スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越しても、涙 

「それなら、こんな広い店はいらなかったよ

引越し三日目、自分たちには贅沢すぎる四畳半もあろうかという事務所で
お昼を食べながら、またみんなで涙を飲み込んだアロマ姉さんです。

ooka20.jpg


一ヶ月以上かけて、新しいお店の下準備をし、引越しの荷物を
引越し前日までコツコツとみんなで運び続け、

残った大きな荷物は、引越しやサンの手であっという間に運び終わり、
広いお店に引っ越した翌日、

まだ荷物が自分の居場所を見つけられずにいるのと同じように、
スタッフ達も、自分の役割をつかみきれずに戸惑っていた

倉庫をかたずけたり、商品を並べたり、掃除をしたり...
やらねばならない事が山ほどある中で、

私はあれこれと目に付いた場所を整理しながら、
途中、用足しに出かけた。

この日のスタッフの様子が、動きが、なんだかぎこちない事にうすうす気づいていた。

私が出かける前に、みんなで窓を拭いていた。
大きな窓を、ぴかぴかに磨いていた。

用事を終えて帰ってくると....

窓を拭いていた。


今度は反対側の窓を、みんなでぴかぴかに、一生懸命、楽しそうに磨いていた。

まだ、工事の途中なので、また一瞬で汚れてしまうであろう窓を、
みんなで念入りに磨いていた。


そう、私がいつも言っているように、商売は掃除が基本だからね。
これもよし!と思った。思おうとした。

でも、何かが違うと感じた。

みんなでニコニコしながら一緒に掃除をして、時間がくれば終了。
こんな仲良しごっこは、このままにしておいたら永遠と続くのだろうか?

出る杭も無く、打たれる事も無く、みんな同じ仕事を同じようにしていたのなら、
誰も傷つく事もない、傷つける事もない。


いつものように、時間をかけて話しあいをする余裕が無かったので、
お弁当を食べながら問いかけてみた。

「あなた達一人ひとりの、今の役割は何?
あなたの、今やるべき仕事の責任は何?」


みんな、新しい場所で戸惑っていた。
仲間は気心の知れた、いつもの仲間だけれど、

新しいこの場所で、自分がどこまで采配を振るってしまっていいのか、
どこまで率先して引越し先のさまざまな事を行ってしまっていいのだろうか?

それだったら、掃除をしていたほうがいい。
窓ガラスを拭き続ける役割のほうがいい。
誰かに何かを指示されてから、動いたほうが気持ちがらくちん。


そんな仲間の、言葉にはしなかった心情を察して、
私も、私もと、みんなでしり込みをしあいながら、笑顔で窓ガラスを拭き続ける光景に
私が感じた異常な空気は、やっぱり気のせいではなかったようだ。

「経営者が一人で采配を揮い、すべてを決定し、
みんなはそれに従う。ただ、じっと就業時間の終了時刻がやってくる事だけを望みながら。

そんな商売のやり方もあると思うよ。

でもね、それならこんな日広いお店はいらなかった。
小さな以前のスペースで十分だった。

みんなが”自分の役割”を担ってくれないのなら、
こんな店はいらなかった....」

強いと思われている人も、弱いと思われている人も、
古い人も、新しい人も、仲間のみんなが自分と同じ気持ちで
引越し先で戸惑っている事を知って、みんなが驚き、みんながうつむいた。

私のやり方、私の問いかけ方、私の指示の仕方が悪かったから、
みんなを戸惑わせてしまったのだという事に、私はじきに気がついた。

しっぱいだったなぁ

いつも、いつも、失敗ばかりだなぁ...


それにしても見事な共鳴

みんなに同じ気持ちが移ってゆく事、実感する事しばしば。


今は、これを学ぶ時のようです。

身を持って。


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


スポンサーサイト

お引越ししちゃいました♪ 

おはようございます。るみネエです。

hikkoshi.jpg


少しずつ、荷物が運び出されて・・・・
なんとなく淋しくなっていく八幡店に、少し・・後ろ髪を引かれながらの数日。
28日に大きな荷物が運び出され、本当にすっからかん。

なんにもなくなった八幡店に、「ありがとう」をして
いよいよ、新店舗での開店準備も大詰めです。

駐車場の草取り(と、言うより木の根っこ取り?)
店舗らしい、大きな窓もせっせと磨きます。
慣れない仕事に、身体中が微妙に筋肉痛・・・・
夕方近くにもなると、あちこちで「疲れた~~」の声が聞こえてきます。

でも、みんなとっても嬉しそうで、楽しそうで♪
私自身も、身体は疲れてるはずだけど
とっても楽しくて仕方ないんです。

少しずつ、お店らしくなっていくフロアー
少しずつ、事務所らしくなっていく仕事場
少しずつ、出来上がっていくアロマルーム

八幡店から移動されてきた看板。
新しい冷蔵庫に、オーブンも届きました。

どれもこれも、ウキウキ・ワクワクするには充分過ぎて(^^♪

お得様たちは、みんな喜んでくれるかな。
お店に入って、第一声はなんて言ってくれるんだろう?
新しいお客様は、どんな人が来てくれるんだろう。

これから先・・・・
お客様のどんな笑顔がやってくるんだろう。
どんな涙がやってくるんだろう。
どんな喜びがやってくるんだろう。
どんな怒りや悲しみがやってくるんだろう。

気負わず、迷わず、うろたえず・・・
穏やかな笑顔で、すべてを迎えてあげられる香り庵になりたい。

そんな自分になりたい。

香り庵・大賀店 素敵なお店になりますよ。(^_-)-☆


PS.生まれて始めて、引越しのトラックに乗っちゃったルミネエです

hikkoshi2.jpg



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


アロマルーム引越しまであと二日 

おはようございますアロマ姉さんです。

いよいよお店の引越しまで残り二日。
なんとか引越し前夜までに荷造りを終える事ができるのか、
スムーズに引越しが完了するのか、何度引越しを経験しても引越しはまるでスポーツのようです。

