スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい酒 

その人の入院は、病院に空きベッドが出た事で急に決まってしまった。
なので、ろくじろうのデーサービスの利用は突然、明日一日を残しておしまいだという。

2009.jpg


私達は、あまりにも突然の事に驚いてしまったが、きっとそれが最良の選択。

明日は普通に見守ろうと、肩を落としながらもスタッフ一人ひとりがそう思った。


朝、迎えに行くと、その人はニコニコと嬉しそうに現れた。

肩を並べて座った軽自動車の後部座席で、一度だけ聞いてみた。

「明日から入院されるのだそうですね?」

その人は、不思議そうな顔をした。

ああ、この決定を忘れてしまっているのだと気がついた。

だったら、このことには触れずに今日を過ごそうと思った。


ゆっくりとお風呂に入り、いつものラベンダーでのアロママッサージ。

お昼の炊き込みご飯、落花生の五目煮。小あじの開き。大根の味噌汁。

甲斐甲斐しく動きながら、腰を伸ばして配膳を手伝ってくれた。

みんな、大好きなものばかりだと全部平らげてくれた。


少し前まで、お米を作っていたというので、田んぼは大変でしょう?と問うと

「大変だけれど、そこには喜びがあるもの」と少女のような顔をした。


天気が良かったので、大好きな海を見にスタッフと二人で散歩に行った。


私は、待っている間にサツマイモをふかした。

みんなで食べたふかし芋は一段と甘かった。


唄をうたうのは、好きではないという彼女の家に
美空ひばりの全曲集がある事を知っていた。

昨日のうちに準備しておいた歌詞カードを出して

みんなで一緒に唄おうと促してみた。


いつもは嫌がるのに、今日はきれいな声で唄った。

そして、涙を流した。

沢山、沢山流れ続ける涙で、彼女は唄う事が出来なくなった。


私達は、別れを知らない利用者さん達に、自分達が泣いている事を悟られないように
涙を飲み込みながら、そ知らぬ顔で唄った。


もう、ここへは戻ってこない事を、彼女の無意識がきっと知っていたのだろう。

何処に、あれほどの涙を隠しもっていたのかと思うほど

彼女の涙は、止まることを知らなかった。



”ひとりぼっちが 好きだよと 言った心の 裏で泣く...”



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif
スポンサーサイト

さぁ、さぁ、食わっしぇ! 

「今日はさぁ、○○さん、帰る帰るって言わなかったんだよ!」

「そうそう、お昼になって、いつ家に帰るって言い出すのかと思っていたら、
みんなに”さぁさぁ、まんまくわっしえぇ(訳:さぁ、皆さんご飯を食べてくださいねぇ)”
なんて言ってたでしょう?まるで自分ちのようにね。」

「そうなんだよ、庭の草取りを終えてお茶にしようねって家に上がってもらうと
○○さんは、”お~い、じぃさんお茶だよ~!”って、他の利用者さんに声掛けてた
まるで我が家のようにね」

今日のミーティングは、こんな話で盛り上がった。


「△△さんは、今日で三日目なのに、今日は良かったねぇ。
安心した顔で一日過ごしてくれたものねぇ」

「そうそう、初日の憮然とした顔、二日目のいい人を誠いっぱいに装った顔。
この場に慣れてくれるまでにはもう少し時間がかかるなぁって心配していたのに

三日目であんなにいい顔でこの仲間達と過ごせるようになるなんて
嬉しいねぇ、夢のようだねぇ」

「△△さんが、私達に気を許してくれたのは、前回モドシテしまった事がきっかけになったね。
何度も迷惑をかけて申し訳ないという△△さんに私達がした、当たり前のことが
きっと△△さんの心を開くきっかけになったんだね。

起こっている事は、全て良しだね」


ろくじろうでの暮らしは、毎日思いもよらないことが起こる。

言葉では通じ合えない人。
数時間前の出来事をまるっきり忘れてしまっている事も珍しくない人。
人に対して、必要以上に構えてしまう人...

そんな人生の大先輩達が「ここは我が家のようだ」と感じてくれるまでには
一体何が仕事をしてくれるのだろうか?

