スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内ポケットの中は… 

こんばんは、ウォーキングが6日も続いているなないろです。
まだ、体の変化はまったくありませんが…


今日は私のかばんの内ポケットに大事に入れてあるものの話です。

もう、かれこれ1年以上前の事です。

その日は、たしか日曜日で家族それそれがのんびりとしていた時間。
次男だけはなにやら私に見られないように隠れて一生懸命何かをつくっていました。

「見ないでね!」なんていいながら、
道具を取りにあっちへ行ったりこっちへ行ったりと忙しそうに…

私は、”また、くだらないものでも作ってるな”くらいにしか思っていなかったけど、
次男からはい!と渡されたそのものは

中に折り込まれた紙のようなものが入っていて
白い紙でおおいその周りをホチキスでしっかりと閉めてある物で
しかも、首にかけられるように紐(ミシン糸)もついていました。

「ありがとう。ん?これ首飾り??」と聞くと
「おまもりだよ~」と次男。

”え~!!お守り!?ちょっと、おまもりを作ろうなんて発想はいったい何処からででくるの?
それも私につくってくれるなんて!なんてやさしい子なんだ!”
もう、うれしくって目がうるうる。

「おまもりなの~じゃぁ中に何か入っている?」とわたし
「おまもりだから中をあけちゃだめだよ。効かなくなっちゃうから」
「そっか、そうだよね。おまもりだもんね。あけちゃだめだよね。」

”そうだよね~あけちゃだめだよね~
  あぁ~でも何が入っているのか知りたい!!”

かばんの内ポケットを覗くといつも、お守りの中身が気になってしまうと同時に、
息子の優しさをうれしく思う瞬間でもあります。
  


小さなお役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

いいな~

いいな、いいな、いいな、いいな...

掃除をしていたら、たんすの陰からポロッと出てきた

「おかあさん、いつもありがとう。」
と鉛筆で丁寧に書かれた折り紙。

数十年前の思い出

今、しーちゃんにはそれがあるんだよね。

すてきi-80

そして、これから子育てする人たちにも、そんな幸せがやってくるよ。必ず。

か、かわいすぎる・・・!
母親っていうのは、そんな愛情を子どもから貰えるのか、いいな、いいなー!
ちなみに夫の両親は、夫の子ども時代に可愛かったという思い出話を、1話題につき30回くらい私に聞かせてくれました。これからも定期的に聞くことになるのでしょう。
しーちゃんもきっと、一生ものの思い出になるんだよー。そして嫁が来たら、30回聞かせてあげるんだ!

そうそう、嫁に聞かせなくちゃね。
子供の優しさに
本当に感動するよね。

自分の子とは思えないくらい(笑)
息子の嫁に語ってやってね。

私の母も
もう20年くらい前にあげた
「肩たたき券」や「お手伝い券」 
を今でも持っています!(笑)
思い出したように引っ張り出しては「あの時は可愛かったのに・・」と言われますが、嬉しそうに大事に持ってくれています。

「昔はね。」なんて冷たい返事をしますが、私も少しうれしいです。

しーちゃんもこれからいつまでも大事にしていくんでしょうね♪

かわいかった...

本当に、本当にかわいかった。
子育て真っ最中のときより、

ばばになった今のほうが、ずっとずっとわが子の小さなころを思い出すと、愛おしく思う。

あのころは、全てOKで、すべてかわいいとは思えなかった。

それがもったいなかった。

かわいかった、かわいかった、、、、

みんな、親はそう思っているよ。
これほど可愛がったわが子、
だからお嫁ちゃんがきたなら、真剣に自分の子だと思わないと、申し訳ないね。相手の親に。

ずっと大切に持っています。

いつの日か、花ミルクのお母さんみたいに、
「あの頃はとっても優しかったのに…」と息子にいい

まるこの義理のお母さんのように息子の嫁に何十回も、
おまもりを見せびらかしちゃったり、するのかなぁ~


最近私が小学1年生の頃のノートを
母が出してくれました。
「お母さんあのね」が書いてありました。
大切にとってくれてたんだ、と感激したのを覚えてます。
20年前の自分と対面できてさらに感動。
そんな日がなないろ家でもくるといいね~♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/346-16568049

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。