スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじいさんが煙草を吸う理由 

gyouza.jpg
(↑みんなで、餃子作成中♪)

暮から正月にかけて、胃がしくしくすると食事が食べられず
体重が3kg減ってしまった福さん。

そうでなくとも、細くなった自分の足を見つめては「情けないなぁ」と
つぶやいていた福さんだったのに...

ろくじろうの休みあけ「行かれるかなぁ」という本人の心配をよそに
「おいでよ!家で寝ていてもしかたないでしょう?」とデイに引っ張り出されて来た。

一日目は、ろくじろうのベッドで横になって本を読んで過ごした。

二日目の今日、胃が痛くなる休み前のように、喫煙を再開していた。

「ご飯も食べられないのに、胃薬飲みながらタバコ吸っていいんでしょうかねぇ?」

るみねぇが、昼食の支度をする私の横でささやいた。

「煙草って、なんのために吸うのかなぁ?どんな時に吸いたくなるのかなぁ?
福さんに聞いてみたら?」そう答えると、るみねぇは黙って消えた。


夕方の介護記録にんな事が書かれていた。


”福さんは、今日も元気がない様子。胃がしくしくするという。
お昼は小さいおにぎりを一口、汁物を半分、餃子一口。
お昼後、すぐに外に出て煙草を吸おうとしているので、
「胃が痛いのに煙草はやめたほうがいいよ。ご飯が食べられるようになるまで我慢したら?」というと、
「わかっちゃいるけど、やめられないんだ」と吸い始める。

「吸うと落ち着くの?」の問いに「そうだね、落ち着く」

「何か心配な事があるの?」「心配は山ほどある、自分の体が一番心配だよ」

「体調がよくないのは不安なんだよね?」
「うん、それとアパートの外の鉢が持って行かれちゃったんだよ。たぶん、近所の人だと思う。みんな信じられない」

「人が信じられないのは切ないね」
「この土地はそういう人ばかりなんだよ、仕方がないと思うようにした」

「でも、ろくじろうに来れば違うでしょう?」
「ここに来ればいい人ばかりで、みんな良くしてくれて、余計にありがたい。ああいう場所は仕方がないんだよ...」


生まれ育った土地で、人との付き合いを大事にして暮らしてきた福さん。

その土地を離れて暮らさなければならない今、アパートにはよそ者同士が集まっている気がしているのだと思う。

そんな中で、いい人もいるけれど、すべてを信じて付き合うことができないさみしさとか、
やりきれなさを感じました。


せつないなぁ...


スターオブベツレヘム(ショックの後遺症)
ラーチ(自分に自信が持てない)
ハニーサックル(過去は良かったなぁと、過去の思い出に浸る)
ウオルナット(変化を受け入れる事ができるようになる)

をエンシュア(経腸栄養剤)に入れて飲んで頂きました。

エンシュア・トータル250ml 体重41.5kg"





お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です






コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/732-141d77e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。