スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いしいさん家 

南房総は曇り空おはようございます、アロマ姉さんです

昨日、千葉市花見川区の宅老所「いしいさん家」に行ってきました

ishiisan6.jpg

宅老所という、聞いたこともないものの存在を知ってからまだ一年もたっていない私が
そんな素敵なものがあるのなら、それをやってみたいと思った。

いつも拝見するブログの写真には、お年寄りと一緒に小さな子供達がいた。
本当にそんな事が実現可能なのか、
その様子をこの目で感じて見たいと思った。

住宅街の一軒家を借りたいしいさん家は、様々な年齢の沢山の人が自由にそこにいた。

ただ、ふわ~っと、お年よりは座っていた。
一生懸命、歩き続ける人もいた。
庭の植物を抜き続ける人もいた。


後から、必死について周っている人もいた。

ここが一番くつろげる空間なのだろうなぁと人に感じさせるように、
穏やかな表情で犬を抱いて、ワゴン車の座席に座り続ける人もいた。

ちょうど隣のお家が空いたので、借りましたという
「お泊りの家」も見せてもらった。

急勾配の階段、窓を開けると隣のお家の屋根と重なりそうに建っている一軒屋。

「この階段で、お年寄りが落ち何のですか?」

「まったく、落ちません。皆さん命に関わる事はわかっているので
お尻を着きながら、ずるずるとじょうずに降りてきますよ」

「この窓から、飛び降りてしまわないのですか?」

「飛びおりないですねぇ。死にたい死にたいと毎日叫んでいても、
飛び降りないですよ。でも、外に向かって叫んだり、屋根からモノをばらまかれて
あわててご近所に謝りにいったりしましたけれどね。まったく、飛び降りないですよ」

毎晩、深夜に家に帰るんだと活動を始めるお泊りのお年寄りを
「もう夜も遅いですから、朝になったら帰りましょう」と引き止めるために
玄関に布団を敷いてねむるという職員。

鍵を閉めない、お年寄りの嫌がる事をしない
普通に、共にいる。

もしかしたなら、これらは家庭でも出来なくなってしまった
当たり前の事なのかもしれない。


みんな、みんな、本当はもっと親を、じーちゃん、ばーちゃんを
幸せにしたいと願っているのに...

