スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世帯主 

こぐまさん、おめでとう

自分の足で立ち上ったのですね。
一つ前のブログに、前の香り庵の写真を載せてみました。

あの階段をあなたはあの日、上がってきたのですよね。

いじめられてきた自分、
醜い自分、かわいそうな自分、
生きている価値の無い自分、

この顔を消してしまいたいと、嗚咽したあの日から、
何年が過ぎたのでしょう。

それからの日々も、あなたは、のた打ち回りながら、
自分に一人エールを送り続けたのですね。

kaorian1



「がんばれ、がんばれ・・・」

私がはじめて自分自身にこうエールを送った日の光景は
今でも忘れることが出来ません。

もう20年近く前、
たぶん、今のこぐまさんと同じ年齢くらいのころかな?

末期がんの義母の付き添いで、
大きな病院の母のベッドの下に寝ることになりました。

人一倍怖がりな私。
でも、死に向かう母にとって嫁の私は命綱だったのです。

寝静まった大きな病院の廊下を、
熱が下がらない母のために一人で氷を取りに行く怖さ。

隣の病室では、どんどん人が亡くなり、

頼んでおいた個室は、
たった今、亡くなった方の処置を終えたばかりの部屋。

その部屋で、つかの間の睡眠をとる時、
目をつむりながら、自分にこうささやいた。
「がんばれ、がんばれ・・・」

像のようにむくんだ義母の足をさすり続けた
主婦だった私を、

亡くなった義母がアロマセラピストという
天職に導いてくれたのに気づけたのは

それから10年以上たってからかな。

人生に無駄なし。
すべてはあなたの行く道へとつながっているよ。

家を出て、自立すること、
大賛成です。

暮らしてゆくこと、食べてゆくこと、
どれだけお金と手間がかかるのか、

自分の目でしっかりと見つめてみてください。
まったく関係の無いように思える仕事をして、
もがいてみてください。

食べて行くために、
暮らしてゆくために・・・

十分にもがき続けたなら、
きっと、きっといい絵がかける日が来る。

すべては夢につながっているから。

おめでとう、独り立ちへの第一歩、
おめでとう。

世帯主のこぐまさんへ

おめでとう

こんな記事でも、お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif




コメント

アロマ姉さんありがとう!懐かしい前の香り庵の写真をみるだけで、あの時の心の重さも思い出します。でもそれでもあの時の私を懐かしく思える今の自分がいます。姉さんのおかげです。
思い通りにならないことだらけでも、自分の軸がしっかりしていればきっとちゃんと繋がるんですね。私もそんな日がくるように、今の自分を懐かしく思える日が来るように、毎日頑張って生きていきます!

今の自分を懐かしく思える日

なんて、なんて素敵なコトバでしょうv-345

「あんなころもあったな」「あのときの自分は未熟だったなぁ...それでも、あの時の自分で一生懸命だったなぁ」
そして、その時々を一緒に前を向いて過ごしてきた人たちとの思い出が、生涯の財産になるんだよね。

姉さんも”今の自分を懐かしく思える日”のために、がんばっちゃうぞ~i-234

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/229-15c30751

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。