはいつまで人を待たせたら気が済むんだ
みんなに迷惑がかかていることがわからないのか

すらっと伸びた足の女の子の手には、
小さなコスメが二つ握られていた。

夢中で選んだ様子が伺えた。
人ごみの中で、親から怒鳴りつけられた少女は

唇をかみ締め、うつむいた・・・

少女は、もう二度と家族とは買い物に行かないことを
選ぶだろう。

いつまでも、自分を幼い子供だと思っている父親、
いや、幼い自分の子供になら、人前で一方的に怒鳴りつけても
許されると勘違いし続けている親は

わが子から見捨てられる日がくる事に
気づかないふりをしようとしている。

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


オレンジなお客様 

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


オーパからの帰り道、空を見上げると満点の星空。
空気が澄んでる証拠です。寒いけど気持ちいい!!大福です

昨日もオーパには仲良し夫婦のご来店。

カウンセリング中、ご主人の一人漫談でアロマルームは
笑い声が響いてました。
カウンセリングだけで、オイル選びだけで時間が終わっちゃうんじゃ
ないかと心配するくらい盛り上がってました。

そんなご陽気なご主人も
「不規則なシフトの仕事、もう何年も続けてきたので体はそれに
必死でついてきている状態。
子供の頃から体が弱く、今も風邪を引きやすかったりします。
最近は休まないと治らないということに気づいて
休むようにしてます。」


楽しい会話の中に少しシリアスな部分を見せてくれました。
がんばってきたんですね。
がんばり続けるためにも休む事の大切さに気づいたんですね。
隣で話をうなずきながら聞いている奥様も心配しながら
やさしく見守ってくれてる様子。

そんなご主人に私は「サイプレス」をおすすめしました。
・・・自分としっかり向き合う強さと勇気をあたえる精油
そして、心に静寂を与えてくれる精油。
それと、コパイバ・オレンジ。ん~いい香り♪

ご主人はトリートメント中気持ちよさそうに眠っていました。

素直な人なんだなぁ

私は奥様のトリートメント。
ご主人との生活を心から楽しんでいるんだろう、
体はしなやかで温かくてすごくいい状態!
羨ましいです。

帰り際写真をお願いすると
「僕を撮るとカメラ壊れちゃいますよ」
と、最後までジョークを飛ばしまくりのご主人。
サイプレスで静寂よりもオレンジの精油でより気分楽しくなっちゃった?!

2周年を迎えて・・・ 

こんばんは。るみネエです

2周年セールもおかげさまで大盛況
嬉しいかぎりです。

お祝いのメッセージを入れて
ご注文下さるリピーターさん。
メッセージこそ無くても
いつもいつも、香り庵をご利用下さり
セールの情報も逃さず、キャッチして下さる
沢山のお客様。

オークションに入札下さり、
残念なことに落札こそかなわず・・・
今回、ご注文いただいたお客様。
落札されたにも関わらず
「もっと必要なんです!」と
ご注文頂いたお客様。


本当にご注文を見ながら
感謝の一言です。

「あっ、入札してくれた人だ!
 よかった・・今回買ってもらえて・・・」
「あっ、メッセージ入ってる・・・
 嬉しいね~
「あっ、リピーターさん。いっぱい買ってくれてる♪
 ありがたいね~」
「あっ、ご新規さん。セールに気がついてくれたんだ
「あっ、レメディーのご注文。
 どんな思いで選んでくれたのかな~」

「あっ!」

その連続です。
本当にありがとうございます。

商品を受け取ったお客様から
「丁寧な梱包、ありがとうございます」
そんなメールも頂きます。

嬉しくてプリントアウトしちゃいます
梱包を担当してるスタッフに渡すと
本当に嬉しそうに目を細めます。


ネットで繋がるお客様。
顔こそ見えないけど・・・
何かで繋がるお客様。

その何かに・・・
いつも感謝しています。

本当にありがとうございます。
2周年を向かえ、日々実感している私です。


こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

るんるん嬉しい雨曜日♪ 

こんばんは。まどろみ姉さんです。

今日の南房総は、朝からものすごい雷がなり一日中雨でした。
雨好きな るみネエは、「がんばるぞ~~!」と掛け声かけて、気合いれて、福袋の精油をせっせと小分けしておりました

