スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生き始めた人たち 

こんばんは、アロマ姉さんです。
寒い週末いですね。

2011-2-1.jpg


今日の南房総はみぞれ交じりです。

「雪が降ってきたよ!」と話すと、
にゃにゃさんは、部屋の中を行ったり来たりし始めました。

はよぅ、けえらねぇばおいねぇ
(早く家にかえらなくちゃならない)

ちゃっこが、けぇってくるから
(小さな子供たちが我が家へ帰ってくるから)

と、ソワソワ、ソワソワ、もう、頭のスイッチが入ってしまいました

そんなにゃにゃさんを横目に、ほかの利用者さんのために
”ゆ~やけこやけで日が暮れてぇ...♪”
と、大正琴をひき始めます。

にゃにゃさんをなだめる人、

大正琴を引いて、帰る順番の方の気持ちをまるくする人。

おやつの後かたずけをする人...

みんな自然に役割を分担します。


それは、不思議な共同体家族のようです。


ろくじろうの得意な事の一つに、「さそいだし」があります。

だし汁の事ではありません。


たとえば、年をとって、体や心や脳みそが弱っていったとき、

人は、外へ出る事が億劫になります。

そして、次には怖くなります。


家では入ることが難しくなったから、お風呂に入ってこれるといいなぁ、
人と触れ合った方がいいなぁ、
めっきり落ちた食に対する興味を、回復した方がいいなぁ...


さまざまな期待で、ケアマネージャーさんやご家族がデイサービスに通ってほしいと願っても

当のご本人は、たいていの方が拒否します。

そんな見ず知らずのところへ、いまさら出て行って、気~使うのなんぞ

まっぴら嫌だ!と...


これは、当然の心理ですよね。


でもね、結構私たちって、得意なんだということに気が付いたんです。

そんな、人間不信に陥っている方たちと、友達になって、
出てきてもらう事。


そして、少し利用を重ねるうちに

あれほど来ることを嫌がっていた人たちが

「帰りたくない、ここへ泊っていくんだ!」と言いだすのです。


あれ?


私たちが、びっくり!


「まだ、帰りたくない」とか

「家に帰ってもさみしいから、ここにいたい」とか、


「もっと、もっと、ここへ来るにはどうしたらいいのか」とか...


嬉しい言葉が、想像するよりずっと早く耳にできるんです。


お風呂に入る事、食べる事、布団から出る事を拒み続ける方を訪ねる事があります。


そんなとき、感じます。

ああ、この方は、もう生きる事を拒否しているのだと。


食べる事を拒んでいた方が、

バクバク食べ始めるにも、そんれほど時間はかかりません。

あれ?って驚くほど、目の前のお皿が空になるスピードが速くなったとき、

皆で心から喜びあいます


ああ、この方はもう一度生きてゆくことを選び始めたのだと。


ろくじろうには、もう一度生きてみようと思い始めたお年寄りたちが
沢山います。


生きる事をあきらめてしまっている人がいたら、

私たちにおまかせ下さい。


「こんなに幸せになったのだから、今はまだ、もったいなくて死ねない」

きっと、そんな言葉を聞かせてくれますよ

思っているよりも、ずっと早くに。


お役に立ちましたら
ワンクリックお願いいたします。
↓ランキングがあがるとみんな大喜びの香り庵です






コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaorian.blog40.fc2.com/tb.php/737-d91c12a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。