ishiisan1.jpg

よく外人と間違われるという、ラガーマンのオーナー石井さんと
石井さんちの家族になって命拾いをしたリボンちゃん。

見学なら午前中にきてくださいと言われ、何人でいらっしゃるのですかと聞かれた前日の電話。

忙しい中、じっくりと初対面の私と向き合ってくださり
お昼を用意したから食べて行けと言う。

「いえ、とんでもない!結構です」と、何度も辞退したのに
もう用意してしまって、あまると困るから皆と一緒に食べていってほしいと。

ああ、そっか、これなんだ。
来る人はだれも拒まない。飯を食って行け、風呂に入って行け、
まるで一昔前に、日常茶飯時に周りで目の当たりにしていた光景。

そうか、これが人の心を和ます良薬になるんだ。目には決して見ることの出来ない薬。


ishiisan2.jpg




かおり庵では秋に向けて宅老所開設準備に入っています。
生活相談員さんの資格を持った人が見つかり次第ゴーです。

介護や看護の仕事経験のある方、子供を連れて働きに来たい方、
ボランティアで参加したい方、普通の食事つくりの応援をして下さる方、

皆さんとの出会いを待っていますどうぞ、手を上げてください



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif
スポンサーサイト

宮崎 大輔さんが来店されました♪ 

biwa.jpg

こんにちは、るみネエです。
かおり庵でから見えるのは、ハーブばかりではありません。
こんな「びわ」も見えちゃいます。

美味しそうな天然びわ
実は、裏の海員学校のびわなので、どんなに手が届いても採ってはいけません。
じっと我慢して、見つめております。

そんなびわを見ながら、本日カフェして頂いたのが・・・・


なんと、なんとハンドボール選手の宮崎大輔さんです。

テレビで見るまんま
がっちり逞しそうな・・・・スポーツ選手って感じの人でした。

かおり庵のオリジナルハーブティ ”スタンドアップ”を
アイスで飲んで行かれました。

私ったら、顔はわかったけど名前も思い出せなくて・・・
浜ちゃんの番組によく出てるのは、頭に浮かんでるのに番組の名前も出てこない。

失礼にも「サッカーの・・」とか言っちゃって
ホント失礼な奴ですよね。

年をとると、どうも名前とか出てこなんだよね~~~

そんな失礼な私は、ずうずうしく写真もお願いして・・・・
「サッカー・・」とか言われたにも関わらず、
快く、一緒に写真を撮らせて下さいました。

miyazaki.jpg


あ~~なんていい人なんだろう

宮崎 大輔さんは、とってもいい人に違いない
今日からしっかり応援しよう。


・・・・今度は浜ちゃんが来ないかな・・・



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

余命一ヶ月 

こんにちは!本日よりブログデビューさせて頂きます。


「香り庵の小結」 こと、ムーミンママと申します。
ようやく春場所を終え、やれやれと一息ついております・・・


昨日の日記で姉さんも映画鑑賞とありましたが
私も今日はお休みを頂き、久々に映画を観てきました。

「余命一ヶ月の花嫁」  ご存知の方も多いかと思います。
ちえさんと言う20代の女性が乳がんに侵されながらも周囲に支えられ
懸命に治療を続ける。
乳房を切除し一度は治ったかに見えたが再発・・・・

癌は骨にまで転移し余命一ヶ月と宣告される。
本人には知らせずに・・・父と彼との約束。

その中でそれぞれが彼女に対し出来る事は何か?と必死になる。
彼は側に居てあげたいと病室から出勤。
父は毎日、何時間もかけて病院を往復。
友人は少しでもおしゃれをとネイルを。

そして・・・彼女の夢である「ウエディンクドレスを着て写真を撮りたい・・・」
その想いを叶えてあげたい!!みんなの心は1つになり更なるサプライズ!

それが結婚式・・・「余命一ヶ月の花嫁」となる。

映画化される前に実際ドキュメントで放映された彼女を見た時、切なくて泣いた。
そして彼女の強さに感動したのをはっきりと覚えている。

ちょうど人生の苦しい時だった・・・


その中で彼女の言った言葉・・・・・・

「明日が来ることは奇跡です・・・
その事を知っているだけで毎日は幸せに満ち溢れています。」

死を意識し、常に綱渡りの彼女にとって一日一日がかけがえのないもの・・・・・


明日が来る事を当たり前に思い、さもなければ過去、現在、未来にボヤき愚痴ばかり。
明日なんて来なければいい!!

そんな生き方を繰り返していた時、ハンマーで頭をカチ割られた気がした。

二度目のドキュメント放映の後、彼女はたくさんの人に愛されながらこの世を旅立った。
たくさんの笑顔と、多くのものを残して・・・・


その後、本が出版され映画化となる。
そして乳がんの早期発見を願い友人達と共に全国へ啓蒙活動のキャラバン隊が走っている。


ちえさんが伝えたかった事、愛し愛されると言う事・・・


生きていく中でどれだけ感じられるのだろう・・・・溢れている幸せに・・・


明日が来る事を奇跡と思って生きてみませんか?

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

ばばのお背中ぺったんこ♪ 

こんばんは、るみネエです。
今日は、最近の我が家のほんまかシーンを紹介します。

我が家のそよばあさん♪大正生まれの働き者です。
若い頃は、海に潜り、畑を這い回り働いてきました。

そんなそよばあさんは、羨ましい事に肩こりを知りませんでした。

肩こり症の私には、にわかに信じらない事ですが
実際に肩を触っても、全然凝ってませんでした。

ところが・・・最近、さすがに年のせいか・・・
畑仕事に根を詰めると、背中が痛いと言ってたりします。

初めは旦那(そよばあさんのせがれですね)に言って、シップ薬を貼ってもらってたようですが
そよばあさんのお肌はデリケート
1時間貼るだけで、真っ赤かにかぶれてしまいます。