荷物の入ったダンボールがいくつも部屋の中に並び、徐々にスペースが見えてくると、
この小さな一軒家を借りてのアロマルームともお別れかぁ...という思いも膨らんできました。

そうだ、お別れに現状も写して置こう

ooka18.jpg

ここはキッチンスペースを事務所代わりに使って、カウンセリングの電話を受けたり、
PCでネットのお店を作ったり、メールの返信をしたり、
お弁当を食べたり、みんなで泣いたり笑ったりした部屋です。

それにしてもすごいちらかりようでしょう?
これは”引越し”だからではないんですよ!

誰かがかたずけても、数時間で元どうりになってしまう、どっちらかりの事務スペース。
この狭い場所で6人が自分のスペースを確保するのに必死。
自分の座る椅子、自分の使うPCも決まっておらず、いつも椅子取り、PC取りゲームのよう。

そして、おなじみのお客様が見えたとき、お店が立て込んでいるときなどは、
「どうぞどうぞ~」とこの場へお客様をご招待する事もしばしば、

これはこれで楽しかった、どっちらかりの我が家のようなアロルームとも、もうお別れです


今のお店の荷造りをしながら、同時進行で新しいお店の準備も行っていかなければなりません。

ooka16.jpg


大工仕事も予想以上に時間がかかっていますが、
邪魔になるといわれたとしても、遠慮せずに、がんがん荷物を運び、
ねずみとゴキブリの糞にまみれていた倉庫を掃除し、雑巾をかけひとつひとつ整理してゆきます。

今のお店で、引越しが決まった時から準備して植えておいた鉢植を移動しました。

ooka17.jpg


「お花屋さんですか?」と道行く人に訪ねられたと聞いて、とっても嬉しくなりました。

私はこう思うんです。お花が沢山植えてあるだけで「私はいい人ですぅ」を演出しているように。

これって、腹黒い?

でも、お花や植物には不思議な人をひきつける魅力があります。


以下はスタッフるみネエのメールマガジンより抜粋です。
今日も張りきって、引越しのしたくしてきます

....................................................................................................................

お引越しマニア・・・と呼ばれているアロマ姉さん。
今回もまた、お引越しでございます。

八幡店に引っ越したのがおととしの夏。
こじんまりした、普通のおうちなんですが
「友達の家みたい♪」と沢山のお客さまが訪れて下さいました。

本当にありがとうございました。

アロマやエステの施術を受けたり、
フラワーエッセンスのカウンセリングを受けたり・・・

「子供が風邪ひいちゃって・・」
そう言って、エキナセアを買いに駆け込むママ
「更年期かしらね~、眠れないのよ」
そう言って、精油を選びにやってくる方。
「お友達にプレゼントしたいんです。
 何がいいと思いますか?」
そう言って、楽しそうにお買い物にやってくる方。

時には、家族の事や仕事の事
愚痴をこぼしにやってくる方もいます。

でも、そんなお客様は、ちょっと申し訳なさげ・・・・

そんなお客様が、もっともっと来やすいお店にしたい。
何かあって凹んだ時や、頭に来ちゃった時・・
誰かにちょっと、話したい。聞いて欲しい。

家族や友達だから、話せる事もあるけど
家族や友達だから、話しにくい事もある。
心配かけたくないこともあるし・・・

そんな時、家族でも友達でもない香り庵だけど
いつでも待っています。

施術を受けなくたっていい。
買い物がなくたっていい。

ちょっと、愚痴をこぼしに来れるお店。

そしてもうひとつ。
ネットやOPAのお客様が、遠方からご来店下さる事も多いのですが
そんなお客様も、素敵な空間でお迎えしたい。
「来てよかったね」そう言って頂けるお店。

そんなお店を目指してのお引越しです。




「ハーブティやオーガニックコーヒーなんか出せたらいいね。」

「講習会もいっぱいやりたいね。」

「アロマも、もっと手軽に受けて欲しいね。」

あれもこれも、妄想膨らむ香り庵ですが・・・・
ひとまず、今月末にお引越しいたします。


GWで、OPAのアロマルームも大忙しですが
なんとか新店舗の開店準備も頑張ろうと思います。

その為、今月26日から、来月5月6日まで
ネットの発送業務はお休みとさせて頂きます。

長いお休みで、大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
     (ご注文はお受けしております)
ご不便をお掛けしますが、ご協力お願い致します。



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif






オーガニックレストラン カムーのおみやげ 

ビール


こんばんは 花ミルクです。

先週、香り庵のスタッフ総出で、
(アロマ姉さんは一緒に行けなかったのですが・・
オーガニックレストランへ遊びに行きました

館山から3時間ほど車を走らせ(るみ姉さんの運転で)
迷子になりながらやっと辿り着いたレストランは
とても雰囲気がよく、オーガニックとは思えないほど!
オーガニックってこんなに美味しいものだったんだ!
と、思わせてくれるお料理が出迎えてくれました。
(そしてイケメン店長さん

これはお土産を買って帰らなくては!
とゆうか行く前から、今日はオーガニックビールを買って帰るぞ
と決めていたのですが、10種類くらいあるビールの中から、
店長さんのおススメを2本買ってきました

