スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手な場所 

こんにちは、るみネエです。

先日はお休み頂いて、次男まーくん(小6)の野球観戦に行って来ました。
すっごい楽しくて、大盛り上がりで帰ってきたんですが・・・

実は、私にとって「苦手な場所」だったんです。

まーくんが野球を始めたのは、5年生になってからでした。
遅いスタート・・・同じ学年の仲間も何人か始めたのですが
一緒に始めた仲間は、母親が家を出てしまった子ばかり。

つまり、野球観戦も送り迎えもお父さんが出てくるんですよ。

それが何を意味するかというと・・・

前から野球をやってる子達の出来上がってるお母さん仲間の中に、
自分だけで入って行かなくてはいけない。

何を馬鹿げた事を・・と思いますか?
わかる、わかる・・と頷いて頂けますか?


私にとって、それはとても面倒なことだったんですよ。

まったく知らない人たちではない。
でも、子供の学年も違うしほとんど絡みはない。・・・その中に入って行くのは億劫だった。
なぜか、苦手なタイプの人たちに思えた。
自分のことも、いい風には思われていないような気もして、自信もなかったんです。

仕事もあるし、そんなに野球にかかれない。
そんな私を「仕事してるからってね~」そう言われてる気もして・・・

逃げれば逃げるほど
どんどん苦手な場所になっていったんですよ。


本当は休みを取れる日でも、休み希望を出さなかった。

「仕事が忙しいから」それが言い訳だと言う意識すら、その頃はなかった気がする。
ただ、なんとなく・・・無理をしてまで、忙しい土日に休みをもらう気にはならなかった。

今ははっきりわかりますよ。
苦手だから、行きたくないから休みをもらわなかったんです。


それが今年、6年になって役が回ってきた。
会計さん・・・会計さんは試合の時、監督やコーチのお弁当の手配をする。
毎回、誰かに頼むわけにはいかないから・・・


もう逃げられない。休み入れるしかない。
かおり庵の仲間たちは、もちろん快く休みを入れてくれる。


多く自分がその場所に行くようになって、少しづつ苦手な場所ではなくなって行った。
始めは確かに・・・仲間で話してる輪に、入って行くのは勇気がなかったり。
自分がどう思われてるのか、気になったり・・・・


でも、フラワーエッセンス飲みながら
必要以上に、うまくやろうとする自分をやめようと思った。
今で、積極的に参加して来なかった自分を、正当化するのもやめようと思った。

「自分のままでいよう」そう心がけた時・・・

そこにいることが苦しくなくなってきたんですよ。
自分のままでいるのは、実は楽チンは事でした。

そうしたら、思っていた以上にみんなは普通だった。
普通に話をして、普通に笑いあって・・・

今も、試合の度に全部休みを取れる訳ではない。
それでも、快くお弁当手配の代役を引き受けてもらえたり・・
行けなかった試合の、まーくんの様子を聞かせてくれたり。

苦手だった場所は、いつの間にか楽しい場所に変わっていた。

役が回ってきてよかった・・・


そのおかげで、苦手な場所のまま終わりにしないで済んだから。



苦手な場所・・・みんなあるよね。

でも大丈夫。ちょっとの勇気で楽しい場所に変えられるから♪


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

わかってました

>「仕事が忙しいから」それが言い訳だと言う意識すら、その頃はなかった気がする。
ただ、なんとなく・・・無理をしてまで、忙しい土日に休みをもらう気にはならなかった。


るみネエ、ずっと前からそうかなと思っていたよ。
アロマ姉さんがそんな大事なときに、ダメーと言いはしないと。(言ったらどうしよ?v-404

幼稚園、小学校のPTA活動のとき、同じ気持ちだったよ。
それはクリアできた。一緒に仕事できるママ友ができた。

でも少年野球のころは「仕事もしてないのに出てこない」と言われたくない一心で、無理して役を引き受けてうつになった。

出来ないものはできないと言ってもいいと思えるようになってから、とても楽になったよ。

フラワーエッセンスのおかげで
出来ない自分を認めることができたんだ。

高校になって、素敵な野球かーちゃんばかりに巡り合えた。
この前も仕事で決勝戦いけなかった。
夜、「ぐら(息子)はこうだったよ。2年のカーさんはみんな盛り上がっちゃって大変だったよ。
あたしゃ涙がつーとでたよ」とメールが来てた。

ありがたくてありがたくて。
みんなひとの息子を自分の子と同じに応援する、そんなママ友に会えたよ。

みんな出会えるよ!

さすが・・バレてましたね。

もちろん「今日は無理」って日もあるけど
アロマ姉さんは、スタッフが取る休みに絶対嫌な顔をしないんだよ。
「行ってやりなよ」そう言ってくれます。

逃げなくなってから・・・・
そうなんだよね。
行けない試合の様子も、みんなが教えてくれる。
「次は行けないんだ」そう言うと
「わかった!大丈夫だよ」と言ってくれる。
だから・・・そう、無理もしない。
本当にいい経験になりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/619-fcce6e7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。