スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームヘルパー講座のあったかいエネルギー 

こんばんはアロマ姉さんです。

今日、めでたくニチイのホームヘルパー二級講座を終了しました!

nichi.jpg

と言っても、まだこれから施設実習ですが、
スタッフ五名で君津まで一時間かけて通った講習会が終わってしまう事は
感無量です。

そして何より、私達のヘルパー人生のスタートを切る事になった
この18名の仲間達との出会いは、”ラッキーであった”というしかありません。

打ち上げの帰りの駅のホームで、みんなでこう語り合いました。

神様が、まるで私達の新しいスタートを祝福してくれているように感じるよね。
それほど、この教室の仲間達との出会いは楽しかったね。

nichi2.jpg

一人の青年が、こう話してくれました。

「自分は、母子家庭で、かーちゃんがホステスをやって、自分達三人兄弟を
育ててくれました。

かーちゃんは、いつも酒臭い自分が嫌で、ある日ヘルパーに転職したんです。
その仕事が、なかなか楽しいっていつも聞かせてくれて、

そんなら俺も、それになってみようとおもったんです。

自分も、何か見つけてみたかったんです。
自分にはこれがあるって言える、何か一生をかけて貫ける仕事が...」



さらに、「今年から年金をもらい始めたのよ」と言っていた
もう一人の同級生が立ち上がって、こんな話を聞かせてくれました。



「私は、車で40分以上かけて君津まで通ってきました。
夜、家で一生懸命勉強していると、主人が不満そうに怒るんです。

おまえ、その年で今更そんなもの勉強して何になるんだって、
お前なんか雇ってくれる所があるわけないって。

私はそのとき、こう言ってやりました。

私が年を取って人の世話にならなければならなくなったとき、
あなたは私を施設に入れようと、どうしようと勝手にすればいい。

でもね、私はあなたの事を最後まで家で面倒が見たい。
私は、年取ったあなたの介護をするために、ヘルパー講座に通うんだと...


その話を聞いて、いつもえばりんぼうの夫が、なんだか嬉しそうな顔をしたんです。
そして、次の日、ちょっぴり優しかったんです。

もしまた、夫がえばりだしたら、そんなもの勉強して何になるんだって言ったら、
私は今日の事を話してやるつもりです。

ヘルパー講座のみんなが、いい話だって、お父さんが羨ましいと言って、
涙を流してくれたんだよと、聞かせてやるつもりです。

そしたら、きっとまた、しばらくはおとなしくなると思うから....」


八回の講座の中で、学ぶ事に夢中で何を語り合ったわけでもない仲間達。

それでも、その講座の中の雰囲気で、無意識に集まってきたこの仲間達の
人柄が伝わってきた。優しさがにじみ出てしまった。


不器用な男の子達には、オバサンたちが黙って手を差しのべ、
彼らがやっと出来たシーツ交換には、自然と拍手が沸き起こった。


この講座への参加が、長い引きこもり人生からの脱出の一歩だと語った青年が
何の連絡も無く休んだ日、みんなは心を痛めた


五分の遅刻で、先生から叱責されている仲間の様子に、
みな、黙って息を飲み込んで見守り、先生の許しが出た瞬間に、
みんなの安堵のため息が聞こえた


言葉にはしないけれど、みんないつもあったかかった

これが、介護をの世界を担いたいと集まってくる人たちのエネルギーなのだと知った。

(もちろん、他の教室に参加した時に、まったく違う空気が流れている事も垣間見たけれど)

だから、自分たちはラッキーだったと思った。

きっと、マイナスをプラスに変えてゆく力が、あったかい者達を
引き寄せてくる力が、自分達にはあるのだと感じた。

そのことが、何にも変えがたく嬉しい思えた
ヘルパー講座だったのです。


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

皆さんおめでとうございます。

私がニチイに行ったのは7年前。

某老人施設にボランティアに行く為に、この二級が必要でした。

そして今、ペーパードライバーのような…v-388
姉さんの記事を読んで、そ~だよ!使わなければダメなんだよ!
そんな気持になりました。

もちろん仕事には役に立っているのですが、もっと使い道はあるんですよね。

のんびりしてたら、私が誰かのお世話になる番になってしまいます。

はいっ! 私もチャレンジしてみますv-91

マンマちゃん、ありがとうございます。そうですか、大先輩だったのですね!

講座で習った足浴、洗髪、どこにもアロマを取り入れる隙間がたっくさん。
新しい形のケア、ぜひ発信して行きたいものです。

本当に時代の変化は早く、インターネットを使える人たちが、今は介護をする側の位置になり、様々な悩みをネット上で語っています。

介護をする人、受ける人、双方の悩みに十分に応えることのできる武器を持っているのに、その方たちのそばに届けることが出来ない(様々な意味で)事が、歯がゆくて仕方がありません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございました。

そうですか、施設ミーティングに参加されたのですね。
不安いっぱいの私たちも楽しみになりました。

また様子を聞かせて下さいねv-275

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/614-fe69dcd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。