スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が話してくれたこと。 

こんにちは、まどろみ姉さんです。

都会で暮らす娘が帰ってくるというので迎えに行き
ファミレスで食事をした。

いろんな話をした。


最近気になる人がいるという。

「どんな人?」と尋ねると

福祉系の学校を卒業し、今は保育士さんの学校に通っている。
彼は、障害児・者に対しても勉強していて
自分(娘)としては、ほっとするという。

どうして?と聞くと

「やっぱり、障害者に対して少しでも理解があると、
 それだけで、ほっとして、自分の兄弟のことも話ができるじゃない。
 気負いなく。」

そっか。

その場では、それ以上話を掘り下げることはしなかったけれど。
障害をもった兄弟がいるということは、いくら素直に育ったとしても、
きっと色々あったに違いない。

もしかしたら、小さな心を傷つける言葉や視線・・・があったのかもしれない。

娘のこれからの人生で
何か、困ったことがあったのなら
相談できる相手としていたいなと思った。

実の母ではないけれど、
ホンモノの家族に
なりたいな。

お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/594-88de74ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。