それは、きっと目には見えないもの。

耳には聞こえないもの。

どんな人たちよりも、そんなものを敏感に感じ取ってしまう利用者さんたち。

だからこそ、この病を自分に引き寄せ、自分の命を守る事を選んできた人たち。


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

一緒に向き合いませんか?親の老化、介護 

こんばんは、るみねぇです
ろくじろうでは、私がお休みの日に利用者さんとお買い物&お食事なんぞに
出かけたのです!あれほど、私も行きたいっていってあったのに

2009-12-10.jpg
↑ジャスコとかおり庵へショッピング


ろくじろうで仕事をするようになって
否応なしに、老いとか介護とかを目の当たりにする。
   
実際に、自分の親(お姑さん)が
今年の中頃から体調を崩し・・・・
生き甲斐だった畑仕事も出来なくなり、
入院、通院と予想以上にアッと言う間に介護が必要となった。
      (と言っても、まだまだ元気ですよ)

いつも元気なはずの親が、アッと言う間に衰えた時
その現状について行くのがやっとで
 (もしかしたら、ついて行ってさえいないかも)
そこに向き合うことは、なかなか出来なかった。

なんとなく、現状に流されてたと言うか
振り回されてた・・と言うか。


同じような話を、いくらでも耳にするようになった。


フラワーカウンセリングの内容も
「最近変化してきてる気がするんだよね・・・
 突然やってきた親の介護に、戸惑ってる話がすごく多い」

そう話すのは、実際に現在自分の父が入院中のまどろみ姉さん。

「自分も昔は、まさか30代で親の介護なんて
 想像もしてなかったから・・」


みんな一緒。


自分が30代でも、40代でも・・・
親は、いつまでも元気でいてくれるような気がしてる。
当然、自分の親だって年をとる事はわかっているけど
なぜか・・・根拠もなく、親は元気でいてくれるはず・・と。

それは、願いでもあるんですけどね。

娘の位置、息子の位置にいる自分が
いつまでも元気でいてくれと願っているんです。


でも、現実にはそうはいかない。
病気にもなるし、年もとれば老いは避けられない。

その時に、娘・息子 つまり子供の位置にいる自分は
受け入れられなくて、ジタバタしたり
見てみないふりをしてしまう。



「見てみないふり」と言うと、聞こえが悪いかな。



見てるつもりだけど、見てない・・・かな。

私もそうでした。
見据えているつもりでも、母の老いを見ないようにしていた。
病院に、ただすべてをゆだねようとしていた。


そう・・・そうすれば、なんとなく過ぎて行くんだよ時間が。


嫁の位置、子供の位置で
「少しでも長生きしてくれれば・・・」なんて思ってた。


「本当によくなるのかなぁ」
そんな母の不安にも、応えてあげる事も出来なかった。


自分が年老いた時、病気になった時
一番の不安は何んなんだろう・・・・。


「孤独」なんじゃないかと思う。


「動けなくなったら、施設に入れられるんかな」
ろくじろうで、母がスタッフにそう言ったと聞いた時
正直、そんな事を思っていたのかとびっくりした。


施設がいいとか、悪いとかじゃなく
ひとりぼっちになるようで、きっと不安だったのだろう。


私が子供の位置で、勝手に母の長生きを望んでる間
母は、自分のこの先
病院通いで終わってしまうかもしれない不安に怯え
痛みに怯え・・・
そして、孤独になってしまうことを恐れていた。


「老い」ってそんな不安がいっぱい溢れてるのかもしれない。


勝手に長生きを望むより
母の残りの人生、少しでも笑顔が溢れ
楽しく、安心して生きてもらうことの方が大事なんですよね。


母と話して、痛い治療や検査はしない事に決めた。
通院も出来るだけ、少なくなるように
先生に相談して行くことにした。

「歩けなくなったらあじょうしようか(どうしようか)」

という母に、
「大丈夫、家族がいるじゃん。
 寝たきりになったって、どんなになったって
 みんながいるよ。ちゃんと見るから心配ないよ」


その日、ろくじろうの迎えの車に乗り込んだ母が
開口一番、その話を聞かせたらしい。



向き合ってほしかったんだな・・・自分の老いに。


一番見たくない部分かもしれない。
一番考えたくない部分かもしれない。


でも・・・目を伏せてはいけないよね。


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

福引♪福引♪ 

今年もあと2週間って知ってましたか?
本当に一年が早い、早すぎる。

福引

はずれくじナシ、プレゼントたくさん用意しました!

