スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばぁ、おっかぁ、ねぇさん 

2010-7-19.jpg

白浜は、毎日暑い日が続きます。

先日の海女祭り、まだテキヤさんが準備をしている最中に、
ろくじろうの皆で踊ってきました。

2010-7-18.jpg

フラダンスでもしたくなる猛暑の日々、
スタッフの大福は、本当にフラダンスを南房パラダイスで、してましたが

じーちゃん、ばーちゃんはそういう訳にもいかず

2010-7-18-2.jpg

昼寝、

2010-7-18-3.jpg

ひるね

2010-7-20.gif

花札

2010-7-21.jpg

勝手に脱いで、肌着...

なんぞで過ごしております。


ある朝、


「おらぁ、今日、財布を忘れちまったなぁ...」
そう言って、にゃにゃさんが自分のカバンを覗き込みます。

「にゃにゃさん、財布は使わないから、なくしちゃうと困るから、
お嫁さんに預けておいたよ」と伝えると、

「おお、そうか」と答えます。
そして、誰に預けたのかと、ちょっと混乱が起こります。

ばぁ(おばあさん・大年寄り)に預けたのか、おっかぁ(長兄の嫁さん)に預けたのかと...



「ねぇ、にゃにゃさん、ばぁとおっかぁとは、どうちがうの?」
と、聞いてみました。

「ばぁっていうのは、ばぁさんの事、その家で一番年をとっている人の事。
ばぁは、もう、財布は握っていない。

それでも、”ばぁ、○○の用事があるから、お金がもらえねぇかなぁ”というと、
”そうか、自分はもっていねぇから、おっかぁにもらえよ”って、ばぁが言うんだ。

その話を聞いていたおっかぁが、どれどれと言って、財布からお金を出してくれる。

そうすると、財布の紐を握っていねぇ ばぁにも、お金の使い道がわかる
それが大事なんだ。


こんな用事でお金を使うよ、こんな風にお金をもらったよという
家の中の家計が、ばぁにわかる。


そこが大事なんだ


そのために、持っていないことを承知してても、
まず、ばぁに、お金くれというんだよ...」


こんな事を、にゃにゃさんが聞かせてくれた。

その話を聞きながら、昭和初期の見たことも無い情景が浮かんだ。


すごいなぁ、にゃにゃさん。
今じゃ、そんな事、教えてくれる人は誰もいないよ。

そっか、そのうちのばぁ(長老)に、そのうちの事が、み~んな判るように
若い者達が、配慮をするんだネェ

すごい話だネェ


こんなにゃにゃさんも、自分のうちに帰ると
「それじゃぁ、お世話さま。もう家に帰るから」と言って、

家を出てゆこうとすることもしばしば。

混乱して、家の人と言い争いになる日々がもう何年も続いている。


なぜだろう、なぜ、ホッとできるはずの我が家に帰ると、
余計に混乱してしまうんだろうか?

なんとか、家でもゆったりと過ごせる日が来ない物だろうか?


そんな中、認知症や神経内科、老人内科を専門とするドクターとろくじろうとの
出会いがありました。

(続きます...


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です








コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/707-e5bdc136

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。