スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気になってしまいたい。 

こんにちはアロマ姉さんです。
みなさんも「病気になってしまいたい」と思った事がありますよね。

20070605162356.jpg



デトックスの2セット目をスタートし、なぜか私は”病気になってしまいたい”
と思っているのではないかと感じました。

病気になってしまったのなら、もうこんなに一人で背負い込まなくてもよくなる。
一人でがんばり続けなくてもよくなる。そして
病気なんだから仕方がないと周りの人たちが私に依存することをあきらめてくれるかもしれないと...

やばいな、このままでは病気を引き寄せてしまうな...
そんな予感もしていました。

そして、案の定、いとも簡単に発熱と、激しい頭痛、高血圧と
寝ても、座ってもいられないような不調を呼んでしまいました。

簡単なんですね。。。病気になるって。。。
怖いですね、人はおもったとうりになるのですから。

家は散らかり放題だけれど、夫は一生懸命食事を作ってくれます。

依存ばかりされていると感じていた両親は、バスに乗って買い物にいこうとしていたようです。

スタッフたちは、私の仕事の穴埋めを、文句も言わずにこなしてくれます。

ああ、私は何もがんばらなくてよかったんだ。
頑張り続けなければいけないと思いこんでいた自分の心が苦しかったんだ。

不安と不満とひとりよがりと...

一晩中続く高熱と頭痛の中でうつらうつらしながら見た夢の中で、
一つ、鮮明に覚えていることがあります。

空から、白くて太いローブの塊がドサッと落ちてきたのです。
私の胸の上に。


いつか、このロープの意味に気づける日が来るのでしょうか?


小さなお役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



コメント

復活しましたか!?

アロマ姉さんがダウンしたって聞いて
大丈夫かな~って心配していました。

反面、どでかい何かが始まりそうって期待のほうが大きいんです。

姉さん復活、ばんざーいi-199

苦しんでいる中で
家族の頑張りをきちんと感じ取ることができる姉さんって優しいな~って思いましたi-176
みんな自分の力で頑張ろうとしているんですね。

あらら、鬼の霍乱(おにのかくらん)ですか…。
少し前の私も同じ状況。でも違っている事がv-157
家事をしない亭主はお弁当屋さんに通って、自分の食糧確保に必死のようでしたv-412

5年に一度位しか寝込まないんだから、そんな時くらい愛を確認したかったv-395
姉さんがうらやまし~~~。


鬼の霍乱って「抵抗」らしい。。。

人には、それぞれ「節目」というものがあり、それを超える時に起こる「抵抗」がある
って昔の人が言ってたそうです。

節目、節目…また何かが始まるんですねv-29

新しいドラマに期待します。

しかし、今は休養が大事v-218

ありますよ~。
病気になってしまいたいって思う事。
なにかに対しての拒否反応、ですかね。
何に対してなのか解かると楽になれそうですね。
先日館山へ行ったので香り庵に寄りたかったのですが、時間が足りなくなって探せませんでした。
また次回のお楽しみ♪
姉さん、いまは早く治りたいですか?
私は早く治ってほしい、元気になってほしいと祈っていますよ~♪

やっぱり役に立った!

みなさんありがとうございます。

具合が悪いときは、ともかく早く楽になりたいと思い

よくなってくると、休んでいる自分に対しての罪悪感だけがつのります。
自分だけが何もしていないようで。
自分だけが、人生をサボり続けているようで。

誰も責めてはいないのに、この感情がどこからやってくるのか不思議です。

ならば、年を取って、人の役にたたなくなってしまった時、
自分の存在がただ、大きな大きなお荷物としか感じられなくなってしまった時、人はどれほどの思いの中で生き通さなければならないのでしょうか?

15年前に3人の親たちを看取り、今、2人の親の介護を始めてみて、時代のあまりの変化に感謝することが一杯です。

そんな中で、自分がわずか数日、人々の世話になる立場になってみて気づけた事がありました。

人の力を借りずには暮らしてゆけなくなったお年寄りたちは、その世話の手を差し伸べる人に大きな大きなものを与えているのだと。

何の見返りも無いと思いながら親の世話をしている人たちには「自分の存在価値」や「生きている役割」などというものを疑う暇や隙間さえありません。

それは忙しいからでも、大変だからでも、かわいそうだからでもなく、お年寄りたちからもらっていたのです。

自分の存在する価値というやつを、無意識で、しっかりと。

年を取るということは、
人の世話になるということには、

こんな大きな役割が隠されていたのです。

人は、年を取っていいのです。人の世話になっていいのです。

こんな事に身をもって気づくために、私は人生のプログラムの中に、大きな年月を空けて二度の介護と看取りの期間を組み入れてきたようです。

このことを突然思い出しました。

苦しみの意味を思い出せたから、
やっぱり「病気は役に立つもの」だぁ~

って、内心は、ブログを書いて遊んでいる自分を責めているのです~(まだまだだぁ~)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/328-3a640920

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。