スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人を幸せにする仕事 

kaigo300.jpg
昨日、隣町のデイホームに職場の仲間達と見学に行ってきました。

そこは、かおり庵にとってなが~~い顧客様が紹介してくださった
場所です。

アロマを受けながら、ポツリポツリとそのお客様が聞かせてくださる
介護業界の話

私には全く未知のものでした。
そのお客様も、まさかアロマ屋の私が、介護屋をやるなどと
言い出すとは夢にも思っていなかったでしょう。

でも、スタッフみんなでヘルパーを取りにいくと聞いた時には、
「こりゃぁ~、なんかやらかすな」と思っていたようです。

私は宅老所をやりたいので、だれか生活相談員を紹介してくれないかと、
アロマを受けに来たそのお客様に詰め寄りました。

その方は、ふんふんと話を聞きながら、
「あなたのいっている夢のようなことを実現して、本当に良かったと
思っている人たちが隣町にいますよ。見学に行ったらいいですよ。」
と教えてくれたのです。

かおり庵から車で30分、国道から住宅街を抜けた所に建つ
そこは普通の小さな二階家でした。

大きな施設がつぶれてしまった時、無給でその施設の後始末と、
お年寄り達の受け入れ先を必死で探し周ったとあのお客様から
聞いていた仲間達がこの人たちなのだと気が付きました。

広くは無い二間続きの部屋で、お年寄り達はそれぞれが楽しそうに
自由に好きな事をしていました。

もちろん、職員の人数も利用者さんとほぼ同じくらいの人数なので
お部屋は20人近い人たちで活気にあふれていました。

もっていったアロマオイルで手のひらをマッサージさせていただくと、
「おお~~、すべすべになった!」と90才近い皆さんがニコニコと
手をすり合わせてくださいました。

その後、この事業所の立ち上げはこの人のおかげで成功したんです。
と経営者の方がおっしゃるケアマネージャーさんも、貴重な時間を
取ってくださいました。

「介護業界はどこも人手不足でね、一緒に立ち上げたスタッフ達だって
就職先は引く手あまただったの。それでも給料をすぐには出せるか
わからないこの小さな事業所で、みんなが働くんだといってくれたの。

このケアマネさんもこの世界では引く手あまた、
高給で来て欲しいというところも何件もあったのよ。
それでも、彼はうちの事業所で働くことを選んでくれたの

それはね、彼はこの町にお返しがしたかったから。
自分の働いていた老人施設がつぶれてしまった時、
お年寄りを引き受けてくれた様々な施設に、尽力してくれた
町の人たちにお返しがしたくて、この町に残ってくれたのよ

そしてね、私は頼んだの、私達は何もわからないから、
どうぞ私達を助けてくださいと。ただただ自分達で小さな
デイホームをやりたいと言う夢ばかりで、あとの事は何もわからない
私達を助けて欲しいと...」

そんな、経営者の話を聞きながらそのケアマネさんは
ただ、ニコニコ笑っていました。

そして、ケアマネさんと経営者さんと二人で熱く熱く語ってくれたのです。

この仕事の裏も表も、小さな事も。

なぜ、忙しいこの二人が見ず知らずの私達にこんなに時間を割いて、
正直に教えようとしてくれるのか、その事が申し訳ないと
私は伝えまました。

彼女は、こう答えました。

「いいの、私達だって沢山の人たちに同じように教えてもらい、
助けてもらってきたの、だからいいの、私達だってもらってきたのだから」


なんて、なんて、熱いんだろう。


「私は父が認知症になり、デイホームにお世話になりました。
そして、父は見る見る間に良くなっていったのです。

ああ、人をこれほどまでに幸せにする仕事があるんだ!
だったら、私もそれをやってみたい。私は、そう思ったのです」


自分がもしかしたなら忘れていたかもしれない事を
私は無意識にこの人たちの前で言葉にしていました。


そうだった、私は人を幸せにしたかったんだ。
人を幸せにすることの出来る、この仕事をやりたかったんだ!


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/625-77387b2e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。