P505iS0012714300.jpg



いつもは楽天店で買い物して下さっているお客さまが、
館山にお店があると聞いて、
この雨の中 ご来店くださいました。
Mさま(僕の名前は りゅう君です)

どこかでお会いしたような…。

「前に、お二人にお会いしているような気がしますが、
 お会いしてないでしょうか?」とお尋ねすると

「白浜の紋屋さん・ホテルOPAでも何度か利用しています」と奥様。


昔からのお得意様が、普段はネットを通してつながっていて、
お時間ができたお休みの日には、こうして雨の中訪れてくださって、
とっても嬉しい
ありがとうございます。また遊びにいらしてください。
お待ちしています


こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

モノレンジャーだから、泣かない(2) 

アロマ姉さんです

私も、一緒に泣いてしまいました。

まいさんは、すべてがわかっているのですよね。
それでも、くるしいんだよね、自分の弱さが、醜さが、無力さが・・・

私と同じです。
私も、今は成人した息子たちを子育て中、
まったく同じ事をしてきました。
同じ思いを経験してきました。

今になって、子育てを終えたママ友と話すとき、

だれも、みんな私と同じ思いをしながらわが子を育てたのだと
知りました。

それでも、子供たちは、おろかな親を許し続けてくれたのだと。

大人になった今、心のかなでわびることばかりです。


そして、子育てで十分に学んだはずなのに、
私はいまだに未熟者のままです。

今日は思い切りそんな自分を見て、涙があふれる寸前でした。
そこで、モノレンジャーの言葉を聴きました。

きれいなきれいな天使の言葉です。
醜い自分には、もったいない言葉です。


両親を近くに引き取りこの人たちは私が最後まで守ると
心に決めたはずなのに、

自分の休みを費やしてつれてゆく病院、
汚し放題の部屋。
老いて醜くなってゆく両親、

私に、すまないと思い、気を使う様子がわかっていながら、
無性に腹立たしく、うとましく感じたり、

自分だけがかわいそうに思えたり・・・

まだ、今は置いて帰ってくることができます。

あとで、両親の寂しそうな背中を思い出し、自分を責めます。
疎ましく思ってしまう、自分の醜さを・・・

そんな自分のままで生きてゆくしかありません。
バッチを飲むしかないのです。
それでも、バッチがいてくれるから、今の、今日の自分があります。

すべては自分で望んで引き受けたこと、

モノレンジャーだから、泣かない。

私も、いつもすべてを引き受けて、突っ張って生きています。
無理をして立っています。

もう、疲れた・・・
時には、私だって甘えたい。

今日は思い切りいやな女だ~~

そう思っていた日に見つけた、モノレンジャーの言葉

負けないよ。

三歳の僕だってがんばている。
ママを助けようと、ママを幸せにしようと、
お兄ちゃんとして応援しようと、がんばっている。

ライバルだな~
若い、きれいな魂のらいばるだ~!

ママも息子という彼から捨てられたくなかったなら、
いい女になることだね。

自分の夢を追いかけ続ける、
自分の人生を誰のせいにもしないいい女。

「うちのママは最高さ!」
そう、息子に言わせるような女になって、お返ししようよ。

モノレンジャー、ありがとう
返事になっていないけど、そう伝えてください。

私のライバルだと。
素敵な素敵なライバルだと。

私も、モノレンジャーだから、もう泣かない。
まけるもんか~

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



モノレンジャーだから、泣かない(1) 

白浜は、秋晴れの木曜日です
先日、お客様から素敵なメールをいただきました。
了解を得て、掲載させて頂きました。

まいちゃん、ありがとう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先ほど、イライラについてメールしたまいです。。
その後、なんですが、報告させてください。

