スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢を叶える、知恵と勇気を... 

やりたいこと、思うように進めないから歯がゆい。

だから、やりたい事なんかまるで無いかのように
考えないように今日を過ごす。

この繰り返しが、だめなんだなぁ、きっと。

2010-11-12.jpg



どんどん腐ってゆく自分の心

どんどん、老いてゆく心



生きるごとに成熟して、輝いてゆく心

どうせなら、そっちに舵を切り直したいと思うとき、

やっぱり、輝いている人のそばに寄りたいと思う。


そんなものを、いつでも探している自分に気が付くんだ


最近、私の口癖は「友達なんかいない」

私には、友達なんか一人もいないよ....

そう言うと、かおり庵の仲間たちは、不思議そうな顔をする。


「友達なんか一人もいないよ」

その言葉の裏返しは、「本当の、友達がほしい...」


つるんで、傷つけないように、傷つかないように
当たり障りのない話をするグループを友達とは呼ばない。

そんな仲間に入りたいと思えない。
そんなことに、大切な自分の時間を奪われたくないんだ

自己中心的な考えだけれど、正直な気持ち


ガンバっている人に、一生懸命苦しんでいる人に
一人あがいている人の中に、光が見える。

そんな人のそばに寄りたいと、そんな人と出会いたいと
いつもいつも願っている自分がいる。


そんな人たちを通して、自分を見たいと願っている


ただ、驚くことに、デイサービスに通う年寄りたちは、

私が出会いたいと願っていたそんな人たちばかりだったんだ。



やってみなければ、わからない。

やってみて、初めて気づける事がある。


ほんとうだねぇ。



デイサービスをやってみたくって、

開く資金がなくって、

それでもやりたくて、

自宅を使って無理やり開業して一年。



今だに家賃さえ捻出することもできず、
家の中のすべてをさらけだして、

利用者さんに申し訳なくて、
働いてくれている人たちに申し訳なくて、


それでも、やってみたことで見えたものがあった。

「私はずっと自分の家の中にいたいんだ...」と
デイサービスに来る事を拒み、迎えに行った職員の前で涙を流した認知症のおばあさんが

数度目の利用時にこういったそうな


「いつも、一人ぼっちでさみしかった、きょうはこのままろくじろうに泊ってゆきたい...」


うれしかったなぁ、本当にうれしかった。

やっぱり、やろうとしている事は間違ってはいないんだと
九十年以上も生き続けてきた人たちが教えてくれる。


いつも、こう願う。

夢を叶える知恵と勇気を、与えて下さいと...


by・アロマ姉さん


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です





コメント

いつもいつもさみしくなると香り庵に行きたくなる。
話したいことはいっぱいあるようで、ないときも行きたくなる。友人でも彼氏でもなくなんで香り庵なのだろう。

こんなにまわりに人がいるようで、繋がってる人なんかいないって気持になる。多分、私には感謝が足りないのかもしれない。

ねえ、って語りかけたい。
語りかける勇気と言葉がほしい。
私がいるってこと気がついて欲しい。



ねぇって、語りかけて欲しい。

飽きずに、懲りずに、何度でも呼んで欲しい。

「ねぇ...」て。

かおり庵が、そんな場であるとしたなら、

やっぱり、間違っていなかったんだ。

ありがとう、ありがとう。


そう、みんな みんな淋しいんだ。

そして、それが生きてるって事なんだ。

アロマ姉さん、なんだか優しくなりました。
いえ、まえからずっと優しいんですが、、私、喝を入れられるかと思ってました。
いつまでもめそめそしないっ!って。(笑


みんなさみしいんですね。

さみしい時、さみしいって言わないで少し和らげる方法を見つけました。

目の前にいる人に優しくすると、心が落ち着きます。
「これ食べて、一緒に食べよ」って持っていくとそれだけで落ち着きます。
そういうのがなんだか嬉しい。

繋がりって、小さな気持の積み重ねが、すごく大事ってこと、ようやくわかりました。


それは今まで私がみんなにしてもらってたこと。
香り庵のみんなに教えてもらったことです。


いつもいつもありがとうございます。
いつまでも私の姉さん達でいてください。


優しくなった?
私が?

よく、言われますi-278

お年寄りと過ごすようになって、自分のアロマが
変わったことに気づきました。

思いもよらない収穫?でした。

生きてみなければわからないこと、
やってみなければわからないことばかりですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/726-b80f7171

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。