1本は夕御飯を食べながら母と
2本目はあまりお酒の飲めない彼と一緒に飲みました

楽しかった気持ちと
美味しいものをおすそ分け
 
今度は全員で行けるといいなぁ

そして母や彼も連れて行ってあげたいなぁ
と思える素敵なレストランでした♪

香り庵もそんなお店でありたいです
お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



娘の役割 

こんにちは、まどろみ姉さんです

先日、嫁いで初めて泊まりがけの里帰りをしてきました。
朝寝坊ができる!と淡い気持ちを持ちながら・・・。

1泊目は、緊張して寝れなかった。
自分が使っていた部屋なのに。

今頃、娘と旦那は何してるかな?
もう寝たかな?なんて考えて恋しかった。

2泊目は、弟夫婦もちろん愛する甥っこも一緒だったので、ついつい夜更かししてしまって、これまた眠れず。

寝坊するはずだった、朝も
ゆっくり過ごす一日もそうは行かなかった。

普段、聞いてやれない愚痴や
近所のおばさんが亡くなったよとか
加齢で乾燥してできた湿疹をみてやったり・・・。

親から”与えてもらう”側から、親へ与える側恩返ししていく側になってきたんだなと思う。

歳を重ねた母の顔が、ちょっぴり切なかったな・・・。
来月の母の日、何を贈ろうかな

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif






自分ってもんを… 

こんばんは なないろです。


今日、香り庵のお店はどこの女子高生達かってくらい
キャピキャピ(←死語?)ワイワイしておりました。



新しいお店で着る制服のサンプルが届いたのです。すぐみんなで試着会の始まりです



白のブラウスといってもいろんなタイプのものがあり、選ぶのも一苦労
そして、それぞれが選んだブラウスはおもしろいことにその人らしさを表しているのでした。


かわいらしいブラウスをえらんだ者はやっぱりかわいらしいスタッフであり
キリッとしたもの選んだ者は同じくキリリ系のスタッフだし、
みんな自分ってもんをを知ってるんだなぁ~と思っていました。


私はシンプルというかプレーンなブラウスで、
でも機能的にはアイロンかけしなくて楽チンで
七分袖より長袖の方が寒くないしょ!とホント主婦ならではのものをチョイス



さあ、アロマのお部屋が更衣室にはやがわり!
そこでみんなが取っかえひっかえ試着してゆきます。
そして誰は似合うとかそれは似合わないとかワイワイガヤガヤと大盛り上がり!




でもわたしは、自分の好きなデザインはちっとも似合わずちょっとがっかりでした。
そして似合うわけが無いと思っていたものが似合うよと言われ、
へぇ~こんなのがにあうんだ~と新たな発見もあり
自分ってもんを少し知った一日でした。



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

花とおじさん 

こんばんはアロマ姉さんです。

今朝はものすごい雨だった南房総も、午後からは湿気を含んだ曇り空に

そんな日もホテル・オーパヴィラージュでは、春の花たちが出迎えてくれます。

優しい色あいのスイートピーは、今朝の雨を十分に楽しんだように輝いていました。

opa9.jpg


社長が仕入れてきたというカレンデュラは、珍しい新種だそうで
薬効成分が豊富です。

南房総では、近年、この花のてんぷらもお目見えしました。
神様から選らばれたオレンジ色の花びらです。

opa12.jpg


館山はポピーの花も有名ですが、リンと上を向いて風に揺れる姿は可憐ですよね。

opa11.jpg


そして、レストラン脇には、キッチンガーデン。

食べられるお花で有名な、ナスタチューム

手前には、チャイブとねぎ坊主?
長ネギに見えるけれど、違うのかなぁ?

opa13.jpg


年間を通してにぎわう花たちをバックに、昨日は某有名雑誌の撮影が行われていました。
CMのロケ現場になったり、雑誌の撮影現場に選ばれる事も数知れません。
(そんなに広~い庭ではないのに...)

そして、この庭の企画&管理をもう20年以上も続けて、愛してきたのは

二人のおじさんたち(20年前は、青年だった?)だという事を、ご存知ですか?



今日も可愛い花たちの世話に、草刈に追われ、
熱く夢を語っていました。

影の努力に感謝です


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

ここは、笑って受け止めよう! 

こんばんはアロマ姉さんです。

今日は新しいお店の草取りを頑張る日です。
先日、表面だけ抜いておいた草を、今日は根こそぎ抜き取りました。

ooka12.jpg


てんこ盛りの草を運び出すと、やっと土が顔を出しました。
ここは、草ぼうぼうだったので後回しにしていた部分ですが、
きっと、ラベンダーやローズマリー、ミントを地植えしたら良い景色になるのではないかと考え、

早めに土を均さないとと、思いはじめました。

草と泥の下に埋もれていたレンガを一枚ずつはがすと、まだ冬眠中の小さな蛇やトカゲが
ビックリして飛び出してきました。


テラスも、はがしてみたらもうボロボロのガタガタ

ooka13.jpg


さあ、ここからが勝負ですね。

何やサンでも、何の商売でも、人の目に触れないところから、
一つづつ、コツコツ、コツコツです。


一つづつ、ゆっくり手をかけながらきれいになって行くからこそ、
商い(あきない)で続けられるのですよね。

でも、オークションで落札したカリモクのソファに、お気に入りのクッションを置いたら、
ちょっと元気が出てきました。

ooka14.jpg


それはそうと、今日は笑わずにはいられない事実が発覚したのです!



「大変な事になっているよ!」

これは新しいお店の手直しをしている大工さんの言葉。

何々?

今日、お店に行ってみて、その意味はすぐにわかりました。

お店の後ろは学校になっているのですが、

春休みが終わり、新学期が始まり、入学式も済んだ学校では

なんと、そのブラスバンドのけたたましい事。

癒しのアロマテラピーのバックミュージックが
ブラスバンドかい!!!

