スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは私です(バッチ医学講座に参加して...) 

こんばんはアロマ姉さんです。

昨日、バッチホリスティック研究会を会場に開催された
第一回、バッチフラワー医学講座に参加して来ました。



人は七年周期で入れ代わり、発達を続けているそうです。

一般的な人間であったのなら、35才は
公的な活動に入れる可能性がある年齢だと教えていただきました。

人によって1~2年の誤差があるそうですが、
現代人は、もっと違いが出てきているそうです。

つまり、人によって、同じ年齢でも、発達の周期から
大きく遅れてしまっている人もいるのだと...
(もちろん、早い人もいますね。)

頷きました。

この講座の講師であるドクターは、始めにこんなこと
(多少違いますが)をおっしゃいました。

今日のこの講座は、私という肉体を通していますが、
私が行っている講座でも、私がしゃべっていることでも無いと


どうぞ、今日の私を利用していただいて結構です。と...


参加者の何名が、この言葉をストンと魂に落としたのかは
分かりませんが、わたしは「そうか」と思いました。

この講座の中で、神様が私に語りかけてくださる言葉があるのだと

たぶん、私のことだからたくさんは拾えないだろうけれども
できることなら、必死で拾いたいと、気づきたいと、
メモに残したいと食いつきました。


その中で、大きく何度もこだまし、残った言葉は

「あなたは、私です。」

うすうす、気づきはじめてはいました。
でも、まだ、それを100%受け入れるまでには、
私の背は届いてはいません。でした...

共に働く仲間たちの喜びが、私の本当の喜びだと
気づきはじめていました。

お客様たちの涙が、私の涙であり、
お客様たちの喜びが、私たちの喜びであることにも、
気づき始めていました。

受け入れがたい相手には、自分の中のいやな部分、
自分が許していない、自分を見つけて、嫌悪しているのだろうと
言う事も、うすうす感じてはいました。

講師のドクターはこうおっしゃいました。

自分の目の前に座る患者さんたちは自分の姿です。
医者は、患者の苦しみを見続けることを許されたものです。


自分の中の苦しみを大切にすること、
自分の中のネガティブな感情を抱きしめる事が
深い、大きな宝に変わるのだと。


そして、自分の知らないことを、
目の前に座って、患者と言う姿で教えに来てくれる
ありがたい存在であると。



それは、何屋であっても、
親と言う仕事であっても、

友と言う仕事であっても、

上司と言う仕事であっても、
部下と言う仕事であっても、


妻という仕事であっても、


おんなじ...



自分の中の苦しみを抱きしめてきた20~30代
そして40代...

私は、もうすぐ7×7で、49才になれるのだと気づいて
嬉しくなった。

また、さらなるサイクルに入れるのかもしれない。


そして、次のサイクルでは
「あなたは、私です。」という真実を、
正面から受け止める時期になるのかもしれないと思うと、
わくわくする。

実は、ちょっと怖い。

ここ数日、家族との関係の苦悩を書いてくるmixiのマイミクさんが
多い。

とても、とても、心を痛めている。

電話をしてしまおうかと、思ったり、

私の大切なあなたを傷つける、あなたの家族を
殴り倒してやろうかと思ったりして、
はらわたが煮えくり返るほど、口惜しい...




でも、数日待ってみて、気がついた。

あなたを苦しめる、あなたの目の前の人は

「あなた自身の姿」なのだと。

あなたは、家族を傷つける言葉を吐き続ける
自分ではない自分自身の姿にどう向かってゆきますか。

それが、自分自身なのだと知ることができた今、

思い切り、抱きしめてあげますか?
そして、思い切り叱ってやりますか?

お前は寂しくて弱くて、可愛そうな人間だと。
でも、私は、お前を(自分自身を)見捨てない。
あきらめないと、怒鳴ってやりますか。

あなたが、あなたの言葉で傷つける目の前の私は、
あなた自身なのだと。

もう、目を覚まそう。
傷つけなくとも、慰めあわなくとも、
傷口をなめあわなくとも、

私はあなたの尻をたたき、あなたのそばにい続けると。

あなたは、かけがえの無い、自分自身なのだから。

私である、あなたへ...

自分の足で立ち上がることができますか?
可愛そうな、弱い、人を傷つけない、きれいな自分でいる事を捨てて、

目の前の自分の弱さを、叩きのめしてやる勇気を
思い出すことはできますか?

泣きながら、叫びながら、気違いのようになっても、
目の前の自分の弱い姿に

向かってゆく勇気を、思い出してほしい。


あなたは、かけがえの無い、私です。



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif





コメント

今日のお話が、響きます。
目の前の人は私を映し出してくれる鏡であり、鑑。
あなたを傷つけるあなたの目の前の人は、あなた自身。
最近、このことが実感できるようになりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/455-2e60252f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。