子供たちを寝かす前、チェリープラム インパチェンス ビーチを飲みました。

ここのところ、チェリープラムを飲むと余計に感情的になっているように思えたのですが、

とにかく飲みました。



私は、バッチを飲んだにも関わらず、3歳7ヶ月になる上の息子が、

前開きのパジャマをうまく着れなかったことに腹を立て、

かなりひどい態度をとってしまったのですが、当の息子はめげていませんでした。


でも、布団に入るとき、

おやすみ前に読む本 に口をぶつけてしまった息子は、痛いと言って半泣きになりました。


その時、泣きそうになりながら息子は、こう言ったんです。

『ボ クはモノレンジャー(最近の戦隊ものです)だから、
泣かないのに…』



私は、それを見て、思わず、ごめんね、と言っていました。

そして、私の方が先に泣き出してしまいました。


私がイライラして怒 り続けたこの何日間、
私が怒 りを我慢しない代わりに、子供たちが我慢していたんだ。

なんでもない風に装って、この子はとっても辛かったんだ。

自分が情けなくて、子供たちに申し訳なくて、
わんわん泣いてしまいました。

そして、息子もそれに呼応するように、泣き続けました。


私は、自分の命をかけてでも守ろうと思っている宝物を、
自ら傷つけてしまっていた。

自分の身勝手で、たくさんたくさん苦しめてしまっていた。


イライラするから。
そんなことが、子供たちを傷つけることの理由にはならないですね。

私は、子供たち、そして夫に、甘え過ぎていました。
お恥ずかしいです。


やはり、必要以上に感情的になり、それをぶつけることは、
してはならないことです。

もっと、私自身が強くならなければいけないと思います。
私が我慢しなければ、子供たちを我慢させることになる。不当に。

少し、私は変われるような気がします。

姉さんに、メールしたことで、何かが吹っ切れたのかもしれないです。

自分の恥ずかしい内面を、誰かに話すことで、客観的になれたのかもしれません。

そして、バッチフラワーが背中を押してくれたのは、
確かだと思います。

感謝です。



だけど、私のイライラはきっとなくなってはくれません。
明日にはもうすぐにイライラすることがあるでしょう。

でも、そのイライラで子供や夫を傷つけることがないように、
植物の力をお借りしたいです。

こんな私に合うものがあったら、教えてください。
よろしくお願いします。


            まい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


二日間で、224本 

リゾートホテルのアロマルームでひと夏、
朝から夜中まで働きつづけて残した売り上げ、

それを秋にはすべてつぎ込んで
楽天市場に出店しようと決めた二年前の秋。

sell.jpg



繁忙期と閑散期の差が激しいリゾート地。
アロマテラピーがまだはやりものだと言われていたころ


本物だけを提供する。
代替療法としてイギリスで確立されたアロマテラピーを崩さない。

そして、
一歩ずつ、都会からのお客様たちに認められ
リピーターをつかんでいった。

繁忙期にあわせて雇用したスタッフたち。
閑散期に、彼女たちに払う給料を稼ぎ出す場所がほしかった。

自分の素手で、ひとづつ確信を深めていった経験を
伝えてゆくスタッフたちを、手放したくはなかった。


もっとも苦手なパソコン。
初めての梱包作業。
カード決済って、どうやってやるの?
宅配業者と、どう交渉するの?

