スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの大バトル 

こんにちは、るみネエです。

今日は朝から、久しぶりの大バトル!!
私の怒りは最高潮で、涙が出そうなくらい腹が立ちました。

4月から高校に進学したお兄。
私が毎朝、出勤前に高校まで送り届け、帰りもお兄が部活が終わるのを待って連れて帰ります。

電車が通ってないので、バス通学はバス代が高い!!
かおり庵と、お兄の高校は同市内なので私が送迎をしてるんですが・・・

彼はとにかく・・・朝が起きられない。
何度も何度も起こして、ようやく部屋から出てくる。

私が遅刻しないで済む、タイムリミットを彼には伝えてあるのですが・・・
今日はその時間を過ぎていた。

私の怒りは納まらず、文句を言いながらハンドルを握る。
「自分でもどうしたら起きられるのか、わからない」と言う彼。

「ぶったるんでるからだよ!!」

私の口調が荒いせいでしょう・・・・
どんどん、彼の口調も荒くなります。

そうなると、売り言葉に買い言葉。

「明日から起こさないから自分で起きなよ!
 お母さんの出勤時間に間に合わなかったら、自分の小遣いでバスに乗りなね」

「いいよ、そしたら学校休むから」

「好きにすればいいでしょ!!」

あーでもない、こうでもないと散々言い合った挙句
怒りが納まらない私は、こんな自分勝手な奴の為に私が遅刻なんてありえない!と思い

「スタンドの前で降りて」(高校まで徒歩5・6分です)
「やだ」
「降ろす」

着いたのに、すぐ降りないお兄に「さっさと降りて!」
「靴履いてんだよ」と怒鳴り返しながら車を降りるお兄に

「ここで降ろすって言ってあったんだから、
 着く前に靴くらい履いて待ってんのが当たり前でしょ!!」

・・・まだ怒鳴り飛ばす私。



あ~~、何がこんなに私の怒りボタンに触れたのか・・・・

朝起きられないのはいつもの事。

「忙しいし、イライラするから何とかしてほしい」とは言ってあった。
でも、どうにもならない事を私自身が許してきたくせに・・・

家から高校まで(正確にはスタンドまで)の20分間。
怒鳴り合い続けて・・・・

会社に着くとすぐに、ファイブフラワーのシュガーグラニュールを舐めた。
それでも気持ちが納まらず、ビーチやらウィローやらを飲んだ。

掃除機かけながら、黙々とお兄の事を考えてた。


彼はどうやって、気持ちの整理をしてるんだろう。
授業に集中なんか出来ないだろうな。


帰りは・・・どうするんだろう。
いつもみたいに、何事もなかったように「終わったから迎えに来て」ってメールが来るのかな。
自分でバスで帰るのかな・・・・。

前のお兄なら、自分でバスで帰るだろうな。

でも、今のお兄なら・・・きっとメールをよこすだろう。

そう思いながら・・・ 笑ってやって下さい。
”バスで帰ったら・・・”と思うと、とっても寂しい馬鹿な親です。

Image0481.jpg

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif
スポンサーサイト

宇宙より広いぞ!! 

家に帰ってテレビをつけると・・・
とにかく、新型インフルエンザのニュースが流れている。

高校の長男と、小6の次男は・・・

「千葉県で出たら、学校休みだな♪こないかな」
「でも、休みでも外に出ちゃいけないんだよ!
 ずっと家にいるなんてありえね~」
「そんなのが休みにカウントされちゃ、もったいない」
「夏休みとかに、その分学校行くなんてやだよな」
「やっぱり、こない方がいいな」