それも、船乗りになるための学校だからか、
マーチングバンド風の、ドラムずんどこ、シンバルがんがん

もう、すげ~~~!って感じです。


しばらく草取りをしていると、なんと

一時間おきに鳴るチャイムの音とともに、
廊下に繰り出す生徒達。

その生徒達のほとんどが口々に~~~

「ちゃぁ~~すぅ!」(こんにちは!)

を大きな声で繰り返すのです。


そう、もう忘れていましたが、廊下で先輩に出会ったときに
我先に口から出す言葉。

あちゃ~~!


バックグランドミュージックは「ちゃぁ~すぅ~」かぁぁぁぁぁぁぁぁ


笑うしかない

ここは、笑って元気に草取り、腐ったテラスの修理に励んで、

受け止めるんだぁ!



し~ずかな雰囲気の中で、お一人様カフェになるはずだったお店は

えらいこっちゃ~~~~~~~~~~~~


いつも、始まりは「えらいこっちゃ~!」



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

目黒通り散策 

昨日は、新しいお店に置く椅子を探しに、大好きな目黒通りに行ってきました。

もう8年以上前から、ユーズドものの家具を購入する目的で通っています。

そしたら、いつの間にか”目黒インテリアショップコミュニティ”なるものが出来ていました。

アロマルームの家具も8年も前にここで購入した米軍引き上げのアメリカのユーズド品
が沢山あります。

今回は、あの頃のようにどか~んとお金を使えないので
椅子はお手ごろ価格で、これに決めました。

ooka4.jpg


すわり心地はグ~!

ooka5.jpg

ooka11.jpg


↑かわいいカフェを発見!雑穀のクッキーが1枚 \100 これは頂です♪

ooka9.jpg


お店の入り口を飾るグリーンは、多肉植物の寄せ植え

ooka7.jpg


さらに、ドカーンとハーブのグリーン
やはり、お花は多様しておらず、色の統一感が”大人~”を感じさせてくれました。

家具屋さんや、カフェ、雑貨屋さんなど、面白いお店が並んでいますが、
お店の中はデジカメが向けられず、残念でしたが新しいお店にアイデア、いただきます

それらは、ほとんど以前のお店、手放してしまった「香り庵」で作りかけていた庭や雰囲気を
思い出させるものでした。

夢よ、もう一度です。


そして、夜は落語鑑賞に行きました。

桂三枝と春風亭小朝の二人会でした。

春風亭小朝の素晴らしかった事。

落語って、芸術なんですね。
本当に何かが乗り移ったような話振りに、時間を忘れてしまいました。

一流といわれる方たちのチケットはなかなか取れないのが
田舎から出てゆく私達にはくるしいところですが、


また、香り庵のみんなで、遠足は落語に行こうと話しています。


一人、東京散策で新しい発見を楽しみましたので、

今度は、皆さんに南房総散策、いらしていただけるように準備します


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コスプレ祭りin館山 

コスプレ


いきなりなんのことだかわからない写真から始まりました、今日のブログ。
大福です。

実は館山城で第一回里見八犬伝コスプレ祭りが開催されました。
コアな八犬伝ファンが全国から集まり、思い思いのキャラに扮し、
城の周りで思い思いのポーズを決め写真をとったり、ほかのプレイヤーと交流を深めたり、
コスプレイヤーを見て楽しむ人がたくさん集まったお祭りでした。

コスプレコンテストも開催され、その中のプチ賞として香り庵も
ローズの美容液とシアバタークリームを作り、景品として提供させて頂きました。
(喜んでくれたかなぁぁ)

で、私は生のコスプレイヤー見たさにお祭りに行ってきたのです。


コスプレしているきれいなお姉さんに勇気を出して声をかけると快くポーズをきめてくれました。
しゃべりかけると普通の中にどこか妖艶な雰囲気で、この人たちが北条ゆかりの漫画なら
私はちびまるこのような差を感じながらシャッターを切り、顔を真っ赤にしながらお礼を言って
さっさとさりました。
だって目があうともうドキドキしちゃってさー、いられなかったさー。


オタクな人々が集まるのでどんな人が来るのか想像もつきませんでしたが、
キレイな人が多くて驚きました。
写真のお二人なんてお肌つるつるで、スタイルもよくって近くで見たら吸い込まれそうな美人?美男?
本当にマンガや物語の世界に入ったみたいな光景も面白かったけど、
みんな好きなものに一生懸命で、ゆるがない自分みないな物をもっているようなパワーがあって
かっこよかった。

