スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうのこだまする仕事 

opa.jpg


晴天の日曜日、いかがお過ごしですか?アロマ姉さんです

春満開の南房総、「やっとお休みが取れたんです
こういってホテル・オーパヴィラージュのアロマルームのソファーに腰掛けるのは、
4年越し、5年越しのお客様たちです。

当店の顧客様だけに郵送させていただいているミニ新聞”アロマ村の風たより”には
今回、2泊プランをご提案させていただきました。

1泊目は、なじみの全身アロマテラピーを受けて体中の滞りを押し流していただく。

そして、2泊目は「フラワーカウンセリング」がセットに組み込まれているのです。


長年のお付き合いのお客様たちですから、当然フラワーカウンセリング付きのプランと
承知してご予約くださっているものだと思いました。


ところが、全身アロマテラピー終了時に、「明日のフラワーカウンセリングのご予約時間ですが...」
と切り出すと、ほとんどの方が「それは何ですか?]と目を丸くされます。

知らないんだぁ~!

なんだか知らないけれど、アロマのついたお得な2泊プランがあるから予約したんだ!!

私たちもビックリです。


フラワーエッセンスも、自分がカウンセリングを受ける事になっているなどという事も

全く知らないお客様達。

それは、50~60代のお客様であったり、20~30代のお客様であったりしますが
「なんだかわからないけれど、やってみましょう」という話になります。

ただ、大体のご説明をして38種の性格&お悩み別リーフレットをお渡しした時点で
お客様の瞳は輝きます。

「話を、聴いてもらえるのですね、それは素晴らしいサービスですね!」
とおっしゃって。

そして、こんなお客様の表情も見逃しません。
(話を聴くって、何を話せばいいの?私のこと、私の心の内側、見られちゃうなんて怖い...)


一晩、フラワーエッセンスのリーフレットを眺めたであろうお客様は
約束の時間に、ちょっぴり緊張した面持ちでいらっしゃいます。

お二人連れであってもそれぞれのお部屋にご案内し、一人づつにセラピストがつきます。


お一人のお客様は、話の中でこうおっしゃいました。

「お話をさせていただいてゆく中で、まるで私の中のジグゾーパズルがはまってゆくようです。

アナのあいた、なぜだかわからなかった空洞のピースが、
一つ一つ埋まってゆくような気分です。

ああ、そうなのか、だからそうだったんだ。
これは、この事だったんだって、一つづつ、ゆっくりと埋めてゆく過程が
とても心地よく、腑に落ちてゆきます。

スッキリしました。なんだかストンと抜けたように感じます。」

お話のほとんどは、用意されたものではなくていいのです。

何も考えずにその場に座っていただき、

今現在、頭の中にひっかっっている事、かすんで見えなくなっているもやのような
取り留めの無い、まとまりの無い事を話していただく言から始まり、

ほとんどが、子供時代の家族との関係、学校での出来事に帰ってゆきます。

過去をなしにして、今を生きる事は出来ないのです。

せっかくフタをしてきた過去を恐れる事はないのです。

きちんと過去の自分を、過去の出来事を認めてあげることから
思いだしてあげる事から、今日の幸せ感へとつながってゆくのです。

旅先で、自分の心のあいたピースを埋めることができたと感じていただけたこと、

嬉しかったなぁ。

この仕事をしていて、このプランを提案させていただいて、
間違いなかったのだと、お客様から肩をたたかれた思いでした。


お客様は「本当に、ありがとう」と私達におっしゃって下さいます。

私達は同時に思います「私達こそ、本当にありがとう」


ありがとうのこだまする仕事。

そこだけを目指して生きたいのです。


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/499-c89e5af0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。