スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天女が舞い降りる日 

こんばんはアロマ姉さんです。

先日、受験生の息子によいアロマかバッチを教えてほしいと
楽天のお客様からメールを頂きました。

その内容が、素敵だったので、HPへの掲載依頼をしてみました。

そしたら、お返事のメールにまたまた、
とっても素敵な文が・・・

皆さんにもおすそ分けです。

今晩、夢の中で、皆さんの元にも
天女が舞い降りますよ~

あ~、羽衣が目に浮かぶようです。
でははじまりはじまり~~~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その日は息子がとてもいとおしく、
遠い日のことを思い出していました。

まだ息子が2歳か3歳の頃のお話です。
急に遊んでいた息子が話し出しました。

「どうしてこのおうちに生まれてきたか覚えているよ。
生まれる前は、とっても綺麗なお花が沢山咲いているところに、
ベットみたいな箱があるんだ。その中はとってもいいにおい。

女の人が沢山いてね。僕たちが気持ちよく寝ていられるか
心配してくれるんだよ。

それでね、ある日順番が来たら、
一番、くらいの高い女の人に呼ばれるんだ。

みんな綺麗なひらひらしてうすい布を巻いているんだ。
(羽衣かなと思います)
でもこの女の人のは金色でとてもまぶしいんだ。

『自分が生まれるおうちを捜してきなさい』
て下の世界に連れて行かれるんだよ。

 僕はこのおうちがいいって思った。
どうしてかっていうとね、お兄ちゃんが二人い
て、とても楽しそうだし、このおかあさんとおとうさんが
良いって女の人に相談したの。

そしたら『きっと幸せになれます』って言ってくれた。
それから自分が生まれる順番が来るまで、
また箱の中で寝て待ってるんだ。

もういいですよと、お母さんのお腹に入るんだけど、
お腹の中でも、とても楽しかったよ。

いつもお兄ちゃんやお母さんやお父さんの笑い声が聞こえて、
「早く会いたい」て言ってくれて、ぼく幸せだったよ。

生まれてくるときはとっても苦しかったよ。
真っ暗な細い道を一生懸命出ようとするけど、
すぐには出られない。

でも早くおかあさんに会いたかったから、
お母さんと一緒に頑張った。
お母さんも僕に早く会いたかったでしょ。おんなじだね。


この時、なぜか本当のことだと思いました。
まだ言葉もつたなかったのにすらすらと喋ったのです。

世間の人には作り話と思われちゃうかな。
その日、今日の事は忘れてはいけないと一生懸命ノートに書きました。

でも、その後いくら捜してもそのノートが見つからないのです。
息子に何年かたって聞いてみましたが、
そんな恥ずかしい話なんかしてない、と言いはります。
 
私の妄想だったのでしょうか?夢?

でもそれでもいいんです。
14年か15年前の事なのに、私の記憶にはしっかり残っています。
(他の事はすぐ忘れるのに)

母としてこんなにありがたい言葉は他に見当たりません。

息子が生まれたのは予定日より早いクリスマスの朝でした。
家族が幸せになるように神様からの贈り物だったのかも。

余談ですが周りにも、クリスマスに生まれたお子さんがいらっしゃいましたが、手首の同じ場所に同じあざがありました。
(年齢は違ってましたが)

最近、このことを忘れていました。
思い出すことが出来たのは小池さんから
「母はどっしり構えて信じてください。」の言葉です。

子は親を選べないといいます。
でもこの子は自分でうちを選んで、
幸せになるためにこの世に生まれてきてくれた。
この子がいるだけでいいんだ。

最近、やさしさを忘れていました。
毎日の生活に追われて。

今はもう疲れ果ててヒステリックなおばさんでしかないんです。
普通以上に文句を言って怒って、良い親なんかじゃ決してなかった。

だんだん、腰痛はひどくなるし、
小さい字は見えづらくすぐ疲れるし。

人が集まるところに行くと頭痛がするし、
自分の急速な老いに精神面がついて行かず、
これぐらい前はなんてことなかったのにといらいらしたり、

これくらいの事出来るわよと無理に重いもの運んで体調崩したり、
毎日のお金のやりくりや家事に、もう嫌だ、と思ったり。

息子の友達の名前が覚えられず何度も聞いてしまい、
他の事も何度も同じ事を聞いたり言ったりして、

息子に呆れられ、もう話さないといわれたり、
必要以上に心配性になったり突き放したり、

そんな嫌な嫌な親なのに・・・。

こんなに一生懸命で、困難に立ち向かっていける人間に
息子は育っていてくれたんだ。
なんて有難いことか。

その事を忘れるところでした。

もう一つ、大事なこと忘れるところでした。
HPにとのお伺いでした。

学校の先生に迷惑かからないよう適当に文章変えてください。
息子にわかると、きっと嫌がるし、恥ずかしいので、
名前は「にゃん」にしてください。(笑い)

