スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のために生まれてきたのか? 

「何をするために自分は生まれてきたのか、その意味を知りたい」

先日、まだ若い一人の利用者みず色さんが、彼女とスタッフとの間で交わされる日記に
そんなことを書いた。

足の手術をし、今は一時的に言葉が出ない日が続いている。

その文字を聞いてスタッフは、みず色さんの目の前に座っていた
80代半ばのにゃにゃさんに、こう問いかけてみた。

「みず色さんは、何のために自分が生まれてきたのか知りたいんだって...」

認知症という病名のついたにゃにゃさんは、テーブル越しにこうつぶやいた。

「そうさなぁ、それは難しい事だぁなぁ...」

ろくじろうでは、いつも自然体で人生が語られる。

みんな、みんな、何の為に生まれ、何のために生かされているのかを
自分自身に問いかけながら今日を生きている

2010-6-5-2.jpg
(↑海女に行く時の、手ぬぐいのかぶり方はこうよ~♪)


”障害”という名前の下に家族から庇護され、家の中だけで過ごしてきたみず色さんが、

”自宅で困難な入浴介護を受ける”という名目の元にろくじろうの利用を始めて
半年が過ぎた。

言葉が出ない日があっても、ニコニコとお年寄り達の日常の暮らしぶりを眺め、
仲間になろうとするその姿を、皆が見つめ続けた。

突然、帰りたい帰りたいとソワソワしだす仲間の姿と、スタッフとのやり取りに
皆が一喜一憂していた。

そんな毎日を繰り返すうちに、いつの間にかスタッフと利用者さんたちと、
人生を語り合う時間がデイサービスの一こまになった。


自分一人の力で生きる事の出来ない自分は、いったい何のために生まれてきたのか?

働いて、働いて、苦労のし通しの人生の終わりに、
なぜ自分は認知症という病を引き寄せなければならなかったのか?


なんで、自分は年をとって、大好きな畑や海へも行くことができなくなってしまったのか?


2010-6-5.jpg
(↑この人のおかげで、毎日仕事がはかどりますm(__)m)




昨日行ったかおり庵で、アロマスタッフに聞いてみた。

「あなたは、何のために生まれてきたの?」

しばらく考えて、一人のスタッフはこう答えた。


「幸せになるためです...」



もう一人のスタッフは、なかなか答えが見つからない様子。

何のために生まれてきたのか、生きることが苦しかった少女の頃に
そんな事を考えていた自分がいたことさえ、忘れてしまったの?

そう問うと、

「そうでした、確かそんな事を考えていた頃があったことを思い出しました。


でも改めて今、何のために生まれてきたのかと問われると、
答えが見つからない自分がいます。


人を幸せにすることが出来たなら、人を幸せにする事の端っこにでも係れたとしたなら、
100倍も、自分が幸せになれるよ...

その言葉を今聞いて、なんだか得した気分になりました」


”幸せになりたい...”そんな彼女達の言葉を聞いて、

みんなみんな、さびしんぼう星からやってきたんだと改めて思いました。


なんの為に生まれてきたのか

自分の好きな事だけをやる勇気を持ったとき、

いつのまにかその答えに気づいている自分と出会えます。


帰りの唄の時間、まだ声の出ないみず色さんに唄のリクエストをもらいました。
彼女が筆談でノートに書いてくれたリクエストは”柔”


人は人なり のぞみもあるが

捨てて立つ瀬を 越えもする

せめて今宵は 人間らしく

恋の涙を 恋の涙を かみ締める





先日、ろくじろうでは大宴会が開かれました。

くだらない、その様子はこちらでご覧いただけます

<募集中>

・三時間デイの生活相談員
アロマを取り入れた介護予防デイを館山で開設予定です。
あなたの資格で、お年寄りを幸せにしてみませんか?

・ボランティアさん募集
お年寄りと一緒に楽しい時間を過ごしてくださる方
たとえば、楽器を演奏しながら、唄ったり踊ったり、
絵手紙、お習字、手芸、何でもOK!

0470-23-1551(かおり庵まで気軽にお問合せ下さい)



お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です
canvas.gif

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/701-bd0980c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。