スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やさしさに包まれたなら 

おはようございます房総は大雨
みんなこの雨の中、
自分を奮い立たせて仕事に出てゆくのですね。

えらいぞ、みんなそんな事を考えるアロマ姉さんです

夕べはホテル・オーパヴラージュでアロマのお仕事をしました。

opa7.jpg


お客様は、40代後半のご夫婦。

ベッドに入ると、じきにいびきの始まったご主人様の事が
奥様にはちょっと気になる様子。

アロマセラピストの私達にとってお客様のいびきは
いつもの、安心できる光景です

そして、今日のアロマ姉さんの相棒セラピストは
私にとって、娘の年齢

自信がないと言ってはおどおどし、
涙をぽろぽろこぼし、

いくらほめても、認めてあげても
彼女の心にそれらがストンと落ちることは
難しいようでした。

「バッチを飲んでみたら?きっと今のあなたを助けてくれる。」

何度そう勧めても彼女は首を振るばかり。

「怖いんです。のんでもし
それでも変われなかった自分がそこにいたなら
そう考えると、怖くて飲めません・・・

そっか、まだ変わりたくないんだ。
まだ、誰かの陰に隠れて保護されている
子供の役を手放したくないんだね。


先のご夫婦のトリートメント”全身熟睡コース
終了後、お客様にハーブティを勧めながら

お客様に触れさせていただいた感想をお伝えしたり、
お客様がアロマを受けて感じられたことなどを伺う時間が
少しだけあります。

今日はその役を彼女にしてもらいました。
私は、カーテンの裏側でベッドメーキングをしながら
お客様と彼女の会話を耳にします。

「奥様は頭がとても張っていらっしゃいましたね。」

「頭が張る原因って、なにかあるのですか?」

「はい、PCを長く使ったり、目を酷使したり、
それと、気を使われる方にもとても多いんですよ・・・」

「へ~・・・」

「きっと、ご主人様に沢山気を使われているのでしょうね。」

娘ほどの年齢のセラピストに、
そんな御茶目な言葉をかけられ

お客様からは笑いがこぼれました。
やさしい、やさしい雰囲気に
アロマルームが包まれました。

こんな若僧の自分なんかが、
お客様に物を申していいのか、

お客様が聞かせてくださる心の苦しみに
私なんかが、何も答える資格は無い。

自分の若さを卑下し続けてきた彼女が、
コツコツと日々を重ね、

自然体でお客様の前に立てるようになった日、
やさしさがあふれ出ました。

今日はじめてであったお客様たちの優しさと、
彼女の優しさが一つになり、

アロマルーム全体を包み込んでくれたのです。

スターオブベツレヘム(心に残ったトラウマの開放)
は1本飲み終え、

今、ラーチ(自分に自信がない・新しい1歩を踏み出す勇気)
を飲み始めたところです。

まだウオルナット(人生の変わり目にすんなりと対応)
を飲む勇気はないんです。

バッチは怖くて飲めないと言っていた彼女が
そんな話を聞かせてくれるようになりました。

そばにいただけの私が、何もしていない私が

一番あったかい思いを頂いて
家に帰った昨夜の出来事でした。

優しさをありがとう。

いい仕事をありがとう。

canvas.gif

コメント

こんにちは^^
頑張って、成長している人が身近に入るととてもいい刺激になり、気持ちがリフレッシュされます。年齢に限らず一生懸命どうしたらいいのかなやみながら三歩すすんで二歩下がる。幾つになってもそんな人でいたいです。

進み続けたい!

本当に、なんとか言い訳せずに、前に1歩出る勇気がほしくて、頑張っている人たちを探すのですよね。

そんな人たちのパワーがほしくて。
そんな人たちも、沢山苦しんでいることを知りたくて。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/40-6d82ab7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。