山になった、梱包資材。
本当に売れるのか、不安で不安で仕方なかった
商品たち・・・

自分たちがほれ込んだ商品に自信はあった。

でも、売る方法に、自信はなかった。


夜中にアロマルームを閉めたあと、
スタッフたちは梱包作業にやってきた。

ついさっきまで、アロマセラピストとして笑顔で働き
そのまま、ダンボールと、プチプチの山に格闘しながらの梱包作業。

買ってくださったお客様へ、手書きのありがとうのメッセージ。

商品が違っていたとのクレーム。
発送が早すぎで、同梱商品を頼む暇もなかったとのお叱り・・・

他の人の注文書が一緒に入っていたとの大クレームにて、
一躍、最低評価店に転落・・・

インターネット通販とは、日本中を敵に回して
商売をすることなんだと知った。

BBSに書き込まれた、当店への厳しい指摘。


そして・・・

お客様のフォロー、応援、励ましのメール。

全国から届く年賀状。
つらかったこと、うれしかったこと・・・


徹夜で作りあげた商品ページ。
返事を出し切れないメール。

やめてしまおうか、
「無料相談はもうもうやめました。」と宣言したのなら、
どれほど楽になることか・・・

お客様から、返事がおそいとお叱りを頂く事もなくなる。
仕事の量も減る。

いつ、やめようか・・・

でも、やめてしまったならば、
もう日本中の人たちとつながることはできなくなるよ。


できないことは、できないと、
しかられても、頭を下げつづけても、

続ける事が、学びかな

お客様たちの、ココロのヒダを垣間見せて頂くことで
耕してもらった、アロマセラピストとしてのココロ・・・。


何のためにインターネットでものを売るのか。
いったい、何を売り続けているのか・・・

不器用な商売に
それでも香り庵がいいと、

それでも香り庵を信じてくださるという
お客様たちがいる限り、

香り庵はここにい続ける。

二年間、あきれずに見守ってくださったお客様たちに、
ありがとう

心ばかりの感謝をこめて、
私たちの愛する商品たちだけを

福袋に詰め込んでみました。
たくさんの幸せが、一緒に届きますように。

私たちと一緒に、皆さんの夢をかなえてくれますように。

楽天市場店・開店2周年記念セール開催中です。


PS・全国の顧客様たちに支えられて、二日間で
フラワーエッセンスが113本
精油が224本
も売れてしまいました

八幡店でも、同じ商品をお買い求めいただけます。
お待ちしております。



こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



お誕生日アロマ♪ 

こんばんは。
今日は大風の吹く海岸線を抜け久しぶりのOPAでの仕事に向かった まどろみ姉さんです。

一昨日、OPAにご宿泊いただいたお得意様・IさまとKさまが、
香り庵八幡店を訪れてくれました。

P505iS0012321078.jpg


その日は、ちょうど彼の二十代最後のお誕生日でした
ご来店いただくと同時にスタッフみんなから
「お誕生日おめでとうございます~」と声をかけられ、テレながら店内へ。

風邪気味で体調を崩されていた彼女も、すっかり元気な表情で、
お会いできてよかったです。

また 遊びにいらしてくださいね。
お待ちしています。


こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


自称 反抗期にもフラワーエッセンス  

こんばんはるみネエです。

最近の我が家・・・
自称 反抗期の長男(中1)がもがいております
親とは、なかなか会話が噛み合いません。
自分の意見が通らないと、そこで切れてしまいます

冷静さを取り戻してからの彼は・・・
「なんかわかんないけど
 気がつくと反抗してるんだよなぁ」
とぼやきます

反抗したり、切れたり・・・
それではなかなか、自分の考えは相手に伝わりません。

「お母さんは貴方の気持ちを理解したいけど
 これじゃあ 分かってあげられないよ。
 自分もしんどいでしょ。
 つらいでしょ・・・」


うなずく彼を見て、このままではいけないと思い・・・
そこで、彼に提案しました。

「一緒にフラワーエッセンス選んでみようか」

近々、ふたりで
”自分にあったフラワーエッセンス探し”をします。


半分位しか埋まっていない
我が家のバッチ箱。
彼の要望に応え、明日はほぼ・・満タンにします

彼のマイボトルには何が入るんでしょう。
私は、じっと黙って彼のカウンセラーになれるでしょうか。

やさしいママになりたいセットしっかり飲んでから
しっかり聞いてあげたいと
心に誓う母であります。

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


おねえちゃん、おにいちゃんの心 

こんにちは。アロマ姉さんです
今日は晴天の南房総、皆さん連休をいかがお過ごしでしょうか?

img34229244.gif

↑KIDSマッサージのやり方、動画でUPしました♪



八幡の香り庵は、ちょっと静かな日曜日。
いらっしゃるなら、ねらい目ですよ~

ホテル・オーパヴィラージュは
金曜からアロマの事前予約でいっぱいです。

都会からのお客様たちはお疲れです。
宿泊と同時にアロマの予約を入れて下さいます。

当日予約はなかなか取れない事、
ご存知なんですね~

今頃、大福姉さんと、まることは足が棒になっている事でしょう

ところで今日は、おねえちゃん、おにいちゃんの心について
ちょっと考えてみたいと思います。

大福とまるこはおねちゃん、なないろもおねえちゃん、
まどろみネエサンもおねえちゃん、

インパチェンスで無鉄砲なルミネエとアロマネエサンは”妹”です


でも幼い頃母とのある会話がずっと胸の奥にありました。

私「お母さんは、子供好き?」
母「お母さんは、あんまり子供好きじゃない」
(お母さんは、私のこと嫌いなのかな)
またある日
親「お母さんはね、男の子がほしかったからおねえちゃんに
  ピストルとか男の子のおもちゃを買ってあげていたんだよ」
(女の子は欲しくなかったんだ。私はいらない子?)