長くなって申し訳ありません。
香り庵のファンの方と一緒に悩みを共有できることはとても光栄です。
HPの掲載OKです(内心皆様の反応にドキドキです)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

受験相談のメールはこちらに掲載させていただきました。

では、皆さんもキレイな天女に今夜は会えますように
そうそう、小さなお子さんのいらっしゃる方は、聞いてみてくださいね

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

そう言えば!我が家の長女(5歳)も言ってました。
にゃんさんの子どもさんのように長くお話してくれませんでしたが、
夜 寝入りばな、急に、「まま~、産んでくれてありがと~ね~」と。
確か2歳くらいだったと思います。TVか何かのマネだったのかもしれませんが、
まだ片言しか言葉が出ない時期だったのに、
文章っぽい言葉をイキナリ話したのと、その内容に、ドキッとしました。
当時は慣れない育児とストレスから来る体調不良で終始イライラして、
決して子育てを満喫しているママではありませんでした。
(今も決してニコニコママではありませんが( ;´ `))
ので、子どもが言ったことに何か心の芯をグッとつかまれた気持ちになったのを覚えてます。

きっと私も後13年くらい(?)で、にゃんさんのような気持ちで育児を振り返るんでしょうね~・・・。
この5年があっという間だったのと同様、10年ちょっとなんて、きっと一瞬の出来事のように。

よし!今日は子どもが帰ってきたら久しぶりにギューーッと抱っこしてユ~ックリ話そう♪
私はいつも「早く早く」のセカセカママだから。せめて今日だけはユックリユックリ、子どもの話聞きたいな~。
こういうコメント読ませてもらってなきゃ、こんな感情も忘れがちになっちゃってたな~。

ちょこちょこお邪魔するたびに何か気づきが得られる香り庵さんの不思議なHP。
10数年後、我がこの成長を目を眩しく思い返す日を夢見て。
にゃんさんの様に♪



初めまして♪ トコトコと申します。
とっても素敵なお話ですね。
私の好きな本に「お母さんを選ぶ赤ちゃん」って本があります。
こちらの本にも、同じような素敵なお話がいっぱいあるんです。

私も、今いる場所を選んで産まれてきたんだと信じています。
記憶はないのですが・・・^^;
素敵なお話ありがとうございました!!ポチ♪

選んでるんですね。

私も、そうやって思えるようにやっとなりました。

大好きな甥っ子二人もきっと私にも会うために生まれてきてくれたのかな?
今度生まれる妹の子供も・・・


『物事には偶然は一つも無くて、すべて必然・・・』と祖母によく言われます。

香り庵さんを知ったのも、『必然?』
アロマの好きな香り同様『求めていた』のかしら?

ほんと不思議ですよね。

ありがとうございます

私の文章を読んで下さった皆様有難うございます。 
 優しい気持ちになっていただけたらとても嬉しいです。

 しかも、コメントまでつけてもらって感激しています。

 なんだかわからないけど、全てが、いとおしいと思える気持ちが蘇って来る、それは自分が幸せになるために生まれてきたんだという、どこか遠くに押し込めてしまった記憶を、皆さんが思い出してくださったからだと思います。

 貴方の事を何人もの天女が、大事に大事に育ててくれて、この世へ送り出してくれたのですね。

 こう思うと不幸になるために生まれてきた人はいないんですね。

 今、もし自分は違う、きっと不幸になるために生まれたんだ、自分がいると周りが不幸になる。なんて思っている方、大丈夫ですよ。
 何年か後から思い出すことって、楽しい事や優しいことを先に思い出します。この年になるとそれがよくわかるんです。(ちょっとせつない)

 そして、楽しい、優しい想い出のその後で、そういえばあの時、こんな大変なことがあったんだって思うんです。
だから小さな幸せをみつけられるんでしょうね。

 大丈夫!今は出口がないけど、必ず見つかります。
 それはほんの小さな光かもしれません。
 だから見落とさないで下さいね。

 いつかは懐かしい想い出になります。

 きっと!!

 その日が来るまで悩んで、わめいてとにかく一緒に生きましょうね。
 
 アロマ姉さん、自分がとても幸せだと思える素敵な時間をありがとうございます。
 皆様と同じ気持ちになれたことに
感謝です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/210-c9e00613

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。