こんな感じで、夕飯の時に盛り上がってました。

そんな話は関係ない感じで、ご飯を食べまくるケンケン。
今日の保育園の話を私に振ってきます。

Image162.jpg


その数日後・・・・


その日もテレビでは、新型インフルエンザの話題が流れていました。

「お母さん、みんなで死んじゃえば怖くないよね。」

いきなりのケンケン発言に、ちょっとびっくり。

本人曰く・・・
「だって、みんなで一緒に死んじゃえば心配する人がいないじゃん。」だそうです。

インフルエンザで死んでしまうと思っている訳でなく
でも、「死」を連想させたようです。

別の日にはお父さんに
「ケンケンは飛行機は嫌いなんだ・・
 落ちたら死んじゃうから。
 でも、みんなで落ちて死んじゃうんだったらいいや」

そんな事をいったらしい。

去年の夏、家族ぐるみでお付き合いをしてる人が亡くなった。
ケンケンもとても可愛がって頂いて
本当に仲良く遊んでたので、ケンケンにも衝撃だったんだろうな。

それ以来、「死んでしまう」事に対して口にすることが多くなった気がする。
でも、ケンケンは言う。

「お母さん、こずえちゃんと遊んで楽しかった事をいっぱい思い出そうね。」


子供の頭の中は宇宙より広いかもしれない・・・。

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

役員が回ってきました。 

こんにちは、るみネエです。

タイトルの「役員が回ってきてしまいました」は
私の事ではありません。

この1ヶ月、フラワーカウンセリングの中で何度も聞いたセリフです。

幼・小・中・・のPTA役員だったり
地区の役員だったり・・・・

3月・4月は、新しい役員さんを決める時期でしたよね。


なんとか、役員にならずに済めば・・・と思っていても
いろんな絡みで回ってくる。

そうそう、断るわけにもいかない・・・。

少子化になって、余計に役員から逃げられなくなった!なんて話も聞きます。


ソツなくこなしてしまう人もいれば、
役員に決まったその日から、夜も眠れなくなってしまった人もいます。


今日、カウンセリングをさせて頂いたママさんも
「夜も眠れなくなってしまった」タイプの人でした。

前回初めて、フラワーボトルのご注文を頂きカウンセリング。
今回は、6回コースに切り替えてのご注文でした。

「1本飲まれて、いかがでしたか?」そう問いかけると

「前回お話を聞いて頂いて、それだけで少し気持ちが楽になって・・・
 商品が届いて、飲み始めて、また気持ちが楽になったんです。」


もちろん、たった1本で彼女が「ソツなくこなす人」に変わった訳ではありません。
でも、自分がどうしたらいいのかを、一生懸命考えていました。

前回は
人前で大きな声で話せない・・・だから不安・恐怖・悲しい・恥ずかしい

今回は
人前で大きな声で話せない・・・自分が話せないことを相手に伝えて、
               誰かに代わってもらう方法もある。


大きな変化でしょう。

代わってもらえるか、どうか・・もちろんわからないけど、
ただ不安だった前回から、解決策を考えがえて前を向いてる彼女が素晴らしいと思った。


自分の意見をきちんと伝えられる人になりたい。

そう言った彼女の未来は、そんな人になってるだろうな・・・と嬉しくなります。
6回コースが終わった頃、嫌・・もしかしたら、もっと時間はかかるかもしれないけど
そんな素敵な彼女に、必ず会えるって確信してます。


役員が回ってきて、同じように途方にくれてる人が
他にもいっぱいいるだろうな。


大丈夫、大丈夫。
一緒にがんばってみませんか?


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

苦手な場所 

こんにちは、るみネエです。

先日はお休み頂いて、次男まーくん(小6)の野球観戦に行って来ました。
すっごい楽しくて、大盛り上がりで帰ってきたんですが・・・

実は、私にとって「苦手な場所」だったんです。

まーくんが野球を始めたのは、5年生になってからでした。
遅いスタート・・・同じ学年の仲間も何人か始めたのですが
一緒に始めた仲間は、母親が家を出てしまった子ばかり。

つまり、野球観戦も送り迎えもお父さんが出てくるんですよ。

それが何を意味するかというと・・・

前から野球をやってる子達の出来上がってるお母さん仲間の中に、
自分だけで入って行かなくてはいけない。

何を馬鹿げた事を・・と思いますか?
わかる、わかる・・と頷いて頂けますか?


私にとって、それはとても面倒なことだったんですよ。

まったく知らない人たちではない。
でも、子供の学年も違うしほとんど絡みはない。・・・その中に入って行くのは億劫だった。
なぜか、苦手なタイプの人たちに思えた。
自分のことも、いい風には思われていないような気もして、自信もなかったんです。

仕事もあるし、そんなに野球にかかれない。
そんな私を「仕事してるからってね~」そう言われてる気もして・・・

逃げれば逃げるほど
どんどん苦手な場所になっていったんですよ。


本当は休みを取れる日でも、休み希望を出さなかった。

「仕事が忙しいから」それが言い訳だと言う意識すら、その頃はなかった気がする。
ただ、なんとなく・・・無理をしてまで、忙しい土日に休みをもらう気にはならなかった。

今ははっきりわかりますよ。
苦手だから、行きたくないから休みをもらわなかったんです。


それが今年、6年になって役が回ってきた。
会計さん・・・会計さんは試合の時、監督やコーチのお弁当の手配をする。
毎回、誰かに頼むわけにはいかないから・・・


もう逃げられない。休み入れるしかない。
かおり庵の仲間たちは、もちろん快く休みを入れてくれる。


多く自分がその場所に行くようになって、少しづつ苦手な場所ではなくなって行った。
始めは確かに・・・仲間で話してる輪に、入って行くのは勇気がなかったり。
自分がどう思われてるのか、気になったり・・・・


でも、フラワーエッセンス飲みながら
必要以上に、うまくやろうとする自分をやめようと思った。
今で、積極的に参加して来なかった自分を、正当化するのもやめようと思った。

