スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タコとソラマメと入れ歯 

2010-4-23-4.jpg

中学一年生になったマー君が、学校行事でひじき刈に行ってきた。
その海で、マー君の大収穫は「タコ」

先輩が捕まえてくれたというおっきなタコを、
ろくじろうのみんなに見せたくて、彼はやってきた。

そして、ろくじろうのじーちゃん、ばーちゃんにタコのゆで方を教わった。

「塩でよ~く揉んで先ずはぬめりを取るんだよ」
83才のトミさんをセンセイに、流しでの講義と実演が始まった。

流しの色に合わせて、タコの色が変わることに彼はビックリ!

ゆでたタコの頭の中に、小さな脳みそが二つに分かれて入っていた事にも仰天!

タコゆでに奮闘し、その後、彼はたこ焼きを焼いてくれた。

2010-4-23-3.jpg

なぜか、赤組の鉢巻で。

2010-4-23.jpg

だって、じーちゃんばーちゃんたちは、赤白帽だからね。

2010-4-23-2.jpg

87才のヤスコさんが今年の初もぎだと言って、ソラマメを持ってきてくれた

「初物を食べると七十五日長生きをするんだよ
そんな話をしながら、みんなでソラマメのサヤを剥いた。

2010-4-23-5.jpg

館山の佐々木歯科さんが、じーちゃんとばーちゃんの入れ歯を治しに来てくれた。
「この年になって、入れ歯を入れることができるなんてまるで夢のようだ!」
と、何度も喜ぶばーちゃん。

そうか、もう今更いればなんて作らなくても....って思っていた自分の思いは
そうか、そんなモノじゃなかったんだなぁ

今週は100才に近い利用さんが初出勤!

今までの、90才に近い利用者さんとは、
まるでベツモノでした。

何がって、なんか後光が違うのです。

なんか、無性に懐かしく感じたのは...そうか、98才で逝ったわがやの”としょ”と
同じ光を放っていたのです。

一緒に暮らしていた頃は、気づく事さえ出来なかったこの輝き。

「90才を過ぎるとね、すべての事がわかってくるよ」

その方は、そう聞かせてくれた。

本当は、自分のうちのとしょから、沢山聞かせてもらいたかった言葉が、
その方からあふれ出てきた。

また、来週が楽しみだなぁ

カッコイイなぁ、百歳


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/697-7e36a606

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。