スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマセラピストになりたかった... 

こんばんはアロマ姉さんです。
やっと年賀状を書き終えました。

残りの枚数を気にしながら、最後に書くのはスタッフの家族への年賀状です。
私のへたくそな字でですが、必ず書きます。
夜遅くまでみんなが働いてくれるのも、暮れ正月も無く出勤してくれるのも、
みんなスタッフの家族に許されて香り庵が存続できる事を知っているからです。

家族の名前を教えてほしいと確認メールをすると、
犬の名前まで教えてきた人がいるので、犬にも感謝をこめておきます

貸切露天外観

(↑OPA・かわいい貸切露天風呂)


今日は一人のスタッフの事を書いてみます。

彼女は、二年前に自転車をこいで香り庵の面接にやってきました。
ネットショップの出荷に追われていたあの頃、

職安で見つけたアロマテラピーショップの梱包作業のパート募集。
下の子の手が離れ始め、小学校から帰ってくる前には家に帰ることのできる
パートタイムでなら仕事に出ることができる。

そんな中、最初に働いた仕事に見切りをつけて、次のパートは、
今度こそ自分のやりたい仕事についてみようと思ったそうです。

狭いアロマルームのベッドの上で、必死になっていくつもの荷物を梱包した。
慣れないパソコンを使っての事務作業。

店舗としての電話応対。誰もいないときは、商品の販売接客。
きっと、全てが始めてのことだったはず。

まごまご、おどおど、午後三時までの時間を自分なりに黙々と働いた。

仲間達は、長い労働時間、日曜祭日、盆、正月も関係なく働いていた。
マッサージのお客様で込み合う日も、

商品選びの相談電話が入ったときも、

自分は忙しそうにするみんなの、足手まとい以外の何者でもかった。

やりかけの仕事を任せて、一人自転車をこいで先に帰る自分がやりきれなかった。

いつか、仲間達の役にたちたい。
忙しい仲間達を助けてあげることのできる自分になりたい。


日曜日も、夜も働けないけれども、
アロマセラピストになる人が受ける講習会も、受けたいと手を上げてみた。

みんなには内緒で、アロマテラピー検定も取った。

それでも自分の仕事は梱包作業と雑用だった。
仕事中、自分より先に家に着いた息子からかかってくる電話が恥ずかしかった。

一緒にアロマを学んだ仲間は、セラピストとして働き、眩しかった。

ペーパードライバーを克服し、パート代で車のローンを組み、
東京へは霊気やカウンセリングを学びに通い、
仕事帰りには、パソコン教室への参加

裏方の仕事をコツコツとこなし、自分に与えられた時間のなかで
自分の精一杯を生きるしかなかった。

上司との面接で、「あなたのやりたい仕事は何ですか?」と問われた時も、

「いつか、みんなの役に立ちたい」と、あふれてくる涙を拭くしかなかった

日曜も、夜も現場に立てないあなたを、セラピストとして現場には立たせない。

そう言われていた事を、彼女が知っていたのかどうかは知らない。

それでも、仲間達の手前、特別優遇されている彼女をセラピストに育てるわけには行かなかった。

ただ、彼女は平日、三時までのパートタイムと言う条件で働き始めたのに、
そのことを主張することも、当然だと言う顔をする事も無く、
頑張っている仲間達にすまないと言う気持ちでいつも働いていることが
仲間達にも伝わっていた。

彼女の人柄が、そのままのあなたでいいと、私達が足りない分は補うと言う
仲間達の気分を、いつのまにか育ててしまった。

繁忙日のセラピストのシフト組に悩んだとき

「彼女をセラピストデビューさせようか?育ててみようか?どう思う?」

周りのスタッフに、私がふっと思いつきで問いかけてみた。

みんなの答えは拍子抜けするほど、あっさりとこうだった。

「賛成ですその言葉を待っていました

「でも、彼女は夜働けないよ。日曜日だって、働けないよ...」

「いいです、彼女なりに融通をつけてくれる日もあるでしょうし、
後は私達が補いますから、大丈夫です

驚きました!

○○は夜のシフトに入らなくてずるい。
○○ばかりが日曜日に休みが多くてずるい。

私ばっかりが働いているのに,,,,


そんな事で、内輪でもめたのはつい最近のことのように思っていたのに、
ずっとそのままだと思っていたのに、

みんなの中では、十分に言い争そったおかげで、
腹の中を見せ合ったおかげで、

そのことからは成長していたんだ!

セラピストデビューしてみないかという問いかけに
まよったそぶりを見せながらも、彼女は笑った。

泣き虫の彼女が、涙の一粒も見せずに微笑み続けた。

出荷作業を手早くこなし、マッサージのおさらい練習には
見事な手つきを見せて、微笑む彼女。



「彼女は、このごろいつも楽しそうですね」
みんながそういい始めた。

来年は40才になる彼女。

セラピストになりたかったわけじゃない。
それでも、セラピストになれるんだという思いが、

大好きな仲間達と、同じ仕事をつかめるんだと言う思いが
彼女を輝かせる。


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif





コメント

きっと。

きっと素敵なセラピストになってしまうんでしょうね。
なりたい、ではなく。
自然とそうなってしまうんでしょうね。
香り庵は新しい自分が目覚めて、見返りを求めずに成長していく場所なんですねv-190

デビュー、応援していますv-218

ジ~ンと来ました;;

皆のことを思うことが出来るだなんて・・素敵な方ですね~v-352
そして、それをしっかりと受け止めている香り庵の皆さん。ジ~ンと来ましたv-343
本当に素敵な方たちが集まってらっしゃるんですねv-290
素敵なお話をありがとうございましたv-290
そして、セラピストデビューおめでとうございますv-344

黙々と。。

黙々とやってきた、なないろさんの事を思ったら、偉さに泣けて来ましたv-409

スタッフの方、みんなが影響しあっていて素敵ですね。

私も、こんど何か始めるときは誰にも言わないでやろーっかな~v-407

素敵ですね。

やはり会社は そうあらなきゃですよねhttp://blog40.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">仲間が素敵なのは、やはりトップの方が素敵な方だからですね。同じセラピストとして貴社様のような会社で働く事ができたならこの上なく幸せだろうと思います。是非とも一度施術予約させて頂きたいですhttp://blog40.fc2.com/image/icon/i/F99F.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">

ありがとう!おめでとう!!

<裏方の仕事をコツコツとこなし、自分に与えられた時間のなかで
自分の精一杯を生きるしかなかった。

自分のことを褒められたようで嬉しかったです。

私も限られた時間の中でできることを出来る限りしなければと思っていました。
本当は、もっとこうしたい・ああしたい・こうすればいいのでは。。。
やりたいことは、たくさんある。
でも、時間が限られている。
後ろめたさ・もどかしさ・情けなさ。。。
でも、そんな私にもそんな私が必要だと言ってくれる仲間がいる。
幸せだねっ!!
フルで働いてくれているスタッフさんありがとう!
パートで同じように大好きな仕事をさせてくれて!!!
そして、おめでとう!!!
大好きな仕事ができて!!!

嬉しくって泣けちゃったよ~~!!!
久しぶりにブログに泣かされました♪

お体には、気をつけてくださいねっ♪

素敵なセラピストさん!

ただみんなの役に立ちたい、
そんな気持ちだけで私は働いてこられたか・・・
今までのわたしが恥ずかしくなりました。

なないろさん、
愛を伝えられるセラピストさんになっちゃいますね!
応援しています。
わたしも頑張りますv-254

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/471-71f9d9d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。