スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育ての父さんたちへ 

おはようございますアロマ姉さんです

ゴールデンウイークの忙しい最中、
夫方の姪、真理子が

「みきちゃんに、話したいことと、合わせたい人がいるんだ」と
埼玉からやってきました。
mariko.jpg

OPAでのランチ

「今度ね、彼と結婚する事になったんだ
紹介された彼は、まじめそうなお兄さんタイプ
温かいまなざしで、真理子を見守ります。

自分に自信が無くて、自分が大嫌いで
自分にはもったいないくらいの、最高の人を見つけ、

真理子から、積極的なアプローチを繰り返し
彼を射止めたと聞かせてくれました。

真理子は妹がまだママのお腹にいる頃に両親は離婚。
幼稚園の頃に、今のお父さんとお母さんが出会い、

新しいお父さんが出来て、埼玉引越しました。

もう、定年もとっくに過ぎた育てのお父さん。
今、お父さんの事をどう思うの?

そう問いかけてみました。
「かわいくて、かわいくて仕方が無い

これが
20年以上も自分を娘として育ててくれた人への
今の素直な気持ち
だそうです。

そりゃあ、途中、いろいろな思いはあったよ。
でも、今は、彼と晩酌する時のお父さんの嬉しそうな顔

じゃあねと言って、帰ってくるときの両親の寂しそうな顔、
その時は、なんだか子犬を置いて帰ってくるような
切なさを感じるんだ

そっか、真理子は本当のお父さんを手に入れたんだね。
そして、真理子が幸せになる事がお父さんへのお返し

香り庵スタッフるみネエも、
小学生の頃から、自分たち姉妹の父になってくれた人を
看取った今も、感謝の気持ちは減らないと聞かせてくれる。

血のつながりって、何でもない!

新しい親子関係を築こうとしている家族に
彼女達の言葉が届きますように

真理子「お父さんが、かわいくて仕方が無い

るみネエ「私は、お父さんに十分な事をしてあげられたのかなぁ

お父さん、ありがとう
大好きだよ
canvas.gif


コメント

よかったですね!

v-254☆こんにちは~ 読んでて瞼が熱くなりました。実は娘が子供(男・2歳)を連れてこの2月に離婚しました。(←ここで言うのはどうかしらと思いましたが)このお話を聞いてココロ丈夫になりました♪また 遊びにきま~す。応援クリック ぽちっ

この子を幸せにしなければ

そうですか、おばあちゃまの書き込みですね!

おばあちゃまで思い出すことがあります。
香り庵のおなじみ様、ご来店くださるたびにマッサージを受けながら、ご自身の息子さんたちの話を聞かせてくれます。

ある日、彼女がこんな話を聞かせてくれました。

目に入れても痛くないほど、大切に思っていた長男が、結婚するのだとつれてきた女性には男の子がいたそうです。

これは困ったなと思ったけれど、あってみたらその男の子のかわいさにほれ込んでしまったそうです。

これは、この子を幸せにしてやらなくちゃならない。

そう感じたおばあちゃんは、誕生日だ、子供の日だといってはその男の子にプレゼントを贈り、お休みには、息子夫婦の暮す地のホテルを予約し、息子家族を呼びみんなで遊んだそうです。
当然、男の子は「ば~ば、ば~ば」とおばあちゃんにぞっこん・・・

その後、妹が生まれても(息子の実の子)
連れ子の男の子への溺愛は続けたようです。

私は、この話を聞き、うちの息子達が同じ道を選んでも、私も同じようにしてあげよう。その子を溺愛してあげよう。

とても素晴らしいことを人生の先輩から教わったと嬉しくなりました。

娘さんが、お孫さんが幸せをつかめますように。きっと、人を信じて、幸せになれますようにv-238

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/19-8af7530b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。