スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護には、笑いが無ければ、おいねぇ 

今日は、ネットセールの郵送にあたふたしているかおり庵と

2009-7-31.jpg
(↑香り庵に咲いたひまわり)

バカンスを楽しむお客さまでいっぱいのホテル・オーパヴィラージュに行ってきました。

2009-7-31-2.jpg
もちろん、お仕事で。



先日、Nばぁちゃんの担当者会議が行われました。

Nばぁちゃんは、混乱がひどくて、怒りも、徘徊もかなりで

困った長男夫婦は、余分な事は話しかけない。
Nばぁちゃんの前では口をきかないという方法を実践しているそうです。

ひょうきん者で、人気者だった夫を亡くしてから認知がひどくなったNばぁちゃん。

笑いの無い、会話の無い我が家に着くと、いつも「では、お世話になりました」と言って、
徘徊に出発するそうです。

先日の担当者会議の席、いつも気難しい顔をしている長男さんが
こういいました。

「最近は、炎天下の中、出てゆくんですよ。
もう、いいから好きにさせろって、嫁に言うんです。
しばらく畑の草とりや徘徊をすると、戻ってきて、半日以上もぐったり
テレビの前でしてるんです。そっと、観察してると視点もおかしくって....

いいぞ!って思うんです。もう、炎天下にどんどん外に出せって、言うんですよ」


その話聞きながら、笑ってしまいました。

大好きで大好きでたまらない母さんが、呆けてしまったときの長男の苛立ち、怒り、心配、戸惑い...

家族で苦しんで、苦しんで、今、やっとこんな笑いを取れるところまで来たんです。


それはきっとNばあちゃんの望んでいる事、笑いのある我が家。


デイサービスでも、利用者さんと職員で笑いっぱなしの毎日。

みんなの呆けも、老化も、笑の種にして爆裂しています。


わからない事は、思い出せないことは、この人たちに聞けば大丈夫なんだ。


そんな信頼関係が、こんな笑いあふれる日々の中から生まれてきます。


笑おうよ、皆でいっぱいいいっぱい笑い飛ばそう。

忘れてしまった事も、大切な人が逝ってしまった事も、
病気も、老いも、呆けも、沢山話して、笑い合おうね。

だって、明日があるとは約束できないからさ。

2009-7-31-3.jpg
(↑輪投げゲーム・ピンクチーム♪)


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/709-a80e0292

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。