父か母どちらが言ったか忘れましたが・・
冗談だったのかも知れないけど私は、本気でそうなんだと
信じていました。

だから、母が私を引き取りたいと泣きながら父に言って来た時も
私は、母に付いて行く勇気がなくただ泣くだけ・・

父にも「あいつに付いて行って面倒見れないからってまた戻ってきても
絶対にお前の面倒は見ない!」と脅迫に近いこと言われていたし・・・

私は、自分の幸せから決めたのではなく
捨てられ見放されるのが怖くて父の所に残ったのです。

これはなないろの言葉です。


親との関係、いい事も良くなかったこともいろいろありました。
なないろさんの甘え下手、本当によくわかります。
本当は愛されてなかったのではないかと、
私も疑うような出来事はたくさんありました。


こう、大福も書いています。

”おねえちゃん”って、何者なんでしょうか?
お姉ちゃんであった自分。

子を持って知った”おねえちゃん”

教えてくれませんか?

おねえちゃん、おにいちゃんの心を
どなたか、聞かせてくれませんか?


こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

哀れまないでください 

こんばんはアロマ姉さんです。
先日、ファミール産院では、ベビーアロマ塾の卒業式がありました。
一年弱で、11期、70名のかたが受講してくださいました。

babayjyuku1.jpg

↑卒業生の感想はこちらからご覧いただけます。


今回からは、受講人数を絞り、時間を少し長く設定してみました。
「本気で参加したい」人だけに集まってほしかったのです。

初回から、ママたちは素直な自分の心を言葉にし
回を重ねるごとに、クラスの雰囲気は高まってゆきました。

次回でもう、最終日。
そう思ったとき、私は参加者に問いかけてみたいことがありました。

それを、みんなの前で聞いてみたいと思うきもちと

とんでもない事になってしまうのではないかという不安と・・
その日まで、その時まで迷っていました。

いつものように「20才になったわが子へ」の手紙を読んでいただき、
すべてが穏やかな雰囲気で終わろうとしている時、
私は、その質問を投げかけてしまいました。

「私は、この中のお二人に聞きたいことがあったのです。
この教室で、多くの方が自分のお母さんとの事、

初めての子育てに迷ったとき、
皆さんはどれほど自分のお母さんが助けになってくれたのか、
心の支えになってくれたのかを話してくれましたね。

この中のお二人には、お母さんはいません。
母親のいないお二人が、出産し、育児に戸惑う今、
母の話を聞くとき、どんな気持ちでいるのか、
いつもいつも気がかりでした。

どんな気持ちでお二人はいるのだろう。
どんな思いで、ここまでやってきたのだろうと・・・」

私は、不覚にも、声が詰まってしまいました。

一人のママがこういいました。

「馬鹿にしないでください!
母親がいないことを哀れまないでください。

馬鹿にされないように、かわいそうだと思われないように
精一杯生きてきました。

私は、かわいそうなんかじゃない。
馬鹿にしてなんかほしくない。

かわいそうだなんて、おもってほしくない

わが子を腕に抱きながら、彼女の涙は嗚咽に変わりした。

そうだったのですか・・・

そうだったのですね・・・

一生懸命に、生きてきたのですね


もう一人のママは、それに続いてこう話してくれました。

「私は、どう思っていましたかと聞かれ、驚きました。
何も、時別なことは感じていなかったから。

あ、私は母がいないことを特別だとは思っていない。
そう気づいたとき、自分は父に、精一杯愛されて育ってきたのだと
改めて気づきました。」

こう、淡々と聞かせてくれました。
穏やかな笑顔とともに。

香り庵と出会ってから、何度も何度もお店に足を運び、
男手ひとつで自分を育ててくれたお父さんとの心の葛藤を
聞かせてくれた方です。

あ、彼女は苦しみを超えることができたのだ
と感じしました。


母がいないからと、馬鹿にしないでくれ、
哀れまないでくれと、嗚咽した彼女の感想文には、
こんな言葉が残されていました。



"最後に「母」の事を聞いてくれて、ありがとうござしました。"



