スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんは前世からのものを... 

こんばんはアロマ姉さんです。

20070522105046.jpg


ベビーマッサージ塾を始めて、15期以上のクラスが終了してゆく中、
疑問に思うことがありました。

ベビー専用のアロマオイルを使ってマッサージをしてもらうのですが、
ブツブツと湿疹の出始める赤ちゃんたちが珍しくないのです。

それは、スイートアーモンドなどの植物油だけの場合でも同じです。
50ml~100mlに密封された高品質のオイルなのでオイルの質が問題ではありません。

赤ちゃんの臓器がまだ大人と同じように
完全に出来上がっているわけではないので

体に入った精油成分をろ過する力が弱い子に湿疹が出るのかなとも
思いました。

多く出やすいのはお腹、次いで背中、腕の付け根などの柔らかい部分

そして、オイルを使う使わない、ベビーマッサージをするしない
にも関係なく、湿疹の出ている赤ちゃんたち、皮膚科に通っている
赤ちゃんたちが少なくない事にも注目していました。

この”赤ちゃんの湿疹” ”赤ちゃんの肌”が表現したいことは
何なのだろうと...

何を見ても、誰に聞いてもその答えは見つからずにいました。

そして、先日、勉強会に伺っているホメオパシー医の言葉の中に
その答えを見つけたのです。

(不思議なことに、前回の勉強会で何気なく問いかけたこの私の疑問に対して、ホメオパシー医は何も答えはくれなかったのですが)


赤ちゃんは、前世からのものをもって生まれてくるの
だから、なるべく早めに、赤ちゃんのうちに出せるものはすべて出し切ってあげなければならない。

それは湿疹かもしれないし、病気という形かもしれない、泣くという行為かもしれない。ともかくすべて赤ちゃんが出そうとしている、排泄しようとしているもを、とめようとすることはよくない』

この言葉を聴いて私はのけぞってしまいました。
そして私が疑問に思い続けてきたこと
「赤ちゃんの湿疹」がそれだとピンときました!

同時に、湿疹に悩む赤ちゃんやママたちに香り庵として
アドバイスさせていただいてきた言葉は間違ってなかったのだと。

赤ちゃんが出そうとしているもの、それは皮膚からだけではありません。

たとえば夜泣き、あれも本来は止めてはいけないと。
泣かせてあげてください、出させてあげてください。

赤ちゃんの湿疹と同じように、不自然な形でとめようとしなければ、
自然に出し切った後にきれいに去ってゆくものだから。

すっきりと、いつの間にか、自然に...
そして、入学前に、入園前までに、
磨いてあげること、開いてあげること、通してあげる事の
重要さも学んできました。


今まで、誰に教わったわけでも無かったけれどママたちに伝えてきた事は
「やっぱり...」
と確信することでした。

ママと赤ちゃんの心塾。


もうすぐ東京近辺でもはじめますよ~


小さなお役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/321-938c51fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。