スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーガニック講座 

こんばんはアロマ姉さんです。

今日は、松戸のオーガニックレストランCAMOO(カムー)のイケメン店長が
香り庵までオーガニック出前講座にお越しくださいました。

camoo.jpg


そもそも、飲食店素人の私達が”オーガニック”などという恐れ多い名前をつけていいものなのか
「やりたいけれど、自信が無いよ~」という私達の言葉に、3時間もかけて吹っ飛んできてくれたのです。

「オーガニック?そんなの一時のはやり物で終わるんじゃないの?」
といわれた5年前に調味料から食材、コーヒー、ビールにまでオーガニックにこだわったレストランを開き、
見事に成功させている若き店長です。

彼の講座は、「農家が一番上にある」という話から始まりました。

そういえば、数年前、無農薬農法を実践し続けている三芳村で受けた講座の中で、
どこの国だったか忘れましたが、お医者様よりも尊敬され尊ばれている職業は、
毎日の食を通して人の命を握る農業という職業者だというドキュメンタリーの映像を
見せてもらった事を思い出しました。

そして「地産地消(ちさんちしょう)
地域で消費者に必要とされるものを生産し、地域で生産された農産物を、
その地域で消費しようという取り組みの事だそうです。

彼か熱く語ってくれた事は、全てお客様が教えてくれた事だそうです。
そして、思いを同じくする業者さんとのつながりの大切さ。

オーガニックなお店に集まってくるお客様達も、業者さんも、
自然に対する直観力を大切にしている人たちだそうです。

全ては信頼関係で成り立つのが、オーガニックの定義。


どこまでやればオーガニックを名乗っても良いのか?

どこからがオーガニックなのかと繰り返し不安がる私達に店長がくれた答えは
これでした。

お客様を裏切らない。
「この店のものだから、この店の人達が言うのだから...」

お客様たちはあなたを、店を信頼してくるのだから、
100%完全である必要は無いけれども、お客様の信頼を裏切らない正直な商売。

信頼関係で成り立つのが、オーガニックの定義。

オーガニックも、信頼関係も、この時代だからこそ、難しい。

だから、誰かがやらなければならない。


有機栽培(オーガニック)にかかわる仕事は、


知れば知るほど良い事ばかり。

みんな、オーガニックレストランに集まってくる人たちが教えてくれる。

知れば知るほど、ステキな事ばかり。




オーガニックだなんて、看板に掲げるには自信がなさ過ぎる。

そう思っていた私たちだったけれど、

「知れば知るほど、ステキな事ばかり、やればやるほど素晴らしい仕事」

こう言って目を輝かせた、店長の言葉に迷いは吹っ切れた。

完璧でなくっても、やったるで~!!!

その、知れば知るほど素敵な事を、見てやろうじゃないの。

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/509-e8390e8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。