みんな、みんな、幸せになりますように。
いつでも、足元にある幸せに気づけますように・・・

そう、願ったべビィアロマ塾の卒業式でした。

12期生、募集中です

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

そっと、うちあけたい事 


こんばんわ ごぶさたしてます。なないろです。

最近(でもないか )実はちょっと気になることがあって・・
私は、香り庵でよく泣くんです。
人の話を聞いては泣き、自分が話しては泣き、
そして全然悲しいわけじゃない事なのに涙があふれ・・・

ナンデ泣くの?自分でも?? も、もしかして病気!
過去の出来事に何か関係があるのかも・・・

私は、ある田舎町で生まれました。最初の子なので、それなりに可愛がられていたと思います。
でも、弟が生まれてからは両親の目は弟に向かいました。

弟は、喘息に加えアトピーだったため、発作やアトピーがひどくよく病院にかよっていました。両親は点滴などするたびに弟に大好きなミニカーを買ってあげました。
でも、私には「おねえちゃんだから」で我慢させられました。

当時、とても弟がうらやましく思えました。

私はあまり両親に甘えたり、おねだりしたりという記憶がありません
いつのころからか、甘えてもきっと答えてはくれないという諦めみたいなものがあったのでしょう。困っていても親に相談しませんでした。
今も人に甘えることがにがてですし・・・

その後、父親の借金、両親の離婚、父親の再婚といろいろなことが起こるのでした。

今現在、父や他のことに関しての恨みとか憎しみといった感情は
まったくなく、子供を生み育てていると反対に感謝したいくらなのですが・・・

どこかに引っかかっているものがあるのでしょうね、きっと・・・

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

天女が舞い降りる日 

こんばんはアロマ姉さんです。

先日、受験生の息子によいアロマかバッチを教えてほしいと
楽天のお客様からメールを頂きました。

その内容が、素敵だったので、HPへの掲載依頼をしてみました。

そしたら、お返事のメールにまたまた、
とっても素敵な文が・・・

皆さんにもおすそ分けです。

今晩、夢の中で、皆さんの元にも
天女が舞い降りますよ~

あ~、羽衣が目に浮かぶようです。
でははじまりはじまり~~~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その日は息子がとてもいとおしく、
遠い日のことを思い出していました。

まだ息子が2歳か3歳の頃のお話です。
急に遊んでいた息子が話し出しました。

「どうしてこのおうちに生まれてきたか覚えているよ。
生まれる前は、とっても綺麗なお花が沢山咲いているところに、
ベットみたいな箱があるんだ。その中はとってもいいにおい。

女の人が沢山いてね。僕たちが気持ちよく寝ていられるか
心配してくれるんだよ。

それでね、ある日順番が来たら、
一番、くらいの高い女の人に呼ばれるんだ。

みんな綺麗なひらひらしてうすい布を巻いているんだ。
(羽衣かなと思います)
でもこの女の人のは金色でとてもまぶしいんだ。

『自分が生まれるおうちを捜してきなさい』
て下の世界に連れて行かれるんだよ。

 僕はこのおうちがいいって思った。
どうしてかっていうとね、お兄ちゃんが二人い
て、とても楽しそうだし、このおかあさんとおとうさんが
良いって女の人に相談したの。

そしたら『きっと幸せになれます』って言ってくれた。
それから自分が生まれる順番が来るまで、
また箱の中で寝て待ってるんだ。

もういいですよと、お母さんのお腹に入るんだけど、
お腹の中でも、とても楽しかったよ。

いつもお兄ちゃんやお母さんやお父さんの笑い声が聞こえて、
「早く会いたい」て言ってくれて、ぼく幸せだったよ。

生まれてくるときはとっても苦しかったよ。
真っ暗な細い道を一生懸命出ようとするけど、
すぐには出られない。

でも早くおかあさんに会いたかったから、
お母さんと一緒に頑張った。
お母さんも僕に早く会いたかったでしょ。おんなじだね。


この時、なぜか本当のことだと思いました。
まだ言葉もつたなかったのにすらすらと喋ったのです。

世間の人には作り話と思われちゃうかな。
その日、今日の事は忘れてはいけないと一生懸命ノートに書きました。

でも、その後いくら捜してもそのノートが見つからないのです。
息子に何年かたって聞いてみましたが、
そんな恥ずかしい話なんかしてない、と言いはります。
 
私の妄想だったのでしょうか?夢?

