スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育ては、何処に直結?ベビーマッサージ塾28期始まりました! 

春のうららの 墨田川
のぼりくだりの 船人が
櫂のしづくも 花と散る
ながめを何に たとふべき

2010-3-9.jpg

今日は、ママとベビーの心塾28期生の二回目開催日でした。

今回のベビー心塾は、アロマ姉さんとムーミンママ、大福の三人での進行です。

朝、今日の塾の準備のために、三つの春の唄をコピーしました。

「今日は春の唄を三つ、みんなで唄うから、大きな声でよろしく!」

と、ムーミンママと大福に言うと「え~!」とブーイング

「唄うなら一曲でいいじゃないですか、一曲で...」と、二人のクチゴタエ。

「ふ~ん、なんでママたちと一緒に唄を唄おうというのか、どんな狙いがあるのかわからないんだ?」

こうアロマ姉さんが問いかけると「え~、意味と目的があるんですぅかぁ???」と、二人

2010-3-9-1.jpg

菜の花畠に 入り日薄れ
見渡す山の端 霞ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて におい淡し

2010-3-9-2.jpg

予想どうり、ママたちは赤ちゃんを腕に抱きながら
大きな声で合唱してくれました。

「どうだった?」とママたちを見送った後に問いかけるまでもなく

ワケアッテ、わが子と離れて暮らしているムーミンママがこう言いました。
「もう、涙をこらえるのに必死でしたよ、ちょっとここで泣かせてもらってもいいですか?」
と、事務所の奥で涙をぬぐっています。

今年は母になりたいと願っている28才の大福はこう言いました。
「私、わが子が生まれても、何を唄ってあげたらいいのか、わからない自分に気づいたんです。
私って、赤ちゃん生まれたら、何の唄を唄うんだろう?」

2010-3-9-3.jpg

そうか、もしかしたなら生まれてきたわが子に
まだ、言葉を持たないわが子に「語りかける」と言うことを
教えてあげなければ出来ないママたちがいるのかもしれない

わが子との日々の暮らしの中で、親が唄を口ずさむ事の意味を
口ずさみ方を、教えてあげなければ出来ないママ達がいるのかもしれない

自分が幼かった頃、母や父にそうしてもらった事を
思い出すことの出来ない人たちが

2010-3-9-5.jpg

今回のベビー心塾では、ろくじろうでのデイサービスの様子を話す場面があります。

それは、今の子育てが、ママやわが子の人生の最後に直結しているのだと言う事を
伝えたいから。

今を十分に生きたのなら、心から抱きしめてあげることが出来たなら、
きっとあったかい人生の最後が待っているよ

そんな事を、そっと伝えておきたくて


2010-3-9-4.jpg

どこかで春が 生まれてる
どこかで水が 流れ出す
どこかでひばりが 鳴いている
どこかで芽の出る 音がする

.........................................

参加者ママの感想

ベビマの日をすごく楽しみにしている自分がいました。
他の赤ちゃん達の成長を見るのも楽しみ。
唄は一人でも良く唄っているけど、みんなで唄うとたのしい。

自分自身がとても癒されました。
この場に来ることで、上の子も違いに気づけて良かったです。

マッサージだけでなく、色々な考えを知ることができて視野が広がる気がします
今日も楽しく過ごせました。

わが子は、マッサージが終わるとすっかり眠り込んでしまって、
よかったなぁ~って思います。
.........................................



ママとベビーの心塾
生後二ヶ月~ハイハイ前に始める事オススメです!
参加費5回分で\10,000
お問い合わせ0470-23-1551(かおり庵


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/691-804f4121

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。