来年もやるかなぁ。
お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

育ててもらった自分 

おはようございます。るみネエです。
今日の南房総は、曇り空。
今にも雨が降りそうな・・・どんより天気ですが
今日もはりきって行きましょう♪

先日、ブログにも書いた アロマ姉さんとの面談から数日が過ぎました。
バッチをガンガン飲みながら、
いろんな事を思う、毎日だったように思います。

その中でひとつ。
「育ててもらった自分」を思いました。

私が香り庵に来てから今日まで・・・・
先輩であり、尊敬する、今では相棒となったまどろみ姉さん。
彼女の口から、何度も何度も聞いてきたセリフ。

「るみネエの存在が怖かった。」
「脅威だったんだよ。」
「くやしかったんだよ。」

ホントは何も出来ない私だけど、まどろみ姉さんからするとそうだったらしい。
今の私が、大福姉さんやミルクやなないろ姉さんに思うのと同じ。

自分より後からの入社だったり、自分より若かったりする彼女たちが
どんどん成長して、どんどん自分を追い越していく。
それが怖かった。

でも、でも、まどろみ姉さんは
それでも、私を導き、教え、私の居場所を作り・・・
私のなりたいようにやらせてくれた。

「大丈夫、るみネエなら出来るよ」
何度もそう言って、背中を押してくれた。
ずっと、ずっと見守ってくれている。

それは、アロマ姉さんも同じ。
そう、すべてアロマ姉さんから・・・私たちはいっぱい受け継いでいる。

私も、そうすればいいだけだった。

いばりん坊で、でしゃばりで、せっかちで・・・
お調子モンで、甘えん坊で・・・こんな私だけど
バッチ飲みながら、みんなを見回しながら・・・・

そしたら、大丈夫な気がする。

私にも出来る気がする。
もっと、もっとみんなの話を聴いてみよう。
もっと、もっとみんなを見てみよう。
もっと、もっと・・・大きな自分になろう。

育ててもらった自分

恩返しは、まだ始まったばかりなのだ(^_-)-☆


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif





お誕生日のアロマ 

おはようございます、まどろみ姉さんです

080411_212929.jpg


昨日は、つい2週間前にお越しいただいたお得意様が
お誕生日でOPAを訪れてくださいました。
アロマ後、ホッとされたところを1枚撮らせていただきました

普段頑張ってらっしゃる方ほど、ホッと力が抜け
どれだけ力が入っていたのかに気づくアロマの時間。

今日も、笑顔になったお客様に出会えるといいなぁ~

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



新しい家族です! 

080207_2309~0001


こんばんは 花ミルクです。
今年の2月から家族の仲間入りをした「クルミ」です♪
写真は来たばかりの頃、まだヨチヨチ歩きの赤ちゃんの頃のもです。

まだ2カ月しか経ってませんが、今ではころっころの丸い体で家の中を
駆けずり回っています
ティッシュを全部引っ張り出してみたり、みんなのスリッパを見えない
場所にまとめて隠してみたり、楽しそうに遊んでいます。

人間の子供に例えるならハイハイしながら色んなものに興味をもって、
目が離せない時期でしょうか(笑)

本当だったら、ちゃんと叱ってしつけをしなければいけないのでしょうが、
お父さんもお母さんも孫でもできたかの様に溺愛し、甘い顔をしています。

クルミをちゃんと叱ってくれるのはミルクとアンリだけ!
犬のしつけは犬に任せることになりました(笑)

面倒を見るわけではないのですが、クルミは他の子たちを見てトイレの
場所を覚えたり、お水の飲み方を覚えたり、昨日まで1人だけのれずにいた
ソファに今日はヨジヨジしながらものってみたり

とにかくくっついて歩く小さな姿が
とっても可愛く、私たちを癒してくれるのです

赤ちゃんってどんな動物でも可愛いですよね。
みんなに大切にしてもらえるように、可愛くできているんでしょうね。

この子がどんな子に育っていくのかとても楽しみです

みなさんは誰に、何に癒されていますか?

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

アロマルームの壁 

壁が出来てきました。
二つの小さなアロマを受けるためのお部屋です。

ooka3.jpg


小さなドアがつきます。
一番安いドアを選んだので、ちょっと安普請だったかなぁと、大工さんに心配されました。

いえ、いえ、いいんです。
我が香り庵には、分相応です

ドアがついただけで、お部屋が二つに分かれただけで、嬉しいです。

ゴージャスでは無いけれど、後はみんなのエネルギーで
あったかい部屋にしますから。

今日は、曇り空。
これから東京へ行き、明日は松戸のオーガニックレストラン・カムーへお邪魔します。

来い、来いというのです。

オーガニックカフェをやるかもしれないと言った時から、
話を聞きに来いと何度も誘ってくれて、

店長やマクロビを学んでいるスタッフを紹介してくれて、

店長はすっ飛んできてくれて、
仕入れはここと、ここで、
これとこれを仕入れろと、惜しげもなく自分たちの財産(仕入れ先と厳選した原料は財産)を披露し、

そのありがたさに感動する日々です。

反面、それは私が無意識に今までアロマの世界でやってきた事でもありました。

仕入先は財産です。

後から開業したいという人たちに、
仕入先や私が10年以上も使い続けてきたモノ達を惜しげもなく伝えてきました。

教えてもらう立場になったとき、そのありがたさが身にしみます。

後は、受け取ったほうが、信じて素直に使いこなしてゆけるかどうかです。

では、行ってきます~

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif




あなたの役割は何ですか? 

こんにちは。るみネエです。
昨日の物凄い、雨と風・・・・
すっかり桜を散らしてしまっただろう、と思いきや
今朝、通勤途中の桜は、しっかり花を残して咲いていました。

「すごいなぁ、えらいなぁ・・・
 私も、振り落とされずにしっかり咲いていたいな」
なんてことを思いました。


昨日、いよいよアロマ姉さんとの面談でした。
何を話したらいいのか?
何も思いつかないまま、アロマ姉さんの前に座りました。

少しずつ、話し始める中・・・
自分の中にあった、色んな想いがあふれ出してきた。
アロマ姉さんと話していると、
自分自身、初めてその時に気づく感情も珍しくない。

昨日もそんな連続だった。

ガンガン育ってくる若い子たちを「素晴らしい!!」
と感心する反面。
自分の居場所がなくなっていくようで、焦りを感じる自分がいた。
自分だけが何もしていない。

そして、そんな何もしてない自分が
みんなにはバレバレなんじゃないか・・・

そんな不安がいつもあったように思う。
自信のない自分。
それにさえ・・・なぜか気づいていなかった。

なんとか自分を認めてもらおうと、必死になっていた。

いつだって仲間たちは、私を認めてくれている。
みんな・・・充分認めてくれているのにね。

あり地獄にはまると、何も見えなくなるようです。
ただ、ひたすら吠え続ける。

「私はここにいるの」

そして、アロマ姉さんに聞かれました。



「あなたの役割は何ですか?」



答える事が出来なかった。私の役割。


ずっと思っていたはずだった想い。
「絶対、みんなで成功したい。」
ひとりも取りこぼさない。みんなで成功したい。

だから、誰かが迷った時・不安になった時・ブレてしまった時
「大丈夫だよ」って言ってあげられる自分でいたかった。
しっかり支えてあげられる自分でいたかった。
みんなの想いを、聴いてあげられる自分でいたかった。