それを聞いた私は、そよばあさんに特製あろまっちをプレゼントしました。
シラカバ・ラバンジン・ゆず・・・などなど入れました。

シラカバはシップ薬の主原料。
シップがかぶれるのに、シラカバは大丈夫かなぁ~~
ちょっと不安だったけど、「かぶれたら中身を替えればいいや」と使ってもらいました。

なんと、なんとそよばあさんはあろまっちを大絶賛
痛みは引くし、かぶれないし・・・とっても気に入ってくれました。


私が休みの時は、そよばあさんのお風呂タイムに間に合うので
私がマッサージしながら、背中に塗ってあげます。

小さくて、曲がった背中。
それでも頑張り続けてくれてる背中に、「ありがとう」を言いながら塗ります。
masashi.jpg

私が仕事で、そよばあさんのお風呂タイムに間に合わない時は
まーくん(次男)か旦那が塗ってあげてます。

「それって素敵~~」と感動しながら
塗ってるところが見たくって、先日私がいる時に塗ってもらいました♪

ケンケンの背中まで乱入しましたが
そよばあさんの背中に、あろまっちを塗ってあげるまーくん。

とってもうれしそうに「ありがとうさまよ」と微笑みそよばあさん。


触れ合うって素晴らしいことですよね。
そよばあさんの背中を見ながら、まーくんは何を思うんでしょうね。

なんだかほんわか幸せシーンで、みんなに教えたくなりました♪



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

自分だけじゃなかった・・・ 

こんにちは、るみネエです。

先日の大バトルも、お兄のおかげで仲直りが出来・・・
子供の成長ぶりを感じています

みっともない親子けんかでしたが、ブログやmixiに書いたことで
いろんなコメントをもらえて嬉しかったです。

そして「そうかぁ・・・」と、うなった事がひとつ。

私の話を聞いて(読んで)「ホッとした」と言ってくれた人が何人かいた事。



子供や家族とのバトル。
みっともないくらい逆上して、大声でわめき散らして・・・・

そんなのは「自分だけだ」と思っている人が沢山いるんですよね。
そんな自分が駄目なのはわかってる。

自分のそんな性格が、子供を駄目にしてるんじゃないかと
不安で不安でどうしようもなくなる。

子供が小さい頃は、何度も何度も寝顔に謝った。
「こんなお母さんでごめんね・・・

泣きながら何度謝っても、朝になるとまた怒鳴ってる自分。

自分には母性本能がないんじゃないか。
子育てには向かないんじゃないか。
真剣にそう思って、子供を生んだことすら後悔して自分を責めた。

「自分だけじゃないんだ」
そう思った時に、なんだかホッとして・・・・
そんな駄目な自分も許してあげたくなって、少しだけ前が向けた。


「自分だけじゃない」から正しい訳でもないし、許される訳でもないけど
いっぱいいっぱいで頑張ってる自分には、それが大きな救いだった。

だから・・・・思うんですよね。

「あなただけじゃないですよ。だから大丈夫。
 一緒に悩んで、一緒にもがいて、
 一緒に向き合って、一緒に乗り越えていきましょうよ。」

こんな私みたいな怒ってばかりのお母さんでも、
なんとか自分と向き合いながら、子供と向き合いながら
フラワーエッセンス飲み飲み、ここまで辿りつきました。

不器用だけど、自分の気持ちを伝えたり
相手の気持ちを聞いてあげられたり・・・出来る日がちゃんとあります。
そう、出来ない日もあります。

でも・・家族だから・・・甘えさせてもらいながら
家族みんなで成長しています。

たった3・4年前の我が家とは比べ物にならないくらいに
みんなみんな、成長しました。
それは、フラワーエッセンス飲みながら、必死に向き合って来たからだと
ちょっと、自信を持って言えちゃいます。