「自分のままでいよう」そう心がけた時・・・

そこにいることが苦しくなくなってきたんですよ。
自分のままでいるのは、実は楽チンは事でした。

そうしたら、思っていた以上にみんなは普通だった。
普通に話をして、普通に笑いあって・・・

今も、試合の度に全部休みを取れる訳ではない。
それでも、快くお弁当手配の代役を引き受けてもらえたり・・
行けなかった試合の、まーくんの様子を聞かせてくれたり。

苦手だった場所は、いつの間にか楽しい場所に変わっていた。

役が回ってきてよかった・・・


そのおかげで、苦手な場所のまま終わりにしないで済んだから。



苦手な場所・・・みんなあるよね。

でも大丈夫。ちょっとの勇気で楽しい場所に変えられるから♪


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

マタニティ塾&フルートコンサート 

おはようございますアロマ姉さんです。
今日の館山は曇り空です。

昨日は大賀のお店ではマタニティ塾が開かれました。

2009-5-11-3.jpg

マタニティ塾は二回シリーズで、一回目は妊婦さんのためのマッサージオイルをブレンドし
足のマッサージをしてみました。

お腹が大きくなり、なかなか足まで手がとどきにくくなったというママ、
でも上のお姉ちゃんが一生懸命、大きなママのお腹にオイルを塗ってくれたそうです。

2009-5-11-2.jpg

今日のティータイムは、新作の「ブラウニー」をママとお腹の赤ちゃんに食べていただきました。

2009-5-11-c.jpg

おいしかったかなぁ?

そして、その後は小さな小さなコンサートです!

2009-5-11.jpg

今回のマタニティママのお一人が、フルート奏者だそうでお願いして演奏して頂く事になりました。
参加者のママ達とスタッフだけではもったいないので

ちょうどタイミングよく来店されたお客様たちは、みんなどうぞ!どうぞ!と
引っ張りこんでしまいました。(皆さんも、いらっしゃればよかったですねぇ~

私達のリクエストに答えて、演奏してくださった曲は、

七つの子
キヨシのズンドコ節

アイ・ラブユー
夜空のムコウ
世界で一つだけの花
などなど....

楽しい時間をありがとうございました

お腹の赤ちゃん達、こんな楽しい私達の元へ、安心しておいで♪



マタニティ塾は1回\2,000(材料費込み)の楽しい時間になります。
どうぞ気軽にお問合せ下さい。

産院でのマタニティ塾やベビーマッサージ塾も出張させて頂きますので
気軽にお声を掛けてください。0470-23-1551(アロマステーション・かおり庵)


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

仲良しのお薬を買いに 

こんにちはアロマ姉さんです。

皆さん、ゴールデンウイークは楽しくお過ごしでしょうか?

かおり庵のお店には、ネットのお客様が旅行がてら立ち寄って下さったりしますが、

日帰りドライブのお客様が多いのも、今年のゴールデンウイークの特徴でしょうか?

2009-5-3-ryu-yuricyan.jpg

昨日は鴨川シーワールドホテルに泊まり、ペンション菜の花に泊まり
帰りのコースでかおり庵に立ち寄ってくれた、りゅうちゃんとゆりちゃんがお客様でした。


パパとママはまだ二人が生まれて来る前に、ホテル・オーパヴィラージュで
アロマを受けてから、ずっとかおり庵のお客様でいてくれたそうです。

「仲良しのお薬」そういって、りゅうちゃんはチルドレンズバランスを飲んでいますと
聞かせてくれたママ。


へ~、りゅうちゃん、誰と誰が仲良しになるためのお薬?
パパとママ?と聞いてみましたが、りゅうちゃんは目をまんまるくして考え込んでしまいました。


今年の春から幼稚園に行き始めたというりゅうちゃん。


幼稚園は楽しいですか?と聞くと

「たのしいよね!」とママが即答!

まるで、わが子を脅迫するような、楽しいと思い込ませようとするかのような、
息子に向かった言いっぷりに、私はあれあれと思いました。

「りゅうちゃん、そんな事無いよね。

幼稚園は、切ないことも、やり切れない事も、納得できないこともあるよね。
人生は、そういうもんだよね。

りゅうちゃん、お兄さんになったらバイクでかおり庵に来るんだよ、
そして、やりきれない事、切ないことを話しにおいで、一人でね」

この話を、やっぱり目を真ん丸くして聞きながら、りゅうちゃんはこうママに聞きました。

「ねぇ、ママ、なんでバイクで来るの?車じゃいけないの?」

2009-5-4-1.jpg

だめ、だめ!バイクでバリバリ騒音を撒き散らしながらくるようでなくっちゃだめだよ。

まだ、車の免許を取る前にね

かわいい彼女を私達に見せに、りゅうちゃんがやってくる日を楽しみにしてまっせ~



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。