それが自分の役割だと思っていた。
役割にしたかったんだよね。

こんなに自分がブレてる場合じゃなかった。
こんなに自信をなくしてる場合じゃなかった。

でも、ありがたいね。
やっぱり仲間がひっぱってくれる。
「大丈夫だよ」って言ってくれる。

だからこそ、「みんなで成功したい。」

若い子たちを育てながら、しっかり自分も育ててもらおう。
素敵な仲間たちがいる。
本当に幸せなことだと思う。

こんな私だけど、こんな私のままでい続けよう。
雨にも風にも負けなかった桜のように・・・・。



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



自分の居場所が無くなる恐さ 

今日は曇り空の南房総
おはようございますアロマ姉さんです。

アロマを受けている間、愛犬が車の中で待ってくれているというお客様も少なくないこのごろです。
昨日は、お帰りの際に、愛犬のクラちゃんに会わせていただきました。

車から降りたクラちゃんは、沢山の香り庵スタッフ一人ひとりに飛びついて、甘えてご挨拶
あまりの可愛さに1枚激写

kurasan.jpg


四月も始まり、新入社員が入ってきたり、
自分の事だけで精一杯だったのに、いつの間にか後輩ができたり

戸惑う事も多い季節でしょうか?


何とか職場の役に立ちたいと、がむしゃらに働く日々に追われ、

ハッと気がついたら、後から入ってきた若者達の成長振りに驚き、
自分の居場所がなくなってしまうのではないか
という恐さに戸惑う事はありませんか?

無我無中でこなしてきた仕事を、一つづつ後輩に譲り

意外にそつなくこなしてしまう、
いや、自分以上の仕事をサラッとしてしまう若者の姿にドキッとし、

一体、自分は何をやっているのだろと
忙しさの中で忘れたふりをしていた”自信の無さ”を思い出し

もしかしたら、自分は忙しいふりをしているだけで、
何もしていないのではないかという不安に襲われ

自分の居場所がなくなってゆくようで、


自分だけがダメになって行くようで.....


だからこそ、”私はここにいる”という確信がほしかった。

大きな声で話し、後輩に指示をし、意見をし、
自分という存在を確認したかった。


それは、恐かったからでは、ありませんか?


毎日、毎日、目の当たりにする若者達の成長ぶりと輝きが。




「”小さなチームだけれど、彼女達をまとめる役割になってほしい”

こうお願いした役割はかなえられていますか?」

中堅どころのこのスタッフに、改めてこう答いかけてみると、
彼女は迷う事無くこう答えました。

「はい、とてもうまくいっています。チームはすごくいい雰囲気で何の問題もありません


「それは、あなたの一人よがりなのではありませんか?
一方的に自分の考えを押し付けて、反論してこない後輩達に対して
気分良くなっているのは、あなた自身なのではありませんか?

私は、あなたが一方的に話し、黙って頷いているスタッフ達の姿を目にする度に
心配していました。


それで、あなたの中に本当の満足感や達成感は生まれてくるのですか?

あなたの、本当の役割は、何ですか?何だと思いますか?」


しばらく考え込んでいた彼女が、こう言葉にした。

「最初、このチームの頭に立ってほしいと言われたときに、
こう思った事を、思い出しました。

”みんなが不安になった時に、大丈夫だよと言ってあげられる役割でありたい”と...


それなのに、どんどん輝きだす後輩達を目の当たりにしたとき、

どんどん自分への自信がなくなり、

自分の存在価値が無いようで恐くなっていったのかもしれない」



後から続く、後輩達、若者達の素直さと輝きは、誰が見てもすごいよね。


それが、まさしくあなたの仕事の成果なのではありませんか?


彼女達を、まっすぐに大きく輝かせたのは自分であると胸を張ったらいい。

もっともっと、彼女達を自慢したらいい。

「どうだ~~」と、親ばかになったらいい。

自分たちは、いつまでも若くは無い。
最前列で輝ける役割は、瞬きをする間に交代してゆく。

その現実を、両目を開いてしっかりと認めてほしい。

しっかりと味わってほしい。

仕事を、役割を手放す勇気と、

その事によってできた隙間に、新しい観を引き寄せる力が自分にはあることを信じてほしい。


流れてゆく勇気、変わってゆく勇気、年をとってゆく勇気、

自分には力があることを、思い出す勇気


本当の自分の役割。


もっと、もっと自慢したらいい、


仲間たちを、そして自分自身を




お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif








自分をあきらめたくない 

こんばんはアロマ姉さんです。

香り庵では、思い出したように不定期に、スタッフ一人一人と面接をします。

「今日、時間ある?」と仕事中の一人のスタッフに電話をすると、

「私は忙しいんです」というニオイをぷんぷん含ませながら

「大丈夫ですよぅ、めんせつですかぁ?」と聞かれた。

め・ん・せ・つ

おお、なつかしい言葉だと思いながら、香り庵へ向かった。


このスタッフは入社4年目。

3年前に「今度は美容関係の仕事についてみたかった」とオドオドしながら現れ

「私には何も無い...私にも、胸をはれる何かがほしかった」と面接中に号泣し、
泣きっぷりが気に入られて、採用決定。

実はこの時、「こんな怖そうな人の下では働きたくない!何とか不採用だと言ってくれないものか」
と心の中で願い続けていたと、彼女が聞かせてくれたのはずっと後になってからの事。