今日もかおり庵に一人のママが泣きついて来てくれました。
「子供が保育園で大暴れで・・・・
 いくらいってもきかなくて、私はどうすればよかったんですか?」

そうそう、それでいいんですよ。
どんどん泣きついて来て下さい。どんどん愚痴をこぼして下さい。

そこから先は、一緒に考えましょうよ。
「自分だけじゃない」んですから・・・・

メール、来店、お電話・・・・
お待ちしてますよ~~~


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

人を幸せにする仕事 

kaigo300.jpg
昨日、隣町のデイホームに職場の仲間達と見学に行ってきました。

そこは、かおり庵にとってなが~~い顧客様が紹介してくださった
場所です。

アロマを受けながら、ポツリポツリとそのお客様が聞かせてくださる
介護業界の話

私には全く未知のものでした。
そのお客様も、まさかアロマ屋の私が、介護屋をやるなどと
言い出すとは夢にも思っていなかったでしょう。

でも、スタッフみんなでヘルパーを取りにいくと聞いた時には、
「こりゃぁ~、なんかやらかすな」と思っていたようです。

私は宅老所をやりたいので、だれか生活相談員を紹介してくれないかと、
アロマを受けに来たそのお客様に詰め寄りました。

その方は、ふんふんと話を聞きながら、
「あなたのいっている夢のようなことを実現して、本当に良かったと
思っている人たちが隣町にいますよ。見学に行ったらいいですよ。」
と教えてくれたのです。

かおり庵から車で30分、国道から住宅街を抜けた所に建つ
そこは普通の小さな二階家でした。

大きな施設がつぶれてしまった時、無給でその施設の後始末と、
お年寄り達の受け入れ先を必死で探し周ったとあのお客様から
聞いていた仲間達がこの人たちなのだと気が付きました。

広くは無い二間続きの部屋で、お年寄り達はそれぞれが楽しそうに
自由に好きな事をしていました。

もちろん、職員の人数も利用者さんとほぼ同じくらいの人数なので
お部屋は20人近い人たちで活気にあふれていました。

もっていったアロマオイルで手のひらをマッサージさせていただくと、
「おお~~、すべすべになった!」と90才近い皆さんがニコニコと
手をすり合わせてくださいました。

その後、この事業所の立ち上げはこの人のおかげで成功したんです。
と経営者の方がおっしゃるケアマネージャーさんも、貴重な時間を
取ってくださいました。

「介護業界はどこも人手不足でね、一緒に立ち上げたスタッフ達だって
就職先は引く手あまただったの。それでも給料をすぐには出せるか
わからないこの小さな事業所で、みんなが働くんだといってくれたの。

このケアマネさんもこの世界では引く手あまた、
高給で来て欲しいというところも何件もあったのよ。
それでも、彼はうちの事業所で働くことを選んでくれたの

それはね、彼はこの町にお返しがしたかったから。
自分の働いていた老人施設がつぶれてしまった時、
お年寄りを引き受けてくれた様々な施設に、尽力してくれた
町の人たちにお返しがしたくて、この町に残ってくれたのよ

そしてね、私は頼んだの、私達は何もわからないから、
どうぞ私達を助けてくださいと。ただただ自分達で小さな
デイホームをやりたいと言う夢ばかりで、あとの事は何もわからない
私達を助けて欲しいと...」

そんな、経営者の話を聞きながらそのケアマネさんは
ただ、ニコニコ笑っていました。

そして、ケアマネさんと経営者さんと二人で熱く熱く語ってくれたのです。

この仕事の裏も表も、小さな事も。

なぜ、忙しいこの二人が見ず知らずの私達にこんなに時間を割いて、
正直に教えようとしてくれるのか、その事が申し訳ないと
私は伝えまました。

彼女は、こう答えました。

「いいの、私達だって沢山の人たちに同じように教えてもらい、
助けてもらってきたの、だからいいの、私達だってもらってきたのだから」


なんて、なんて、熱いんだろう。


「私は父が認知症になり、デイホームにお世話になりました。
そして、父は見る見る間に良くなっていったのです。

ああ、人をこれほどまでに幸せにする仕事があるんだ!
だったら、私もそれをやってみたい。私は、そう思ったのです」


自分がもしかしたなら忘れていたかもしれない事を
私は無意識にこの人たちの前で言葉にしていました。


そうだった、私は人を幸せにしたかったんだ。
人を幸せにすることの出来る、この仕事をやりたかったんだ!


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。