今日から
大賀店では、お買い上げされた方全員に、
来年の福を引き寄せていただこうと、
福引を準備しました。
中のカードには、
福を引き寄せるヒントのカードが入っています。

久しぶりに大賀店勤務のるみネエ、
大福姉さんが、朝一お試しで引いてました。

大福姉さんは、
「なんだかぴったり過ぎて、朝からショックです~」と言ってましたが、

あ~神様は
ちゃんとその人に必要なものを与えてくれるんだなぁと内心思いました。

私は、あとでこっそり引いてみたのですが、
これまた、ピッタリのものでした!

さぁ、
何がでるかな?何がでるかな?
お楽しみに~!

大賀店での日々のできごと更新中!
こちらも、覗いてみてね!

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

唄声忘年会 

2009-11-4-2.jpg

デイサービス・ろくじろうでは、唄声忘年会が開かれました!

「今年は杖なしでは歩けなくなってしまったから、もう忘年会には行かない」

こんな利用者さんの言葉に「じゃあ、ろくじろうで忘年会をやろうよ!」
と約束したのが数週間前。

その日から「忘年会はいつだっけ?」
「忘年会には、何の料理を作る?」と話が持ちきりです。

あまり外を出歩かなくなってしまった利用者さんが
杖を突きながら友達の畑にひょっこりと顔を出して

「ろくじろうで、忘年会があるんだ」と言いに行ったそうです。


その話を聞いた時は、嬉しかったなぁ...

2009-11-4.jpg

ろくじろうのママ婦長は、白衣で「愛染かつら」を熱唱。

白衣を着たママ婦長に、いつもの利用者さんはこう言いました。

「わら似合うわで、今からでも看護婦になればいいやで」
(訳:あなたその制服、似合うわネェ、今からでも遅くないからナースになったらどう?)

2009-11-4-3.gif

82才~89才の四人娘は、総練習を終えて イエ~イ
年賀状用の写真がこれで取れました。

一人の若い利用者さんが忘年会の挨拶で、大粒の涙を流しながらこんな話をしてくれました。

「私は手術と長い入院生活の終わりに、これからどうしようかと考えていました。
そんな時、病院の先生と、お母さんとお父さんが、ケアマネさんと一緒に
ろくじろうを探してきてくれました。

みなさんのおかげで、私は今ここへ通うことが出来るようになりました。

ここに来る事ができて、私は本当に良かったです...

その話を聞きながらそよさん(83才)が言いました。

「そんなに、なぁせんなぁさぁ。あんだ、唄がかなし~ったんか?おいねぇやで」
(訳:そんなに若い子を泣かせてはいけないよ。愛染かつらに感動して泣いたのですか?泣かせちゃかわいそうだよ)

といいながら、五目寿司をバクバク
(ろくじろうに来るまでは、食が細かったのに...)

また、周りの人に気づかれ無いようにそうっと若い利用者さんをトイレに誘導していると、
それを見かけて「あんだ、しょんべんか?」と大きな声で聞いてきます

みんなが一斉に「し~!」そして大笑い。

「女性にしょんべんかとは失礼でしょ!」

というと「じやぁ~、あんて言うだぁ」と目を丸くします。

「う~ん、おしっこかな?あら、おしっこに行くのぉ?って聞くのが普通かなぁ?」

「へ~、おらぁずっとションベンって、いってたなぁ」

こんな大正生まれとの会話が永遠と続くろくじろう。

笑っても涙、泣いても涙。

利用者さんと、利用者家族と、スタッフ皆で唄い続けた唄声忘年会。

「新年会はあるのかしら?」

帰りの車の中での利用者さんの言葉です。

その前に、クリスマス会がありますよ~~


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。