スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な事に、認知症です(3) 

アロマ姉さんです
今日は「認知症外来」2回目の診察日でした。

初期に効果を発揮すると言われているお薬をのみ始め、
バッチの量も増やし、娘の私から見て77才の父は
穏やかになったように感じていました。

父が診察室を先に出た後、Dr.にその事を伝えると、
Dr.も父の目が落ち着き、前回よりも穏やかさや安心感を得たように
感じると言ってくれました。

MRIの検査からは、右側の脳の萎縮や溝の深さが感じられ
初期症状であることは間違いないと・・・

ストレスから咽のつかえ感と、言葉を発する事ができなくなった昨年から、
他の病院で処方されていた”気持ちを安定させる薬”が
認知症にとっては、逆効果のお薬だということ。

その知識が無いDr.がまだまだ日本には少なく無い事を
聞かせてくれました。

「父の様子が安定したように感じるのはお薬が効いたのでしょうか?」

「それもあるかもしれません。あとは、自分はおかしいのではないかという不安が、やはり自分は心配するほどの事ではなかった。と感じたのか、または診てもらえる場所が出来て安堵したのか、定かではありませんが、不安が軽減されたのは確かのようですね。」

「なぜ、認知症の人はこれほどまでに増えているのですか?」

「寿命が延びたことと、一昔前のように、隠さなくなったから
表に出てきただけの事ですよ。家族が親の認知症を認め始めた事。
でも、もっとも母親の認知症を認めたがらないのが、息子です。
自分の大切な母親が、認知症だということは、お嫁さんである妻がいくら言っても、息子は認めたがらない傾向が強いんです。」

「これから、色々なことを忘れ、色々な人とのかかわりを受け入れがたくなってゆくのであれば、早めにヘルパーさんに入っていただき、なじみのヘルパーさんを作っておきたいとかんがえているのですが。」

「それは、是非お勧めしたいことです。ただ、認知症に対する理解がまだあまり無く、介護保険申請がどの程度降りるのか、問題はありますが・・・」

足腰の弱った母を支えている父が認知症との診断を受けたとき、
私は一人、自分自身に静かにエールを送った。

が・ん・ば・れ・と・・・
そして、じきにこう思った。

この人たちは最後まで守る。
でも、大好きな仕事もあきらめない。

それには、みんなの手を借りよう。
周りの人たちに助けてもらおう。

一番あてにならないのが、家族だということも知っている。
家族のワズラワシサから逃げたいから、
はずれクジはひきたくないから。

そんなこと、わかっているから
社会の力を借りようと思った。

時代はどんどん変わっているはず。
助けてもらおう、すべてをオープンにして、

周りの人たち、みんなに助けてもらおう。
そう、決めた。

”介護申請”なんて聞いた事も無い言葉だった。
新しい、世界へのチャレンジがまたじはじまる。

いくつになっても、人生はドキドキの挑戦だね。

コメント

応援


まずは信頼できるケアマネさんに出会えること祈っていますhttp://blog40.fc2.com/image/icon/i/F9ED.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">。

ありがとう~

見守ってくださいねv-238

チャンスです

辛い事も、悔しい時も、悲しい時だって…頑張って歩き続けてきましたよねぇ。

そして新たなる挑戦・介護、ここで見えてくる様々な出来事、超新鮮です!

お金出しても買えないチャンスv-91
この戦い、たくさんの知恵と武器?と勇気を持って、行け行け~~v-218

おばさんは・・・

やっぱ、おばさんは強いよね。
なんせ、経験してきた苦労があるからねi-237

台風の近くにいると怖いよね。
でも、台風の目に入ってしまったならな~んてことない。
どうせなら自ら、飛び込んじえば、ず~っとらくだね!

もちろんただでは、おきないぞ~i-278

導かれて。。。

不思議な感覚を覚えました。
姉さんは、やはり目に見えない力に導かれているのだと思います。

台風だってv-466進路状況、規模が分かっていれば対策のたてようがありますv-391
そして、自然だからと受け入れてしまうと踏みつけられても立ち上がる術がありますv-392

どうぞ、心のおもむくがままま導かれて学んだことを教えてくださいv-410
私もまた次の世代に伝えようと思いますv-398

了解!

そうだよね、おこっていることはすべてよし!
必要があって起きているんだよね。
学んじゃうぞ~v-323

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/114-c2250c60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。