でもそれでもいいんです。
14年か15年前の事なのに、私の記憶にはしっかり残っています。
(他の事はすぐ忘れるのに)

母としてこんなにありがたい言葉は他に見当たりません。

息子が生まれたのは予定日より早いクリスマスの朝でした。
家族が幸せになるように神様からの贈り物だったのかも。

余談ですが周りにも、クリスマスに生まれたお子さんがいらっしゃいましたが、手首の同じ場所に同じあざがありました。
(年齢は違ってましたが)

最近、このことを忘れていました。
思い出すことが出来たのは小池さんから
「母はどっしり構えて信じてください。」の言葉です。

子は親を選べないといいます。
でもこの子は自分でうちを選んで、
幸せになるためにこの世に生まれてきてくれた。
この子がいるだけでいいんだ。

最近、やさしさを忘れていました。
毎日の生活に追われて。

今はもう疲れ果ててヒステリックなおばさんでしかないんです。
普通以上に文句を言って怒って、良い親なんかじゃ決してなかった。

だんだん、腰痛はひどくなるし、
小さい字は見えづらくすぐ疲れるし。

人が集まるところに行くと頭痛がするし、
自分の急速な老いに精神面がついて行かず、
これぐらい前はなんてことなかったのにといらいらしたり、

これくらいの事出来るわよと無理に重いもの運んで体調崩したり、
毎日のお金のやりくりや家事に、もう嫌だ、と思ったり。

息子の友達の名前が覚えられず何度も聞いてしまい、
他の事も何度も同じ事を聞いたり言ったりして、

息子に呆れられ、もう話さないといわれたり、
必要以上に心配性になったり突き放したり、

そんな嫌な嫌な親なのに・・・。

こんなに一生懸命で、困難に立ち向かっていける人間に
息子は育っていてくれたんだ。
なんて有難いことか。

その事を忘れるところでした。

もう一つ、大事なこと忘れるところでした。
HPにとのお伺いでした。

学校の先生に迷惑かからないよう適当に文章変えてください。
息子にわかると、きっと嫌がるし、恥ずかしいので、
名前は「にゃん」にしてください。(笑い)

長くなって申し訳ありません。
香り庵のファンの方と一緒に悩みを共有できることはとても光栄です。
HPの掲載OKです(内心皆様の反応にドキドキです)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

受験相談のメールはこちらに掲載させていただきました。

では、皆さんもキレイな天女に今夜は会えますように
そうそう、小さなお子さんのいらっしゃる方は、聞いてみてくださいね

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

生まれ来る者、死に逝く者 

こんばんは。るみネエです。

先日、産後アロマを受けたママから
アロマライトと精油のご注文を頂きました。

今日集金に伺うと・・・目をキラキラさせながら

「夕べ、病院のアロマライトをお借りして
 オレンジの精油を焚いてもらったんですけど
 あれほど眠れなかったのに
 すっごくよく眠れたんですよ。
 退院したら、絶対お店にも行かせてもらいます」


本当に嬉しそうに話してくれました。

私まで嬉しくなって・・・

3500gを超えるBigなBabyはすやすやと
可愛い寝顔で眠っていました。
彼の未来に沢山の幸せが待っていますように。

困難に立ち向かえる
強くて、優しい男の子になってくれますように。

まわりを幸せにしてくれますように・・。


幸せな生の現場で仕事をさせていただけるからこそ
生と死を考える事も少なくない。

夕べ、郷里の友人の母が亡くなったと知らせを受けた
小学生の頃からお泊りに行かせてもらったり・・
オーバーなほどの方言で話すおばさんの
語り口調をよくまねしたり・・・
すると・・「よく似てる~」とコロコロ笑う可愛いおばさんだった。

子持ちになった私に小学校の頃のニックネームで
「るー坊がお母さんかや~」
と優しく笑いかけてくれた。

生まれ来る者と死にゆく者。
どちらも大きな幸せに包まれていますように・・・


おばさん・・ご冥福をお祈りします。
残された人たちを見守ってくださいね。

 こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。