働き始めて3年が過ぎた彼女に、今日の面接ではこう問いかけてみた。


「今、何か困っている事、話したいこと、聞いてほしい事はありませんか?」


しばらく考えていた彼女は、なぜか自分の学生時代を思い出したようだった。

「学生時代の事は、思い出さえも残っていないんです。

楽しかったとか、これをやったという大きな思いでが一つも残っていない。

それは、何も行動を起こしてこなかったから。

今は、選ぶ勇気がほしい。
自分の直感を信じて、自信を持って、自分の本当にやりたい事を、

行動を起こす事を選択できる自分になりたい。


自分をあきらめたくないんです。

もっともっと成長したい。いろいろな事をやりたい、やり遂げてみたい」


「その願いを、どうやって仕事の中で叶えてくれるのですか?」と、問いかけてみました。



「聞き上手になりたい。

聞き上手だと、もっと仕事がしやすくなるから。

お客様に対して心を開ける自分になりたい、心を開いていただける自分になりたい。

お客様と、そんな関係になりたい。そんなお店になりたい、

そんなお店を作る事で、自分の成長したいという夢を叶えたい、やり遂げてみたい」



思い出さえも、残っていない、自分をあきらめていた学生時代。


もう、そんな自分に戻りたくない。


こんな若いスタッフ達が、新しいお店では

小・中学生に向けた”こころ塾”を開きます。
(もちろん、学校に出前授業もいたします♪)


その姿を見る事が、私の夢の一つです。
(本人たちは、知らない


「思い出さえも、残っていない...」

こんな言葉を、後に続く子供達に、若者達に言わせたりはしない。


どうぞ、迷っている子供達、自信の持てない子供達

集まってください。


きっと、あなた達を輝かせてみせるから

この前まで、泣き虫すね子だった姉さん達が、ね


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

夢をかなえるゾウ 

hana.jpg


「自分の”これや!”って思える仕事見つけるまで、
もう他のもんかなぐり捨ててでも、探し続けなあかんねん。

収入とか不安定とか、恋人や親が反対するとか、
そんな悠長なこと言ってる場合ちゃうで。

仕事間違えたら、それこそ一生棒に振ることになるんやで」



「ええか?成功したいて心から思とるやつはな。
なんでもやってみんねん。

少しでも可能性があることやったら何でも実行してみんねん。

つまりやな”バカバカしい”とか”意味が無い”とか言うて
やらずじまいなやつらは、結局そこまでして成功したくないっ
ちゅうことやねん」




この本、面白いですよ!


そう言ってスタッフが貸してくれた一冊の本「夢をかなえるゾウ
早く返さなければならないと思いながら

思い出したようにパラパラとページをめくり飛ばし飛ばし
読み進んだ。

どこにも自分が実感してきた事が書かれていた。

それでも、本当に自分はこれでいいのか?
独りよがりなのではないのか?

周りを勝手に振り回しているだけなのではないか?


フッとよぎる自分の中の不安に、この本が答えをくれた。

肩のあたりが、春の風のように軽くなった。


新しいお店に植える花をいつものようにショッピングセンターに
眺めに行った夕暮れ、ふっと1本の木が目に飛び込んできた。

かわいいピンクの花を付けたその木にはこんな名札がかかっていた。

”クラブアップル”

いったん、通り過ぎてからまたその木の前に戻り、
また通り過ぎて、別の買い物をしてまた戻り、

それでも気になってその木を横から、後ろから、斜めから眺めてみた。

名前だけでやっぱり決めてしまった。


クラブアップル


あなたが、新しい香り庵のシンボルツリーになるんだよ。

さあ、行こう、私達と一緒に


背の高いその木を握り締め、レジを通り、乗用車に押し込んで帰ってきた。


ずいぶん乱暴なやつのところへ行くのだなぁと、
クラブアップルは思ったことだろう。

あなたに会いに、これから沢山のクラブアップルたちがやってくるはず。


よろしくね、香り庵のクラブアップル。

私達と一緒に、夢をかなえよう

......................................................................................................


クラブアップル(フラワーエッセンス)が効果を発揮するタイプ>

・自分は不潔で汚染されているように感じる
・自己嫌悪
・細かい事にこだわって身動きが取れない


<期待できる変化>

・寛大になり、小さなことで平静さを失ったりしなくなる
・適切なものの見方ができるようになる
・全体を把握する感覚が生まれる
・未解決の問題がある事に気づき、それらを変えてゆく


......................................................................................................


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



聞いていてもらいたかったのに… 

こんばんは、なないろです。


春は、TV番組が入れ替わる時期で最近どこも特別番組をやっていますね
気が付くとどうでもいいような番組までだらだらと見ていたりして後で自己嫌悪。
見ないのが一番なんですが家族が見ていると違うことしていても音がきになってしまう。
 

先日、とあるドラマのスペシャルを見ていた次男が ”いいこと聞いた”ってなかんじで、
隣の部屋にいた私のところに教えにやってきました。

私も、たまたまTVの中の会話を聞いていて ”それがきっと大事なんだよね~”と納得してたところで、
今の場面のとこちゃんと聞いているといいな~と思ってたところでした。
 

 
すると次男は、お母さんは仕事で一生懸命やっても空回りする事ってある?と聞いてきた(キタキタ
あったかもしれないな~ (とぼけながら…)で、そんな時はどうしたらいいんだって?と聞き返すと
自信満々にTVの中での主役(違ったかな?)のセリフをそのままに


今、自分が出来ることを一つ一つやっていけばいいんだよ!


おお~!ちゃんと聞いてしっかり理解していたようだ!すごいぞ~!
お母さんはなんだか嬉しいよ♪

で、他の二人も聞いていたのだろうか?聞いていて欲しいなとリビングを覗くと
長男はいなかった自分の部屋でPC中らしい・・・ 
旦那はかろうじてそこにいたもののヨコになって目を閉じている(あぁ~寝てる~

ったく、聞いていてもらいたかった人物には残念ながら届いていなかったらしい。

はぁ~ だめだこりゃ~と、おもわず、いかりや長介の気分になってしまった。
 

肝心の二人には無理だったけれど
でも、ドラマも誰かのなにかの気づきになるんだなぁ~


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif


オーガニック コーヒー 

今朝はオーガニックコーヒーと有機小麦粉のパンケーキ

昼は、ゴマドレッシングサラダ&ノンカフェインコーヒー
を試してみました。

cafe.jpg


ハーブティとパンケーキを出したいというのが
なんとなく膨らんでいた構想だったので、
さまざまな有機農法で作られた粉を取り寄せて、
毎朝、パンケーキを焼き続けてもう2ヶ月近くになります。

”毎日、繰り返し日常の中で食べ続けたいと思える”
これが私の中での一つのキーワードでもありました。

明日はパンケーキの写真を思い切ってとりませう。
(思い切ってがミソ!)


それより、今日はオーガニックコーヒーの話。

私はコーヒー大好きですが、「病気にならない生き方」
などの書籍にも、コーヒーはよろしくないと書かれていたように思い、
毎朝のブレンドコーヒーをハーブティに変えてから数年たちます。

もちろん、外食の時は迷わずコーヒー党です。

オーガニックのハーブティをアロマ後のお客様にお出ししてもう15年
飲みなれないお客様達が「まずい!」とおっしゃっても迷うことはありませんでした。

でも、カフェをやるなら、コーヒー好きの方たちを無視する事は出来ません。

カムーにお邪魔するようになるまで、コーヒーに”オーガニック”
などという分類があることすら、知りませんでした。

昨日はカムーの店長から、二種類のコーヒーを頂きました。

赤道近くの森の中で、他の植物達と共存させる伝統的な農法で
穏やかに育てられたオーガニックコーヒーと、

妊娠・授乳中のママや、夜眠れない方にむけた、
デカフェ(薬品を使わすカフェインを抜いたコーヒー)です。

朝と、昼にそれぞれ試してみました。


自然のものにはパワーがある。それはアロマやバッチで実感していましたが、
食品となると、そこに”おいしさ”が加わるのだと気がつきました。

薬品や農薬が加えられていない。

思いの熱い人たちの手を通して、消費者に届けられる食材には
”おいしさ”と”やさしさ”があるのだと感じました。


カムーで出会ってから、毎日、毎日、お弁当にもって行き続けたゴマのドレッシング、
(これもあきないなぁ...)

庭で取れた葉っぱに、ゴマドレッシングを添えて
一人、オーガニックランチで満腹です。
(実は、残り物で、非オーガニックなカツどんも作りました)

いい素材があれば、頑張らなくってもいいんだ!

そんな気づきが、今やってきています。
(それは、人も、ね)


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



オーガニック講座 

こんばんはアロマ姉さんです。

今日は、松戸のオーガニックレストランCAMOO(カムー)のイケメン店長が
香り庵までオーガニック出前講座にお越しくださいました。

camoo.jpg


そもそも、飲食店素人の私達が”オーガニック”などという恐れ多い名前をつけていいものなのか
「やりたいけれど、自信が無いよ~」という私達の言葉に、3時間もかけて吹っ飛んできてくれたのです。

「オーガニック?そんなの一時のはやり物で終わるんじゃないの?」
といわれた5年前に調味料から食材、コーヒー、ビールにまでオーガニックにこだわったレストランを開き、
見事に成功させている若き店長です。

彼の講座は、「農家が一番上にある」という話から始まりました。

そういえば、数年前、無農薬農法を実践し続けている三芳村で受けた講座の中で、
どこの国だったか忘れましたが、お医者様よりも尊敬され尊ばれている職業は、
毎日の食を通して人の命を握る農業という職業者だというドキュメンタリーの映像を
見せてもらった事を思い出しました。

そして「地産地消(ちさんちしょう)
地域で消費者に必要とされるものを生産し、地域で生産された農産物を、
その地域で消費しようという取り組みの事だそうです。

彼か熱く語ってくれた事は、全てお客様が教えてくれた事だそうです。
そして、思いを同じくする業者さんとのつながりの大切さ。

オーガニックなお店に集まってくるお客様達も、業者さんも、
自然に対する直観力を大切にしている人たちだそうです。

全ては信頼関係で成り立つのが、オーガニックの定義。


どこまでやればオーガニックを名乗っても良いのか?

どこからがオーガニックなのかと繰り返し不安がる私達に店長がくれた答えは
これでした。

お客様を裏切らない。
「この店のものだから、この店の人達が言うのだから...」

お客様たちはあなたを、店を信頼してくるのだから、
100%完全である必要は無いけれども、お客様の信頼を裏切らない正直な商売。

信頼関係で成り立つのが、オーガニックの定義。

オーガニックも、信頼関係も、この時代だからこそ、難しい。

だから、誰かがやらなければならない。


有機栽培(オーガニック)にかかわる仕事は、


知れば知るほど良い事ばかり。

みんな、オーガニックレストランに集まってくる人たちが教えてくれる。

知れば知るほど、ステキな事ばかり。




オーガニックだなんて、看板に掲げるには自信がなさ過ぎる。

そう思っていた私たちだったけれど、

「知れば知るほど、ステキな事ばかり、やればやるほど素晴らしい仕事」

こう言って目を輝かせた、店長の言葉に迷いは吹っ切れた。

完璧でなくっても、やったるで~!!!

その、知れば知るほど素敵な事を、見てやろうじゃないの。

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。